Top
中村十兵衛さんが逝ってしまった。
 中村十兵衛さんが逝ってしまった。今年は久しぶりにジョイントライブをしようねと言っていたのに。
 
 今日(日付けは変わったので正確には昨日9月3日だけど)髪を切りに、長いつき合いの美容師さんのところに行ってきた。オレと同い年の彼女と知り合ったのは高円寺のライブハウス「稲生座」。なんというかすごく人間ができた人で、話していて面白く、2、3ヶ月ごとに髪を切ってもらいながら色々話すのだけれど、今回も話していて「もう、自分達の誰がいつ逝ってしまってもおかしくないんだよね」という話をしていたところだった。
 日付けが変わる少し前に訃報が届いた。
 
 やはりその現実に出くわすときつい。悲しい。
 十兵衛さんと出会って10年ほどになるかな?出会って、お互いの音楽の、歌のファンになった。
 十兵衛さんの書く歌(歌詞もメロディーも)もギターのスタイルも声もとても独特で、オレはとても好きだった。歌ってみたいなあと思う歌が何曲かある。
 オレより年上なんだけれどオレのことをとても評価してくれていた。そしていちばん最近オレのライブに来てくれた後、「こんなにもすごい寺田町の世界があるのだから、そろそろストーリーのある寺田町の歌を聞きたいな。寺田町だったら絶対いいのが書けるんだから。」と言ってくれたとき、オレはちょうど今回のニューアルバムに入れた「その雨が降るまでは」の原形を書いたところだったので、すごいタイミングだなと思った。・・・だからニューアルバムを聴いてもらうのが楽しみだったのに。
 十兵衛さんがお酒を飲まない人であったせいか、オレと十兵衛さんは私生活でのつきあいはまったくなかった。それは別にかまわないのだけれど、オレはもっともっと長くおつき合いして、いっしょのステージに立つつもりでいたのに。
 ふだんでもライブでも(ギターは複雑なビートを刻んでいたが)とてもおだやかな感じの十兵衛さんだったけど、オレのバンドのときのライブ中、真ん前で激しく踊ってくれていたのがとても印象に残っている。
 オレと同様、多作な人で、いっぱい歌を書いていた。声は(偶然なんだけれど)若い頃の高田渡さんの声に似ていて、それもオレにはなにか微妙に響くものがあった。しょっちゅう東南アジアとか旅をしていて、本人の書くメロディーも日本人離れした不思議なものがあったり。でもとても日本語を大切にしていたと思う。

 ここ数年はあまり会う機会がなくて、今年は、と思った矢先のことなので、自分を含めて「人間の死」という避けられないことに日々覚悟をしていようと思いつつもこんなだらしないざまです。これでは十兵衛さんに失礼だな。
 本日、十兵衛さんにお別れを言いにいってきます。

 長きにわたっての十兵衛さんの「トイメンシャオ」での強力な共演者、スーパーバンジョープレイヤー、原さとしさんからの回メールを最後に転載させていただきます。

/////////////
皆様に悲しいお知らせです。
 トイメンシャオの中村十兵衛が本日、早朝に容態が急変し、永眠されました。
葬儀はご家族のご意向により密葬にて故人をお送りするとの事で、ご遺体は本日江古田
斎場に安置されました。
お通夜も一般のお葬式も行いませんが、故人にご面会される方は明日9月4日に江古田
斎場にてご面会出来るとの事です。
皆様に謹んでご報告致します。

  斎場:江古田斎場  〒176-0004 東京都練馬区小竹町1−61−1
            電話03−3958−1192(代) FAX03−3958
−4468
  斎場のお問い合わせ: 0120-62-1192
  *面会可能時間は9:00〜17:00迄との事ですが、宿直がいる場合は時間外も面会
出来るそうです。
   時間外に面会される方はお手数ですが斎場にお問い合わせ下さい。      
[PR]
by teradamachi | 2007-09-04 05:16 | Comments(4)
Commented by 松下 温 at 2009-04-08 23:10 x
中村十兵衛と 日大三島軽音楽部の同級生です
You tube DOGATSUSHI を御覧ください
1995年の中村のライブ動画(本名中村順一)
青木タカオ君のライブ動画などを アップしています
日大三島軽音楽部に関連するものだけの サイトです
Commented by 寺田町 at 2009-04-09 14:04 x
松下 温様。
初めましてお知らせありがとうございます。
今日からの短いツアーが終わったら拝見させていただきます。
僕は十兵衛さんが日大を出ていたことも知りませんでした。
Commented by 松下 温 at 2009-04-13 23:19 x
渋谷アピアが 4月を最後に学芸大学に移転するということで
4月18日の青木タカオ君のライブに 行く予定です
マスターに頼まれて 中村がカウンター 楽屋などを作ったそうですね
その中の 1本の柱に 対面笑と中村がサインした物が 残っていて
移転しても その柱は持って行くそうです
79年に日大を卒業して以来 中村には一度も会っていません
30数年ぶりの同窓会の連絡が来た時に 中村の死を知りました
中村は高槻市の高校を卒業後 国鉄に数年勤務した後 日大に入学しました
中村は独特の哲学と自分の世界を持っていて私は中村の大ファンでした
国鉄の 紺色のナッパ服に ボロボロのジーンズがトレードマークでした
青木タカオ君から お洒落に気を使っていたと聞いて びっくりしました
77年ごろ 私が撮影したモノクロの写真が残っています
井の頭公園の野外ステージでのライブの時の写真です
吉祥寺駅の構内で ストリートシンガーをした時も 聴きに行きました
とても懐かしく 私の中では その時の中村の歌声が響いています
寺田町さんの アドレスを教えていただければ 写真をメールで送ります


 
Commented by 寺田町 at 2009-04-14 02:02 x
松下 温さま。
重ねて十兵衛さんのことお話いただきありがとうございます。
十兵衛さんは確かに自分の哲学とスタイルを持った方でした。国鉄のナッパ服も彼独特のおしゃれだったのではないでしょうか。
僕へのメールはこのサイトへ送っていただければ届きますので、よろしくお願いします!
<< 十兵衛さんにお別れを告げに行っ... ハッピーバース >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...