Top
伊豆大島はにこにことオレを迎えてくれた
 一昨日の朝、ジーズキャフェファミリーとともに熱海港から伊豆大島へ。
 熱海港でジェット汽船を待つ間、のんびりと海を目の前にして気持ちのよい海風に吹かれながら初の大島行きへの夢はふくらむ。オレもライブ晴れ男だがジョージさんも晴れ男なのだ。週間天気予報は見事にはずれてよい天気。
 それにしてもジェット汽船は早過ぎ。たったの45分とは便利ではあるが、せっかくの海の旅を楽しむ間もない、とは旅人の勝手なわがままではあるが。
 大島元町港。ライブをやらせていただくオアシスのママさんの笑顔に迎えられオアシスへ。ご主人もやさしい笑顔。
 ここはペンションでもあるので宿イコール会場というわけでいろいろと便利なのだ。
 島の風はとても心地よく、空気がまるで違うのがよくわかる。
 新緑の山のあちこちからウグイスの声が響く。海を目の前にした露天風呂温泉への道すがら道ばたのタンポポがにこにこと。つくしなんて見るのは何年ぶりだろう。
 温泉はちょうどオレ一人の貸し切り状態。大島の海を目の前に、なんてぜいたくな。やさしい陽射しを全身に受けてしばし無思考に身をゆだねる。
 さてライブ。ちょうどいい感じにお客さんも集まっていただき、久しぶりの「少年」からスタート。拍手のあたたかいのがよくわかる。音楽の女神さまに導かれ、何も迷うことはない。
 アンコールの拍手のボリュームがすごくて感激。なんていいお客さんなんだ。オレはつくづくしあわせものだ。
 明けて昨日の朝はウグイスの声に混じって東京都知事選挙の投票をうながす島内放送。そう、ここは東京都なのだよね。(ちなみにオレは数日前、期日前投票に行ってきた。)
 オアシスの青山ご夫妻から「ゆうべは本当に楽しかったです。」とのうれしいお言葉をいただき、昨日とは別の温泉へその後ジーズチームの専属運転手(笑)トナカイ小島くんの案内で島をドライブ。すごいいい天気に海はきらきら。そして山の新緑はみずみずしく。
 次回の大島ライブをお願いする「ごろう」さんにご挨拶してから三原山方面へ。もやや霧もかからずこんなに景色がしっかり見えるのは珍しいとのこと。歓迎されてるなあ。
 もっともっとゆっくりしたかったけれど、帰りの汽船の時刻が早いので、名残惜しいけれどオアシスのおいしいカレーをいただいてから港へ歩いて行くと港の手前の半路面店(?)「マーボー」でジョージさんがビールを飲んでる。「まだ早いから飲んで行きなさいよ」あと20分で出航なんですけど(笑)。でももちろん飲みますとも。
 そういえば昨日もここで食べた島名物「べっこう寿司」(寿司ネタを青唐辛子でつけてある)というのが無茶苦茶辛いけど無茶苦茶うまいのだ。
 ともあれ大島へ別れを告げ(またすぐ来ます)あっと言う間に船は熱海へ。しばし熱海の街を歩く。おもしろそうな街だ。
 夜は鴨宮のジーズキャフェへ戻り、ふたたびみんなで飲んだくれる(笑)。まったくオレ達ときたら。
 さて今夜は「小田原おでん本店」でライブ。ただ今ジーズキャフェのロフトにてこれを書いてます。今夜も楽しみだなあ。
[PR]
by teradamachi | 2007-04-09 15:13 | Comments(0)
<< 祭りのあとの・・・ 花曇りの東京から鴨宮へ >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...