Top
岡山県津山『地味庵』
f0075588_1420390.jpg

f0075588_1420312.jpg

f0075588_142031.jpg


 昨日は鳥取県、南部町の月光ワタルの家で目覚めると雨。
 奥さん富有子ちゃんの手料理をしっかりいただき、ワタルの運転で岡山県津山へ。
 米子あたりからだと鳥取県の鳥取市へ行くより岡山県の津山の方が全然近いのです。
 そう、6日間の山陰ツアーから山陽地方の岡山県津山経由でツアーは近畿地方へと繋がってゆくのです。
 山陰での6日間、ずっとワタルと一緒だったわけですが、津山へも同行してくれることになりました。丸1週間一緒というわけです。これはメンバー以外では初めてのことです。36歳ワタルは今、ミュージシャンとして、新たな道へと踏み出そうとしているのです。

 津山『地味庵』。丸2年ぶり。2度目。 
 マスターのタモジイこと森田さん、むちゃくちゃいい人です。
 雨になってしまいましたが、足を運んでいただけたお客さんには大感謝です。2年前にもお越し下さったリッチーさんとの再会、うれしかったなあ。
 ギタリストでもある森田さんの音響セッティングで気持ちよく演奏させていただきました。
 2ステージの間にゲストでワタルに演奏してもらいました。ワタルのガットギターの足りない響きを見事にフォローした森田さんの音響センスはさすがギタリスト。きもちのよい響きでした。
 オレのアンコールはタモジイに捧ぐ「チンピラ」。後でタモジイから「チンピラ」っていうチクワがあって、それがお好きと聞きいてびっくり(笑)。
『地味庵』はライブは2階のホールで。打ち上げは1階で。 
 「にべ」って魚のマリネ、とても美味しかったなあ。
 最後はタモジイとワタルと3人でものすごく盛り上がってしまいました。タモジイさん、また来年、よろしくお願いします!

 写真1は一晩明けて雨の上がった津山。今津屋橋からの吉井川。
 写真1は打ち上げにて、『地味庵』のタモジイ森田さんとオレ。
 写真3。そしてタモジイ&ワタル。
[PR]
by teradamachi | 2018-03-20 14:20 | Comments(0)
<< 神戸元町『The Other ... 『星降る夜の魔法』鳥取県西伯郡... >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...