Top
鳥取『大宇宙酒場』
f0075588_1433074.jpg

f0075588_1433134.jpg


 昨日から山陰~近畿ツアースタート。
 あたたかくよい天気の中、鎌倉から一気に鳥取へとかなりの長距離移動。山陰地方の景色が素晴らしいこと。
 鳥取市内へ来るのは昨年秋に次いでまだ2度目なのに、前回は早目に着いて少し街を歩けたせいか、既になじみ感があります。
 でもそれはやっぱり『大宇宙酒場』のヨシくんこと田中義之くんがいるからでしょう。初対面からいきなりなじんでしまう人、というのが世の中にはいるのです。
 なじむと言えば、『大宇宙酒場』の空間そのものがいきなりなじみましたからね(笑)。昨日もアナログレコードでロックががんがんかかり、こういうお店は今どきあまり無くなりましたね。オレはこういうお店で育ったものなあ。

 昨秋の山陰ツアーでは、まるでオレのロードマネージャーのように活躍してくれた米子のミュージシャン月光ワタル。今回もオープニングをつとめてくれるために、米子から愛車のキャンピングカーで向かってくれたのでしたが、途中でセルモーターが故障してしまったため、クルマを乗り捨て、電車でかけつけてくれました。
 本番前、前回打ち上げで来た、近所の『三町食堂』でワタルと再会の乾杯。『三町食堂』の生ビールの美味いこと!アジ刺の美味いこと!

 そしてライブ。先ずはヨシくんとギタリスト金田モトヤの『烏合の衆』。ヨシくん熱い!モトヤのテレキャスターがいい!
 次に急遽、出雲から歌いに来てくれた加藤カン。昨日は不発だったけど、必ずいい歌い手になるやつでしょう。
 そしてワタル。あの秋のツアーの後、ガットギターをゲットしてのいいプレイ。ますますいいミュージシャンになってます。今回のツアーがさらに楽しみに。
 そしてそしてオレ。
 この『大宇宙酒場』だからこそのチカラを引き出してもらいました。大好きだ、この空間。
 アンコールは、ヨシくんからのリクエストで「チンピラ」。ヨシくんにぴったり(笑)。
 終わってお店でそのまま打ち上げ。いやあ楽しかったなあ。いいツアー初日でありました。

 写真1は、手前がオレ。後ろ左が『大宇宙酒場』のヨシくん、そして月光ワタル。
 写真2は、常連客マグナム製作の純米酒(美味しかったです!)を持ったヨシくんとスタッフの諒。ホント、ヨシくん、ワルそうだなあ。いや、ワルいをだけど(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2018-03-14 14:33 | Comments(0)
<< 鳥取県米子『赤ラベル』 東京、阿佐ヶ谷『ハーネス』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...