Top
湘南新宿ラインに乗って
楽しかった一昨日歌舞伎町ラタン「寺田町の夜」の様子は管理人ヤマグチコージが日記に書いてくれてるので、そちらを読んでいただくとして、ただ今湘南新宿ラインにて平塚へ向かっております。今日明日とペケ、いとうたかおさんとの湘南2デイズ。楽しみと緊張が混じり合っております。
なんだかこの数日蒸し暑いけど、今日は夕立が来そうな空模様。平塚の天気はどんなだろうか?よい夜になりますように。
[PR]
# by teradamachi | 2006-09-09 15:46 | Comments(0)
「寺田町の夜」
 明日は歌舞伎町「ル・カフェ・ラタン」での『寺田町の夜』・・・その7と宣伝してましたが、先程「その8」であることが判明(笑)。たぶんオレの間違いです、すみません。「その8」感慨深いなあ。
 BBSの方に「ただ『ライブやる』のではなく一夜一夜を丁寧に刻んでゆく、それが僕の大切な仕事。そんな中、近年ラタンでの「寺田町の夜」は素敵なマイルストーンになってくれています。」と書きましたがまさしくオレにとってはそれは実感であります。
 この「寺田町の夜」が始まったきっかけはラタンの美人姉妹の一人、リンちゃん(ハンドルネーム「弟」さん)が6年前、あるイヴェントでオレのステージを見て、その打ち上げでオレを(彼女いわく)「初ナンパ」(笑)してくれたこと。まあ、説明すると、詩人でもある彼女が当時主宰していたポエトリーリーディングのシリーズイヴェントのゲストとして呼んでいただけたわけです。
 で、そこからおつきあいが始まり、お互いのイヴェントに顔を出し合いながら、必ずお酒を飲んで(笑)という風に親交を深めていたある日、歌舞伎町のカフェの女主人であるリンちゃんの姉上様(なんて書くとコワそうなイメージですが、実にやさしくきれいな女性です)が「そろそろお店でなにかやってみたいんだけど、あなたがいつも言ってる寺田町さんはどうかな?」とうれしいことをおっしゃっていただけたわけですね。
そこから話はスムーズに進み、半年に一度、毎回その日限定の、美人姉妹の趣向を凝らしたとてもおいしいオリジナルおつまみ、そして普段とは別メニューのお酒を用意していただいての「寺田町の夜」。けっこうゆったりとしたラタンの店内を(音響機械を使わないので)自在に使わせていただいて酔いどれ歌うたいは(オレのことだけど)ゆらゆらととても気持ちよく歌わせていただくのであります。東京での寺田町ライブではかなりスペシャルなシリーズかも。うん、というか毎回とても特別な夜にしてもらってます。何故だろう?毎回特別に思って緊張してその日に臨んでくれているリンちゃんたちの想いがオレ、「寺田町」という歌い手に反映されるからかな?とにかく特別だ。
 そして「寺田町の夜」というタイトルをつけてくれたリンちゃんのセンスがオレはとてもうれしいな。
では明日9/7は歌舞伎町「ラタン」で。
以下広告(笑)
        

「寺田町の夜・その8」
9月7日(木)   ル・カフェ・ラタン(歌舞伎町・一番街入りまもなくの右手) 
  
           TEL.03-3200-0020
           
           スタートはpm8:00〜(お店にはpm7:30から入れます)
           料金¥2000(1Drink付)
[PR]
# by teradamachi | 2006-09-06 03:52 | Comments(2)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...