Top
マスタリング
本日はニューアルバムのマスタリングのため百草園のヤギングスタジオに向かっております。
で、さっき新宿駅でJRから京王線に乗り換えるために地下通路を歩いていたら2枚組のでかいポスターが何枚もばんばんばんと。何のポスターかというと根岸吉太郎監督の映画「雪に願うこと」。大好きな佐藤浩一さんや、小泉今日子さんが出演しています。「東京国際映画祭初の4冠」とのこと。原作はワタクシがよく紹介してます鳴海章さんの小説「輓馬」(ばんば)。ちょうど先日読んだところですが、とてもよかったです。相米慎二監督が映画化した「風花」もよかったしね。俺の歌をモチーフにした「微熱の街」の出版が待ち遠しいです。これも映画化されないかな(笑)。
おっとそろそろ百草園だ。
[PR]
# by teradamachi | 2006-05-09 15:00 | Comments(0)
不良中年のしあわせ
 昨日はヴォーカルを頼まれてる知り合いの企画の打ち合わせのために夕方から豪徳寺へ。見事な五月晴れの中を出かけていくのはなかなか気持ちがよかった。近年は東京にいるときはあまり電車に乗らないので車内吊りの雑誌の広告なんかを見るのさえ面白かったり、好みのタイプの女性の写真なんかがあったりするとうれしかったり(笑)。
 今回の企画の話をもらったのは1月だったんだけど、お互い忙しくて昨日が初めてゆっくり顔を合わせて打ち合わせたり、少し試しで歌ったりできた。なかなかよい感触でやりがいのある仕事ができそう。終わってからちょうど近所の「にないや」さんで楽しく接待(笑)していただいてしまった。まあ、この企画に関してはまだ初期段階なのでどうなるかはわかりませんが、それはともかく人と人とのコミュニケーションがうまくゆくときってうれしいものですね、当たり前と言えば当たり前だけど。
 そんなわけで「にないや」さんでもおいしいお酒と肴でなかなかに楽しいお話ができ、彼と別れての帰り道、なんだかとても俺はいい気分で、その日のことだけでなく、今こうして生きていることのしあわせをものすごくしみじみと感じてしまった。もちろん心配事や、検討せねばならない問題や、自分自身のこれからの課題やらはしっかりあるのだけれど、それでも俺は今まで生きてきての人生の中で、こんなにしあわせ感を感じたことってないなあ、とまで思いつつ帰ってきたのでありました。
 もしかしてただ酔っぱらって気分がとてもよかった、というだけかも知れないんだけど(笑)充実して生きていることだけは確かです。ありがたいなあ。
[PR]
# by teradamachi | 2006-05-06 23:29 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...