Top
<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
名古屋熱田『千年ニコ天』
f0075588_16393178.jpg

f0075588_16393125.jpg

f0075588_16393146.jpg

 
 昨日は愛知県岩倉から名古屋熱田へ。熱田神宮からほど近い老舗うどん屋さん『千年ニコ天』さんでのライブ。
 先代のお父さんから6年前にお店を引き継がれた中村誠さんが、うどん粉で真っ白な服装で(かっこいい!)金山駅にクルマで、そしてやさしい笑顔でお迎えに来ていただけました。
 ライブなどやったことのない老舗うどん屋さんで何故、今回こういう運びになったかと言うと、名古屋港の『猫と窓ガラス』の広田くんが、『猫窓』の常連さんである誠さんをけしかけてくれたのです(笑)。
 老舗うどん屋さんとしては名の通っていたこのお店を、さらに夜にはいい飲み屋さんとして機能するように改革したのが誠さん。素晴らしく美味しいかつお、ウニ、稚鮎などをいただいてしまいました。(終演後にいただいたきしめん、絶品でありました!)

 生音でライブをするには楽、という響きの空間ではありませんが、そこがオレの腕の見せどころ(笑)。 
 広田くんにも来てもらって音の響きをチェックしてもらいました。
 広田くん、自分のお店から、スポット用のライトまで持って来てくれて、とても助かりました。
 そして本番。お客さんは想定外の大盛況。うれしい悲鳴とはこのこと。
 
 この状況で生音で演奏するに当たっては一組でも雑談するお客さんがいたらアウトでしょうが、とてもとても良質のお客さんでありました。共によいライブを作り上げて下さいました。素晴らしい時間の誕生に心より感謝します。


 写真1の『千年ニコ天』さん入り口図と、2のライブの模様は伊藤まことさんが撮影して下さいました。まこっちゃん、ありがとうございます。
 写真3は『千年ニコ天』の中村誠さん、ひろみさん御夫妻と共に。テーブルにあるのは、前日8月15日がお誕生日の誠さんのための似顔絵バースデイケーキ。僭越ながら「HAPPY birthday」を歌わせていただきました。
 誠さん、宏美さん、本当にありがとうございました! 
[PR]
by teradamachi | 2017-08-17 16:39 | Comments(2)
愛知県岩倉『かがよひ』
f0075588_11423139.jpg

f0075588_11423191.jpg


 昨日は岐阜から再び愛知県へ。ちょっと小雨模様。ライブは岩倉にて。
 旧友、岸辰夫たっちゃんと奥さんの道代ちゃんのおかげで、4月に次いで2度目の『かがよひ』でのライブ。
「お盆だからどれくらい来てもらえるかなあ?」と言っていたのですが、ありがたくお集まりいただけました。素晴らしい。
 オープニングアクトをつとめて下さったのは「くうちゃん」。なんと現役の岩倉市会議員さん。見えません(笑)。選挙活動でも歌ったとか。岩倉はやっぱりおもしろいです。

 しかし、いい空間、いいお客さん。実に気持ちよく歌わせていただきました。
 アンコールは一宮の知巳さんからのリクエストで「今年最後のセミが鳴いてる」。
 さらに知巳さんから「サロ・ジェイン」のリクエスト。知巳さんが素晴らしいコーラスをして下さいました。ありがとうございます。
 前回の打ち上げが大変楽しくて、後ろ髪を激しく引かれながら(笑)おいとましたので、今回はたっちゃんのお言葉に甘えて岩倉泊まり。おかげさまで、非常に楽しい岩倉の夜となりました。次回もすごく楽しみです。 

 写真1は、たっちゃんが作ってくれた今回のポスター。「店主 強力にお勧め」の言葉がうれしいですね。
 写真2は、左から岩倉市会議員くうちゃん、たっちゃん、オレ。 
[PR]
by teradamachi | 2017-08-16 11:42 | Comments(4)
岐阜『ワーキン』
f0075588_1439338.jpg

f0075588_1439347.jpg


 昨日は夕方、名古屋から岐阜へと移動しようとしていると、名古屋のオレの弟子的存在の小谷ノブユキから電話。
 「今夜のライブ行きますから、一緒にクルマに乗って行きませんか?」はい、喜んで(笑)と上小田井駅でピックアップしてもらい岐阜へドライブ。
 道中、音楽の話で盛り上がってしまい、思わぬ楽しい時間となりました。ノブ、ありがとう。

 『ワーキン』マスターのタケちゃんのいつもの笑顔に迎えていただき、ライブはカウンター席の真ん中あたりで生音でやるワーキンでは特別な「寺田町仕様」。ワーキンの生音の響きがまた独特によいのです。
 お盆と言うのに、よいお客さんに恵まれ、よいライブタイムでありました。
 アンコールは、タケちゃんからリクエストで、リハーサルで歌った
京都の山田兎くんの名曲「アジアの黄昏」。
 そしてさらにアンコールはノブからのリクエスト「チンピラ」。ワーキンはいいなあ。

 写真1は『ワーキン』カウンターにて、マスターのタケちゃんとツーショット。
 写真2は、恒例のタケちゃんと太一ちゃんの兄弟ショット(笑)。太一ちゃんは24年来、オレのライブに通ってくれてます。タケちゃんとオレを直線に繋いでくれたのは太一ちゃんなのです。
[PR]
by teradamachi | 2017-08-15 14:39 | Comments(0)
名古屋、錦『グッディーズ』
f0075588_13411734.jpg


 昨日は静岡県浜松から愛知県名古屋へ。
 毎年このツアーは猛暑の中の移動が大変でしたが、今年はずいぶん涼しくて助かっています。でもさすが名古屋、湿度は高いですね。
 名古屋錦のバー『Roots 』チェーンのオーナー、ショージくんにライブをやらせていただくようになって、もう10年以上たちます。
 『Roots 』チェーンは錦のホクトビルの中に5店舗も入っているのですが、今回は久しぶりにのグッディーズ』。
 久しぶりと言っても『グッディーズ』はこの春に、ずっと店長をしていたハタボーが独立したため、あらたに「ワインと洋風おでん」のお店としてリスタートしたのです。
 『Roots 』チェーンの食べ物は、どこもそれぞれにとても美味しいですが、今回の新生『グッディーズ』も『Roots 』古株のコータが、とてもとても美味しい料理を出してくれますよ。感激のワタクシでした。

 そして、ライブは恒例のショージくんの書いてくれたリクエストメモ、通称「ショージメモ」をベースに、もちろん近作も交えて、丁寧に響かせていただきました。『グッディーズ』の生音の響きのよさは健在でした。そして、きっと成長させてもらっている現在形の寺田町の音楽を響かせてもらえて、本当にありがたかったです。

 写真は左から『グッディーズ』のコータ、オレ、ショージくん。今回もありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2017-08-14 13:41 | Comments(0)
静岡県浜松『ポップス倶楽部』シネマ・ヴァリエテ袴田浩之プレゼンツ
f0075588_14323850.jpg

f0075588_14323872.jpg

f0075588_14323886.jpg


 昨日からツアー。
 初日の浜松は毎年恒例のシネマ・ヴァリエテはっちゃんこと、映像作家、袴田浩之くんプレゼンツ。
 毎年、映画、演劇、落語、とオレに異種格闘技的な勝負をさせてくれるはっちゃんですが、今年は珍しく(笑)シンガーお二人との勝負。

 横浜の9弦ギター弾きシンガーおぐまゆきちゃんとオレを出会わせたかったという、はっちゃんの狙い。
 そしてはっちゃんにおぐまゆきちゃんを紹介した浜松のシンガー音緒(ねお)さんを加えて、というかたち。
 会場はオレは浜松のシンガー、リリィさんのお店『ポップス倶楽部』。 
 リリィさんとはこうべのモモのおかげで知り合い、この1年半の間にかなりの回数会っていますが、オレが『ポップス倶楽部』に来るのは初めて。なんとなく想像していたよりも、ずっととらえやすい空間でした。
 リリィさんが音響もやってくれるのですが、緊張感をもって臨んでいただける姿勢がうれしいです。

 おぐまゆきちゃん、リハーサルでのギターの1音、声のワンフレーズを聴いただけで「覚悟」を感じさせてくれました。
さすがはっちゃんが気に入るはずです。
 音緒さんのライブを聴かせてもらうのは実に久しぶりでしたが(偉そうな言い方で申し訳ありませんが)すごくよくなっていて、うれしくなってしまいました。以前とは別人。これだから音楽とつき合うのはやめられません。だからこそ、音緒さんにはもっともっとよくなってもらいたいと欲が出ました。

 そして、いいお客さんにお集まりいただけました。
 それにお応えするべく、『ポップス倶楽部』の空間との初共演、ぎりぎり精一杯のものを引き出していただけました。熱い熱いアンコール。うれしかったです。
 そして、はっちゃんプレゼンツで大事なのは打ち上げ(笑)。「打ち上げまでがライブですよ」なのです。今年も本当に素敵な夜を、はっちゃんありがとう!

 写真は、浜松のたかこさんが撮影して下さいました。たかこさん、いつもありがとうございます。
 1はライブ中のオレ。
 2は終演後『ポップス倶楽部』のステージにて。左からオレ、おぐまゆきちゃん、音緒さん、『ポップス倶楽部』のリリィさん。
 3は打ち上げ会場にて。音緒さん、オレ、日本酒で酔っぱらったおぐまゆきちゃん(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2017-08-13 14:32 | Comments(0)
東京、四ツ谷『homeri 』
f0075588_2350190.jpg

f0075588_2350159.jpg

f0075588_2350136.jpg


 ヴァイオリンの磯部「べチコ」舞子ちゃんとのデュオライブ。 
 猛暑の東京へ。
 久しぶりの真夏の東京。強烈なヒートアイランドぶりには、もう笑ってしまうくらい。
 でも久しぶりの四ツ谷『homeri 』のマスター宮内さんはクーラーをきかせてオアシスのように迎えて下さいました。
 『homeri 』の開店記念日はオレの誕生日と同じ7月19日。先月めでたく7周年を迎えました。オレとは50歳違いですね(笑)。

 『homeri 』では生音ライブですが、響き、鳴りが素晴らしく、オレは「homerマジック」とよばせていただいてますが、今回もまたそれがいっそう素晴らしく、ぐんぐんと音を磨いている舞子ちゃんの音、そしてより育っているオレたちのサウンドを、より輝かせてくれました。
 後半ステージのMC は「べチ コマジック」で夫婦漫才みたいでしたが(笑)これもライブの醍醐味と言っておきましょう(笑)。
 アンコールはべチコをこき使って(笑)「リリアン」。それにしてもお客さんも素敵でありました。 

 写真1は『homeri 』7周年記念のポスター。ふだんはじふんの誕生日にあまりこだわってませんが、大好きなお店の記念ポスターにこうして日付が入っているのはうれしいものですね。
 写真2は終演後、ワインで乾杯の舞子ちゃんとオレ。
 写真3は舞子ちゃんとオレに書かせていただいた色紙と共に『homeri 』マスターの宮内さん。
[PR]
by teradamachi | 2017-08-09 23:50 | Comments(0)
静岡県三島『ぐらBar ’s 』
f0075588_154144.jpg


 亡くなられた橋本潤さんが繋いでくれた御縁で、2年前から歌いに来させていただくようになった三島の末永さんのお店 『ぐらBar ’s 』。

 ここの音の響きはもともとよかったですが、半年に1度やらせていただく度に、さらに響きはよくなっています。
 そう、お店の空間も楽器と同様に、よく鳴らしてあげれば、それに応えて、よりよい響きになってゆくのです。
 そしてそのよい響きをそのまま音響機材ですーっと気持ちよく増幅していただけるのは、主人である末永さんのセンスです。とても演奏しやすいのです。
 そしてここに集うありがたいお客さん。確実に、ものすごく楽しみにして下さっていた方々、さらに新たなお客さんも加わっていただき、その皆さんに、オレの丁寧に積み重ねるかたちの演奏が、まるで砂地が水を吸い込むように自然に、素直に伝わってゆくのがすごくうれしくて、本当にありがたいライブとなりました。
 いつもはおとなしい三島のお客さんが熱いアンコール!いやあ感激でした。
 三島 『ぐらBar ’s 』ライブ、 次回は来年1月予定。今から楽しみなのです。

 写真は打ち上げで行ったロックバー『BAT』にて
『ぐらBar ’s 』の末永さん。今回も本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2017-08-07 15:04 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...