Top
<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
東京、阿佐ヶ谷『ハーネス』
f0075588_001689.jpg


 3月以来のアコーディオン熊坂路得子るっちゃんとのデュオ。会場は阿佐ヶ谷の『ハーネス』。シンガーソングライターで、オレとは34年來の友人、鎌田ひろゆきのお店。
 そうそう、昨日のブログに書き忘れましたが、愛用の大切なギター、ヤマハ飯沼号が、大分の飯沼ちゃんの工房から、立派にリペアをしていただき、帰って来まして、鎌倉、寺田町ライブデビューより復帰。頼りになるこのギターは、るっちゃんとの演奏で、ほれぼれするような働きをしてくれました。飯沼号の欠席を補ってくれたOvia 号との頑張りの日々が、ギタリストとしての寺田町を成長させてくれたことも実感としてあります。(もちろん、まだまだなワタクシ、これからも、もっともっと精進しまする)
 るっちゃんコーナーでは、前回に引き続き、るっちゃんが阿藤知恵さんの詩にインスパイアされて書いた曲を朗読してからアコーディオンソロ演奏。今回は「翼と」という詩。素敵なるっちゃんの曲。歌が聴こえてきました。
 それにしても、るっちゃんのアコーディオン弾きとしての成長、毎回感激で、今日はリハーサルからぐっときてしまいました。
 そしてこの二人で紡ぎだすサウンドも、実に面白く、お互いが瞬間の音に反応し合えて生まれてくるサウンドは、実に刺激的でありました 
 るっちゃんとは同じ『ハーネス』で8月28日、あえて月曜日。今から楽しみなのであります。

 写真は『ハーネス』のカウンターでるっちゃんとツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2017-05-22 00:00 | Comments(0)
北鎌倉、台峰『天台』(川上邸)
f0075588_16104519.jpg


 何千本ライブをやろうが、その1回1回が特別に大切なのは当然なのだけれど、場合によっては、ことさら、より深い想いをもって臨んでしまうライブがあります。

 人生の半分以上を暮らした東京から、現在の鎌倉に移り住んで、今年の秋で丸6年。
 この土地のもつ「何か」の気配のようなものに惹かれ、ありがたい御縁をいただいて暮らし始めたこの土地からは、言葉にはできない大切なものを多々もらってきたようで、それは今、さらに強く感じています。
 だから、この土地で歌うのは自然な流れによばれた時、と思いながらいました。 
 そして今年3月、北鎌倉の台峰の自然保護活動(森はほっておくと、荒れて駄目になってしまうのです)をしていらっしゃる、魅力的な皆さんと出逢い、漠然と「この方たちとの関わりの中でいつか歌わせていただけたらいいのになあ」と思っていたら、オレが歌い手であると名乗ったとたんに「じゃあライブをやっていただけませんか?」と、夢のようなお申し出をいただいて、あれよあれよと言うまに決定した今回のライブ。
 ライブの会場は、屋外でのアイデアもあったのですが、屋外となるとやはり音響設備が必要となってしまいますので、先ずは屋内で生音でと、リーダー的存在の川上克己さん(通称かっちゃん)の元住居であり、現在は台峰の活動の中で様々な形で活用されている『天台』で行うことになりました。古い日本家屋の多くは生音の響きがよいのですが、やはりここもそうでありました。 

 2ヶ月後には57歳となるオレですが、悲観的な意味ではなく、自分が自分の人生の新たな段階へと踏み出そうとしているのを感じています。そして、その意味を積極的に確かめようとしています。その中で、歌が、音楽が変化してゆくのは当然なことで、オレはそのことに日々わくわくしているこの頃なのです。 
 そのタイミングでの今回のライブ。楽しみと緊張を持ちながら、この日に向かってきました。
 ライブ晴れ男の名に恥じない見事な五月晴れ。鎌倉の山々、そして台峰の山々の緑がきらきらと。野の花たちもにこにこと。
 午後1時半開演という、オレのライブではめったにない時間設定。
 会場の天台の広間でウォームアップ。よしと、気持ちのよいお庭で乾杯。風薫る5月に新しく歌い始める気持ち。 

 皆さん、とてもしっかり聴いて下さって歌が、音が積み重なってゆきます。これぞライブ。ウグイスの声が、共に歌ってくれました。  
 ありがたいアンコールには、心より感謝を込めて「一片の音楽」

 終わってその場で打ち上げ。本当にしみじみとありがたく、「またここでやって下さい」と、感激のお言葉をいただき、自分の中での何度目かのりスタートを切ることができました。
 皆さん、本当にありがとうございました。特にライブについて窓口となって下さったやすこさん、ポスターを下さったあやこさん、貴重な場を提供して下さった川上かっちゃんと奥さんの博子さん。本当にお世話になりました。
 あ、手作りのざるで「おひねり」を集めてくれたはるかくん(小6、やすこさんの息子さん)ありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2017-05-21 16:10 | Comments(0)
5月20日、鎌倉での初ライブ!
f0075588_13561395.jpg

 
 わたくし寺田町が鎌倉の地に居を定めて、今年の秋で6年。
 この地の気、風土から沢山の栄養をいただきながら、今の寺田町がいます。
 鎌倉でライブをするなら、しっかりと納得のいく「出会い」があってからのこと。そう思いながら、各地を歌い巡る日々を積み重ね、今回、鎌倉の台峰の素敵な皆さんとの、ありがたい御縁をいただき、あれよあれよと言う間もなく、ライブをさせていただける運びとなりました。
 新たなスタートに、期待と緊張を抱きながら、背筋を伸ばす想いです。
 どうぞよろしくお願いします。

★寺田町、鎌倉にて初のソロライブ!

5/20 (土) 台峰『天台』川上邸 (北鎌倉)
神奈川県鎌倉市台1625 (JR北鎌倉駅より徒歩15分ほど)
開演13:30
※ライブチャージは、おひねりでの開催ですので、お気軽にどうぞ!
お店ではありませんので、 お酒の持ち込みも大歓迎。お昼から飲みつつ、台峰の自然と音楽を
満喫してください。
アクセス:JR北鎌倉 表口改札を出たら通りを右に向かいます。
鎌倉小坂郵便局を過ぎたところの信号を左折。レストラン『航』を通り過ぎ、坂を上ってひたすら道なりに歩きます。途中の三叉路は地域掲示板のある道(真ん中)を行きます。
さらに歩くと台峰の掲示板があります。稲荷神社方面に歩くと、左手が天台・川上さん宅です。
お庭が開かれているのですぐに分かるかと思います。

Googleマップで神奈川県鎌倉市台1625を見る
https://www.google.co.jp/maps/dir//%E3%80%92247-0061+%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%
9D%E7%9C%8C%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B8%82%E5%8F%B0%EF%BC%91%EF%BC%96%EF%BC%92%EF%
BC%95/@35.3375891,139.5389909,20z/data=!4m8!4m7!1m0!1m5!1m1!1s0x60184577e026a9
db:0x515953eef274ce3c!2m2!1d139.5393154!2d35.3375289
[PR]
by teradamachi | 2017-05-16 13:56 | Comments(0)
東京、下北沢『レディ・ジェイン』
f0075588_12215915.jpg


 昨日は下北沢の老舗『レディ・ジェイン』で札幌のピアニスト板谷大(ひろし)さんとデュオライブでした。
 コントラバスの瀬尾高志のおかげで一昨年12月、雪の札幌で出会わせてもらい、パーティの席でピアノと歌だけでのいきなりの共演がきっかけとなり、昨年7月と12月、札幌リブギャラリーでのデュオライブが実現しました。
 その板谷さんと今回は初の東京での共演。今年42周年の超老舗ジャズバー『レディ・ジェイン』にて。 
 ライブ開始前にオーナーの大木さん(オレより15歳先輩!)とお話していて、大木さんが『レディ・ジェイン』を始めたのは30歳になる年だったとうかがう。
 オレが現在「寺田町」として演奏している作品はオレが30歳になる年から書いたもの。(10代から歌は沢山書いていましたが。)
 昨日はその最初となった作品「バーボンと煙草のヤニで固めて作ったような店で」を、大木さんへのオマージュとしてスタート。

 板谷さんのピアノのことを、スーパータップダンサーのレオナは「イントロを聴いただけで踊りたくなる」と言ってましたが、板谷さんの音はまさしくそう。 
 基本はオーソドックスなラグタイムピアノのスタイルなのでしょうが、そこはオレなんかと自由にやってくれる人ですから、音に対する解放感は素晴らしく、引き出しも広いのです。
 何より、その音に喜びがあるのでしょう。共演者であるオレが、うれしく、しあわせになってしまいます。
 そんなうれしいライブにありがたくアンコールをいただき「一片の音楽」。よき円環の日となりました。

 写真は『レディ・ジェイン』のモンローの前で板谷さんとツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2017-05-15 12:21 | Comments(0)
小田原、鴨宮『きらきら食堂』
f0075588_3105362.jpg

f0075588_3105341.jpg


 昨年に次いで、今年も4月の『とろろ屋』さんに始まって7月の『ジーズキャフェ』まで小田原マンスリーライブとなります。

 さて今月は、昨年に次いで2回目。ガンちゃんこと岩谷朋美ちゃんのお店『きらきら食堂』。オープン3年目。若いガンちゃんが、こうしてお店を続けていてくれるのがありがたいです。もちろん美味しくて、いい雰囲気の食堂ですからね。飲み屋さんとしてもナイスなのです。

 生音でのライブ。
 ここの響きのバランスがまたよくて、やりがいある音なのです。
 前半ステージは、久しぶりに歌う曲を中心に選曲。なので緊張感はありましたが、それが前半最後の「モノクロームの夢にさよなら」に集約されていき、無意識に選んだ曲たちに自分で納得。
 間にゲストでやってもらったのは今年もわが愛弟子の矢沢ウエイチ。去年は体調を崩して発声に苦労していたウエイチの声が復活していて、師匠としてはひと安心(笑)。いいステージをやってくれてうれしかったです。
 『ジーズキャフェ』のボス、ジョージさん、『巨欅の居(おおけやきのいえ)』の岩瀬さんを始めとして、オレにとっては贅沢なお客さん。後半もいい雰囲気のライブとなりました。

 ありがたいアンコールは、入江さんからのリクエストで、久しぶりに「サウダーヂな夜」。そして森澤さんからのリクエストで「チンピラ」お二人ともナイスセレクトをありがとうございました。
 終わってからもお店でそのまま打ち上げ。これがまた、いい雰囲気で、うれしくなってしまいました。

 帰りは先月に次いで、浅見さんのクルマで鎌倉まで送っていただいてしまいました。浅見さん、いつも本当にありがとうございます。

 写真1はライブ中のオレ。
 
 写真2はウエイチとオレ。ウエイチのギターはかつてオレがあげたギター。シャツの色がかぶっちゃいましたね(笑)。
 
 写真3は『きらきら食堂』の女将ガンちゃんにも入ってもらって。ガンちゃん、今年も本当にありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2017-05-14 03:10 | Comments(0)
東京、高円寺『稲生座』
f0075588_028648.jpg


 オレ、寺田町の「古巣」、東京は高円寺の『稲生座』で、こうして改めてライブをする、させていただける日が来るとは思っていませんでした。
 マスターであった柴田浩志さんが亡くなって11年。オレは故あって、稲生座ではライブを、もうしないつもりでしたが、6年前の東日本大震災の被災者の方たちへのチャリティのライブへの出演、その後のママであるエミちゃんとのうれしい再会を経て、今回は、かつての『寺田町Group 』のギタリスト吉村一博とアイリッシュフルートでのデュオとの対バンをとの御申し出を、ありがたく、素直に、そしてうれしく、受けさせていただきました。。
 久しぶりの稲生座。ここでオレは育てていただけたこと、ありがたく、忘れずにいました。(大切だからこそ、出ないでいたのもありますが)
 エミちゃん、そして、かつての丁稚で番頭を経て(笑)の堂々の店長、レイチェルとのうれしい再会。『稲生座』を守ってきてくれた、大切な人たち。
 そして、吉村とのライブの場での再会。そしてそして、アイリッシュフルートの演奏者は、なんとオレの大好きなドラマー、サトちゃんでありました。(9年前からこの楽器をやっていたそうです)
 吉村はトリオバンド『ラズロ・コバクス』をやっていますが、それとは全く別のこのデュオ。すごくよかったです。
 サトちゃんのアイリッシュフルート、とてもよくて、吉村のギターは見事にリズム隊であり、あるときはソロ。ボーカルも落ち着いていて、全体がかっこよかったです。
 そんないい空気の中、オレも大切に演奏させていただきました。
『稲生座』全体の空気、お客さんの雰囲気、とてもよかったなあ。
 エミちゃんが「(友人、知り合いは)どんどんいなくなっちゃうけど、だからこそ、生きている間は楽しくいないとね!」と30年前と変わらない素敵な笑顔で言ってくれたのに、心より同感です。
 音楽があってくれるからこそのこの、本当にありがたい再会に心より感謝です。 
 
 写真は色々と撮りたかったのですが、そんなゆとりもなく、リハーサルの吉村とサトちゃん。
 
[PR]
by teradamachi | 2017-05-08 00:28 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...