Top
<   2016年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
小田原鴨宮、岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)
f0075588_2031492.jpg

f0075588_2031477.jpg

f0075588_2031469.jpg


 23日、鹿児島から鎌倉に帰りましたが、翌日はお昼過ぎに鴨宮へ。
 1年に一度のスペシャルイベント。鴨宮の岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)での『寺田町劇場』。
 今回もジョージさんの『ジーズキャフェ』の全面協力のおかげで開催することができました。
 今年で6回目。今回も昨年についで、アコーディオン熊坂路得子、コントラバス瀬尾高志、ヴァイオリン磯部舞子、オレでの『カルテット・ラ・ストラーダ』での出演。 
 第1回目は蔵を改装したホールでピアノの石田幹雄との演奏でしたが、2回目からは、大欅のある中庭を客席として蔵前をステージとしてきました。思えば『ジーズキャフェ』10周年イベントも、そのかたちで盛大に行われました。
 今回は6回目にして初めての雨。ジョージさんもオレも相当な晴れ男なのですが、こういうこともありますね。
 ということで、第1回目に立ち戻って蔵ホール
での演奏。
 音響はいつものようにアタル。ゲストも例年のようにオレの愛弟子、矢沢ウエイチ。『とろろ屋』さんの美味しいお弁当が今年もうれしい!ドリンクは『カバーチェ』さんが出店してくれました。
 われわれが到着すると、岩瀬さん、息子さん、当サイト管理人ホンダくん、浅見さん、アタルが熱心に準備に奔走して下さっていました。
 岩瀬さんの奥さんによる、出演者控室のケータリングも本当にありがたく、皆さんに心より感謝します。

 音に関して言えば、このホールの方が断然やりやすかったし、いい音でありました。
 オレの声とギターをマイクで拾う以外はみんな生音。生音でできるのが理想なのです。
 8月終わりの『劇団どくんご』の東京公演プレイベントとしての、このメンバーでのライブで感じた問題点(ライブ自体はもちろんよいものだったのですが)をクリアして、よりよいカルテットの音楽を生み出すことに、オレは心を割きました。
 その結果として、昨日のライブはさらによいものとなったこと、うれしく自負しています。
 アンコールは、瀬尾のナイス選曲で、オレがジョージさんと『ジーズキャフェ』と11年前に出会って、うれしくて書いた歌「あの夏の日のように」。このメンバーでは初めての演奏。
 そしてさらに熱いアンコールにはやっぱり「リリアン」!うれしいうれしいライブとなりました。 
 雨はすっかり上がっていたので、せっかくの中庭に急遽、椅子とテーブルをセットしての宴。秋の空気が気持ちいい!皆さん本当に本当に、ありがとうございました!

 写真1は明けて本日の岩瀬邸の大欅。
 写真2はライブ終盤の「サロ・ジェイン」にウエイチからエレクトリックギターを渡されて、岩瀬さんが!
 写真3は3次回、『ジーズキャフェ』で左から当サイト管理人ホンダくん、オレ、瀬尾。ホンダくん、いつも本当にありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2016-09-25 20:31 | Comments(0)
鹿児島、新生『コーナーポケット』
f0075588_18155646.jpg

f0075588_18155637.jpg


 昨日は今回のツアー最終日。 
 熊本から高速バスで鹿児島へ。車窓からの風景が途中から、はっとするようなものに変わりました。

 もうお馴染みとなってきた天文館の街。
 鹿児島のライブは毎回『ISSO 』の大ちゃん(寺田町大二郎くん)におまかせしてますが、今回は8月に移転した『コーナーポケット』。森くんのお店。1年前の鹿児島ライブは『コーナーポケット』の前店舗だったのでした。
 そうそう『コーナーポケット』の名前は、今年の劇団どくんご』の背景の絵にも入ってます。
 『ISSO 』で大ちゃんと再会し、大ちゃんの案内でニュー『コーナーポケット』へ。
 旧『コーナーポケット』は正しいジャズバー、といった感じのいかした感じでしたが、今回はまた全然イメージが違った、でも素敵な空間です。 
 生音でのライブですが、立ち位置で随分と響きが変わるので、大ちゃんと森くんと3人で相談しながら、照明なども決めました。こういう風に、一緒に作っていくライブ、いいなあ。

 本番前はいつものように、大ちゃんに居酒屋『まえわり屋』に連れて行ってもらいました。
 きびなご刺身、ハラガワなど定番ですが、やっぱり感激です。
 極上カンパチの「アカバナ」の美味しさにびっくり。

 さて、ライブ。
 オープニングアクトは今回もクボタトモヒロくん。2月以来、ライブを重ねていることがしっかり伝わってきました。もともとかっこいい彼の音楽ですが、さらにグレードアップしていました。クール!

 もちろんオレもいい感じで演奏させていただきましたよ。
 アンコールは大ちゃんからのリクエストで「象の鈴」。
 さらにマスター森くんからのリクエストで「フォークソング」。そうでした、昨年の『コーナーポケット』のライブの折りに、この曲をやったら、森くんとお友だち達から、彼らの亡くなったお友だちのイメージと重なる、と言っていただけたのでした。

 終わって、お店のアナログレコードのコレクションから、ジョン・コルトレーンとエリック・土ルフィーのビレッジバンガードでのライブをかけていただき、ニュー『コーナーポケット』の空間を味わうというしあわせな時間をいただきました。
 森くんと再会を約束して、一足先にお店を開けに行ってくれた大ちゃんの『ISSO 』へ。
 美味しい鳥刺などいただきながら、大ちゃんとお話。たまたま大ちゃんがかけてくれたのが、このツアー中、聴きたいなあ、と思っていたザ・バンド。うれしいなあ。ますますお酒が美味しくなります。
 また来年2月の再会を約束して大ちゃんと握手。
 『ISSO 』から出ると、ビルとビルのすき間に月が。

 写真1は、左からクボタトモヒロくん、オレ、『コーナーポケット』の森さん。
 写真2は、今回のライブの立役者、『I S S O 』の大ちゃん、こと寺田大二郎くん。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-23 18:15 | Comments(0)
熊本『ルードバー』
f0075588_14162649.jpg

f0075588_14162664.jpg


 昨日は佐賀で目覚めると、申し訳ないような気持ちのよい秋晴れ。
 前夜に初めてオレのライブを観て下さった佐賀の林田隆治さんが、わざわざ熊本まで送って下さいました。
 林田さんは元『クライ』の池田正和さんの演奏活動をサポートしていらっしゃるそうで、オレのことも「熊本までくらい近いですから」と軽やかに。なんとありがたいことでしょう。
 
 2月以来の大好きな熊本。
 震災の知らせに胸を痛めながら、友人知人の無事を確かめながら遠く想いをはせていました。
 白川の川面、遠目に見えた熊本城が何かを語りかけてくれているようでした。

 ライブ会場は村元大さんのお店『ルードバー』。前回の2月にコビィのバースディライブのゲストとして出演させていただいた時、大さんから「うちでもワンマンでやってよ」と言っていただけたのでした。
 そのライブで、アルトサックスの葉山耕司さんと出会い、次回は是非、共演を、という話に。 
 14年間、熊本でのオレのライブを主催し続けてくれている藤本ちゃんに、今回はオレからのリクエストで『ルードバー』で葉山さんとやりたいとお願いしたのです。
 お客さんは、お馴染みの方、初めての方といいバランス。コビィが来てくれた!うれしい。

 藤本ちゃんセッティングの音響はばっちり。ルードバー自体の音の響きもよくて、ソロで気持ちよくスタート。前半最後の「バーポンと煙草のヤニで固めて作ったような店で」で葉山さんに入ってもらいました。いいバランス。皆さんが喜んで下さっているのが伝わってきます。 
 後半もソロで数曲、そして葉山さんと「象の鈴」「夜を泳ぐ魚」と、いい感じで進み、ラストの「グッドバイ」を始めたら、なんとサックスが故障!でも何とか直って、曲を止めずにすみました。 
 アンコールは「チンピラ」。
 終わってからのお酒の美味しいこと。ルードバーの美味しい料理。仕事でライブには間に合わなかったバトルボックスの林田くんが駆けつけてくれました!うれしいです。
 こうして熊本で、皆さんの前で演奏させていただき、新たな出会いまでいただき、本当に本当に、ありがたいです。
 また10月30日、熊本に帰ってきます。バー『コロン』でのライブです。

 写真1は葉山耕司さんとオレのライブ中。コビィ撮影。コビィ、いつもありがとう。
 写真2は『ルードバー』の村元大さんとオレ。大さんワルそうですねえ(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-22 14:16 | Comments(0)
佐賀『バンチド・バース』
f0075588_16271944.jpg

f0075588_16271934.jpg

f0075588_1627194.jpg


 昨日は下関で目覚めると強い風雨は去って、薄日がさしていました。ありがたや。
 下関から福岡天神経由で高速バスを乗り継いで佐賀へ入ったとたんに、ぴかーんと晴れ。ありがたや。ライブ晴れ男はまだまだ健在の模様(笑)。

 2月以来の『バンチド・バース』。いつものようにホテルにお迎えいただいたオーナーの大久保浩司くん。お元気そうでうれしいです。
 そして佐賀ミュージックシーンの立役者、佐野マサルくんとの再会もうれしい!今年も11月3~5日『SMF 』(佐賀ンミュージックフェスティバル)やってくれます。オレは3日の出演です。

 今回は元々決まっていたこのライブに、6月の大阪でのオレと浜田ケンジ(from東京)との初共演に、佐賀のゆきまさが来てくれたことがきっかけで、ケンジも出演することになったのです。
 ケンジと会うのはまだ3回目なのに、その度こいつにはオレの馬鹿なモードを引き出されてしまうのです(笑)。

 今回も盛りだくさんなオープニングアクト。 『バンチド・バース』ののりちゃんのいかしたソング&ダンシングが観られてうれしかったです。
ゆきまさ、ベース頑張ってるな。 
 佐野マサルくん、マディ・ウォーターズのギター、しびれたよ。
 ムッシュのベース、ウッシーさんのドラムス。お二人とも達人ですねえ。
 八次まさみ、のりちゃんバンドのオルガンかっこよかったよ。そして『まさみブルースを歌う』バンド、これはおもしろい。どんどんやってほしい!
 そして、佐賀初ライブの浜田ケンジ。期待通りやってくれました。いいぞ、ケンジ。 
 そしてそしてもちろんオレもやりましたよ。
 途中から、舞台袖から、オレの演奏に合わせて聴こえてくるギターの音。
 おー、佐野マサルくんだね!ステージに呼んで
オレのブルース「誰もあの娘を奪えやしない」。そしてマサルくんからのリクエスト「象の鈴」。気持ちいい。 
 ラストソングはカメラマン五綾くんからのリクエスト「モモ、歌おうぜ」。 
 ありがたいアンコールは、オーナー浩司くんからのリクエスト「ドアのノブにはクリスマスのリボンが」。
 恒例の打ち上げも、本当に楽しく、やはりいつものごとく明け方になってしまいました。

 写真1は『バンチド・バース』の浩司くん(右)とのりちゃんとオレ。本当に毎回ありがとうございます!
 写真2は浜田ケンジとツーショット。
 写真3は『バンチド・
バース』看板と今回作っていただいたポスター。

✳あ、そうだ!『バンチド・バース』にステージができていてびっくり!ますますやりやすくなりました。ありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2016-09-21 16:27 | Comments(0)
下関『Route66』
f0075588_13242234.jpg

f0075588_13242373.jpg


 昨日は広島から山陽本線で山口県の下関へ。
 あいにくの雨模様で、瀬戸内海は雨にけぶり、よく見えませんでしたが、1年ぶりの下関へやってきました。
 下関でライブができるのは、35年来のおつきあいのミュージシャンの友人、つんちゃんこと津秦一郎さんがいてくれるから。
 つんちゃんのやっていた『バルタン倶楽部』は今はありませんが『バルタン』でオレのライブを観て、気に入って下さった、てっちゃんのお店『Route 66』が、下関でのオレのステージです。
 雨の中お越し下さったお客さんに本当に感謝です。
 アンコールは、てっちゃんからのリクエスト
「ドアのノブには去年のクリスマスのリボンが」。

 写真は『Route 66』のステージ壁と、マスターてっちゃんと、さちえちゃんのおしどり御夫婦。いつもありがとうございます。
 終演後、さちえちゃんが「休憩の間に『サロ・ジェイン』をリクエストしようと思ってたのに、忘れちゃって、しまった!と思ってたら、やってくれたので、うれしかったです。」と言って下さって、こちらこそうれしかったです。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-20 13:24 | Comments(0)
広島『ジュゲム』
f0075588_15393944.jpg

f0075588_15393997.jpg


 昨日は広島、銀山町の老舗ロックバー『ジュゲム』。ルーシーママにはずーっとお世話になっています。ママがお元気そうで本当にうれしいです。
 今回はフクちゃん(福本さん)と田中真由美ちゃんにオープニングアクトをお願いしたところ、佐々木さん、小川さんとの『Honey s 』で演奏して下さいました。いやあ、上手いバンドです。そして真由美ちゃん、フクちゃんの歌のさわやかなこと。
 お客さんも、いい感じに集まって下さって、オレもしっかりと演奏させていただきました。
 アンコールはリクエストいただいた「モノクロームの夢にさよなら」。
 打ち上げも『Honey s 』の面々と盛り上がって
、実にありがたい広島の夜となりました。皆さん、本当にありがとうございました。

 写真1は御覧の通り。ジュゲム、素晴らしい!ルーシーママ、ますますお元気で!
 写真2は、オレが偉そうに真ん前にいますが(笑)『Honey s 』の皆さん、左からドラマー小川さん、ボーカル真由美ちゃん、ギターとボーカルフクちゃん、ベース佐々木さん。皆さん本当にいい方なのです。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-19 15:39 | Comments(0)
広島、大町、お好み焼き『大松』
f0075588_15504848.jpg

f0075588_15504881.jpg


 京都、大阪、実りのある4日間から、新たに山陽地方、広島へ。
 どんな仕事でもそうでしょうが、昨日よかったから、今日もいいだろうなんてことはあるはずもなく、新たに日々、ライブをつきつめてゆくのが、一生をかけたオレの生業なのです。
 もう長いおつきあいの広島の川本信也くんのおかげで年に2回ライブをさせていただいている、大町のお好み焼き屋さん『大松』。 

 ここでのライブの楽しみは『大松』の吉田『よしこ』ともちこゃんの歌が聴けること。
 ベテランミュージシャンを従えてのともちゃんの歌。昨日も実に素晴らしかったです。
 余計な力はいっさい入らず、軽やかで、それでいて、とても深みのあるやさしい声。毎回、オレは感動させられます。もっと聴きたい!

 そんなともちゃんの後に恥ずかしくないよう、オレもしっかりと演奏させていただきました。
 アンコールは信也くんからのリクエスト「チンピラ」。うれしいです。
 終わるとオレのライブには珍しく大変な雨。そんな中、楽しく打ち上げをさせていただきましたが、どうか被害がありませんように。

 写真1は前日の『難波屋』てのライブの模様。
『大きな輪』サポーターのお一人の西村礼子さんから送っていただきました。礼子さん、いつもありがとうございます。
 写真2は、なかなか写真に写ろうとしない『大切』の吉田『よしこ』ともこを取り押さえているオレ(笑)。ともちゃん、いつも本当にありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2016-09-18 15:50 | Comments(0)
大阪、西成『難波屋』
f0075588_2512717.jpg


 今回、一昨日の『大きな輪』での、札幌のシンガー大江健人とのジョイントライブができたのは、この西成『難波屋』さんでの企画を、難波屋のチカちゃんが決めて下さったおかげでありした。
 この大阪の名所であり名店で、まさかの健人とのジョイントライブ。
 これでいいライブできなかったら、ライブミュージシャンとしては修行やり直した方がいいかも、なんて思ってしまうのは傲慢でしょうか?
 まあ、冗談はさておき、素晴らしい空間での素晴らしいスタッフの皆さんと創るライブ。(ワタルさん、よっしーさん、いつも本当にありがとうございます!)
 お客さんはもちろん『大きな輪』の開店をおおはばに送らせて駆けつけて下さった田村さんやら、泣けますに(南信州弁?)。
 そして、一昨日の『大きな輪』でのライブで飛び入り共演をして下さった道下克巳さん、その夜の打ち上げでの会話から、新たな気持ちで共演しにして下さいました。
 その答は音にしっかり表れていました。音楽はだからやめられません。
 そんなでしたから、終わった後も、本当に楽しかった『難波屋』さんの夜。またきっと帰って来ますに。

 写真は終演後、オレと健人、難波屋チカちゃん。チカちゃん、本当にありがとうございました! 
[PR]
by teradamachi | 2016-09-17 02:51 | Comments(0)
京都、中書島『MICA 』
f0075588_05481.jpg

 大阪から再び京都へ。
 そして再び小辰浩史さん企画で中書島の『MICA 』さんで14年来のつきあいの京都のシンガー砂布均とのジョイントライブ。
 砂ちゃんと京都でオレが一緒にライブをすると自動的に再犯企画の『酔いどれ達の夜』になってしまって(笑)今回でVolume 28だそうです。石の上にもなんとやらですねえ。素晴らしい。
 ということを本番直前に告げられ、オレはあわててギターを取り出し『酔いどれ達の夜』のテーマソング、オレの「飲みにいかないか」を砂ちゃんと一緒に演奏してライブの始まり。
 お客さんも見事に、いい酔いどれ具合でまさにふさわしかったです。
 砂ちゃんは6月に階段から落ちて、あごの骨を折るという、自業自得なれども大変な経験からのリハビリライブ(笑)。しっかりがんばるのだよ。
 『MICA 』さんライブは何よりママのミカさんがオレの音楽を気に入って下さっていることが、ひしひしと伝わってきて、そりゃあ、いいライブをやるしかないじゃないですか(笑)。楽しかったあ。
 終演後も、すごく楽しかったのですが宿が大阪なので、後ろ髪ひかれつつ、おいとまを。皆さんありがとうございました。
 写真は砂布均と酔いどれミヤコちゃん。この人のことを説明すると長くなるので、本日は割愛(笑)。この人と出会えたのも大収穫でした。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-16 00:54 | Comments(0)
大阪、千日前、味園ビル『大きな輪』
f0075588_1714265.jpg

f0075588_17142613.jpg


 昨日は京都から大阪、千日前『味園ビル』の『大きな輪』へ。田村さんと6月以来の再会。この方には本当にお世話になっているのです。
 そして今回は札幌の大江健人とのジョイントライブという企画。健人は『大きな輪』初登場。 
 健人との出会いは、もう10年以上前。
 思えば健人と札幌以外で会うのは初めて。と言うか、健人のライブをちゃんと観るのは初めて。(かつてオープニングアクトをやってもらったことはありますが。)
 そんな健人のリハーサルを見ながら、ああ、健人、いいミュージシャンになったなあと、うれしく頼もしく思いました。
 いつものように『大きな輪』は満席。ありがたいです。
 健人、いいライブやってくれました。
 そしてオレももちろん、しっかりと演奏させていただきました。
 田村さんが大阪のトランペット吹き道下克巳さんを呼んで下さっていたので、初対面ですが途中、いきなり1曲吹いてもらいました。もの足りなかったのでもう1曲(笑)。
 締めはリクエストをいただいた「ハレルヤ」。
 そしてアンコールは田村さんからのリクエストで「今年最後のセミが鳴いてる」。
 打ち上げはもちろん『夢屋台』で盛り上がりました。皆さん、いつも本当にありがとうございます。

 写真1は『大きな輪』入り口。
 写真2は『夢屋台』での打ち上げで。左よりオレ、『大きな輪』田村さん、大江健人。
[PR]
by teradamachi | 2016-09-15 17:14 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...