Top
<   2016年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
東京、下北沢『アポロ』
f0075588_065815.jpg

f0075588_065876.jpg


 下北沢『アポロ』にて、ヴァイオリンの磯部舞子ちゃんとのデュオ。舞子ちゃんとは5月の『ハーネス』以来。
 その間、様々な演奏活動を重ねての舞子ちゃんの音、フレーズはますます輝きと深みを増してました。そして、よい意味でのリラックスも。
 思えば、舞子ちゃんと一緒に演奏するようになって丸4年。どんどん面白くなってます。 
 今夜の(あ、日付は変わりましたが)お客さんは、またオレにはスペシャルで、後ろ髪引かれながら、鎌倉へと帰る列車に揺られています。
 それにしても『アポロ』の音の響きは素晴らしいなあ。マスターのコウタローさんには、いつも本当に感謝なのです。  
 
 写真は磯部べチコ舞子ちゃんとオレのツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-26 00:06 | Comments(0)
滋賀県堅田。イベント『夏ソニ』
f0075588_2005071.jpg

f0075588_200503.jpg


 昨日は京都から湖西線に乗って、滋賀県堅田へ。途中、車窓からの琵琶湖と空の雲の景色が、まるで絵のように美しかったです。
 6月に次いでの堅田。『SouthPoint』のアッキーさんと『串ZO 』さん主催のイベント。
 よんでいただいた当初は聞いてませんでしたが(笑)「どうぶつの命を救うチャリティーライブ」ということで、収益金で必要な物資を購入し滋賀県動物保護管理センターひへ寄贈するという趣旨のイベントなのでした。

 会場は『SouthPoint』と『串ZO』。お昼の12時からの長丁場イベント。 
 オレが2時頃『SouthPoint』に着いた時は、ちょうど神戸の『ブラザーズ&しスターズ』のマスター、マービーさんが熱演中でした。マービーさんとはお久しぶり。初めて演奏を聴くことができてラッキー。
 ほとんどのミュージシャンが両会場で演奏するのですが、オレは6時半過ぎに『串ZO 』で短いステージを凝縮して。
 そして『SouthPoint』でラストのアッキーさんの締めの前にやや長めに。しっかり時間を守ったのに、なんとアンコール(笑)。しかもアッキーさんが先導してるし(笑)。リクエストで「ハレルヤ」

 イベントとしては地味なものかも知れませんが、丁寧な、よい内容だったと思います。 
 そうそう、浜松のリリイさんの演奏を初めて聴くことができたのもよかったし、イケダケンイチの頑張ってる様子もうれしかったし、そして神戸の松濱正樹と出会えたのも大収穫でした。
 正樹とは同じ宿で飲み語らい、すっかり意気投合してしまいました。
 出会いは宝。皆さん本当にありがとうございました。

 写真1は左から、堅田の弾き語りシンガー(19歳!)のナナちゃん、オレ、大阪のシンガーイケダケンイチ。通称イケポン、『串ZO』での長丁場での音響ご苦労様でした。
 写真2はこのイベントの首謀者(笑)『South Point 』のマスター、アッキーさん。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-22 20:00 | Comments(0)
京都、一乗寺『喫茶のん』
f0075588_1213362.jpg

f0075588_1213378.jpg


 福井県敦賀出身、京都在住の紫苑ちゃん、京都のマンドリン弾き歌いヒデマンと出会ってもう10何年かな?
 この3人でライブをやろうと話したのは、一昨年秋の京都の靴屋さん『楽ちん』さんでのオレのライブを観に来てくれたヒデマンと紫苑ちゃんと、鴨川にかかる三条大橋の上で、3人でお酒を飲みながら、でした。
 第1回目は昨年3月『エル・ラティーノ』。紫苑ちゃんの二胡のレパートリー『望春風』にオレが日本語のオリジナルを書いて3人で演奏したのでした。
 今回のタイトル『秋は月夜に降りて来る』はヒデマンがつけてくれて、ライブ前夜に夜空の月を見て、短いテーマソングを書いてきてくれました。
 そのテーマソングを3人で演奏してライブはスタート。大好きな一乗寺『喫茶のん』。パパさんとママさんがお元気そうで、本当にうれしいです。
 ヒデマンのマンドリン弾き歌いのステージ。かれの人柄があらわれた、一生懸命だけど、ほのぼのとした、あたたかな雰囲気。
 紫苑ちゃん、立っての二胡演奏。これだけで、ぐんと演奏は変わるはず。第1、すごくかっこいいし。紫苑ちゃんはオレのアイドルですからね(笑)。でも本当にスキルアップした演奏を聴かせてもらえてうれしかったです。
 オレももちろん、しっかりと演奏させていただきましたよ。
 ラストはヒデマンのマンドリンと「彷徨う旅人」。そしてラストは3人で「何日君再来」。難しい歌ですが、できてよかったです。紫苑ちゃん、選曲ありがとうね。
 しかし、なんと言ってもヒデマン。舞台監督としても大活躍。打ち上げの仕切りは敏腕マネージャー(笑)。大感謝なのです。
 この3人でのライブ、次回は来年3月あたり?きっとまたやりたいです。

 写真1は『のん』の壁に貼っていただいた、紫苑ちゃん作の今回のフライヤー。紫苑ちゃん、デザインのスキルもアップしています。
 写真2は出演者、左からヒデマン、紫苑ちゃん、オレ。 
[PR]
by teradamachi | 2016-08-21 12:13 | Comments(2)
四日市『カリー河』
f0075588_120255.jpg

f0075588_120278.jpg


 筑田くんのお店、四日市の『カリー河』が10周年を目前に建物の取り壊し通告で、昨年4月に四日市市民会館前に移転、新たにオープンしていたのですが、ようやく歌わせてもらいに来ることができました。
 前の『河』の空間、生音の響きは奇跡のようにさえ思われましたが、新たな『河』の響きも、劣らず気持ちのよいものでした。
 今回は筑田くんとの再会、新『カリー河』への遅まきながらの開店御祝い、新たな「場」「空間」への音楽の奉納、と素直に、まっすぐに、そして実に気持ちよく演奏させていただきました。
筑田くんに、しっかり、じっくりライブを伝えることができたこと、とてもうれしかったです。
 そして、久しぶりの筑田くんのお料理の、本当に本当に美味しかったこと!『河』のカレーが美味しいのはもちろんですが、他のお料理も、実に美味しいのです。店主である筑田くんの、お人柄と生き方が、そのまま表れた味、と言ったらよいのでしょうか?
 思わずメニューを上げようかと思いましたが、内緒ナイショ(笑)。是非とも『カリー河』に御来店を!

 写真は『カリー河』の看板と、カウンターの中の筑田くん。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-20 01:20 | Comments(0)
愛知県春日市高蔵寺『花音』
f0075588_13212386.jpg

f0075588_13212370.jpg


 昨日は愛知県、高蔵寺の『花音』さん。たいぞうくん、るんちゃん御夫婦には毎回すっかりお世話になっています。
 今回はたいぞうくんのアイデアで、マイクを口元、楽器の前に立てるのではなく、遠隔に数本立てることで、空間感のあるサウンドを目指そうと、時間をかけてじっくりとサウンドチェックをしました。
 前に演奏してくれた女性二人での『マン・オブ・ザ・モメント』のサウンドには、このセッティングはぴったりでした。 
 が、せっかくなのですから、自分たちの選んだそのスタイルにもっと向き合い、自覚的になってほしいなあと思ってしまったのは、老婆心というやつでしょうか。
 それはさておき、この空間感あるサウンドはオレからも昨日の瞬間にしか生まれえないものを引き出してくれました。
 ちなみに、前夜の恵那でのライブを主催してくれた稲造くんが、恵那からかけつけてくれたので、前夜とは演奏曲がだぶらないよう選曲。それも個人的には楽しかったです(笑)。
 終わってからのたいぞうくんとるんちゃんとの時間。ありがたいオレの大切なファミリーと思わせていただいています。

 写真1は『花音』のるんちゃんが撮って下さったライブ中のオレ。るんちゃん、いつも美味しいごはんをありがとうございます。 
 写真2は『花音』のたいぞうくん、るんちゃん、1歳7ヶ月のりんちゃんとオレ。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-18 13:21 | Comments(2)
岐阜県恵那『ともばあ』
f0075588_1215546.jpg

f0075588_1215544.jpg

f0075588_12155487.jpg


 昨日は岐阜市から岐阜県恵那市へ。
 愛知県春日市高蔵寺の『花音』のたいぞうくんにはいつも本当にお世話になってますが、今回もたいぞうくんからいただいた御縁で、恵那のシンガー稲造くんの主催によるライブ。
 会場は音楽酒房『ともばあ』。稲造くんの同級生ともちゃんのお店。
 たいぞうくんもかけつけてくれて、お客さんも盛況。
 最初に稲造くんが熱い演奏をしてくれて、次の渋いイカぴー(猪飼)さんへ。
 そして稲造くんに御紹介いただき、オレのステージ。皆さん突如すごい集中力で向かってくれているのが伝わってきました。熱いアンコールまで、うれしかったです。
 打ち上げもとても楽しく、去りがたかったですが、たいぞうくんに運転してもらって、高蔵寺まで帰らねばなりませぬ。
 皆さん全員でクルマの出発をお見送りいただいて、感激でした。恵那のみんな、なんていいやつなんだ!

 写真1は稲造くんが作ってくれた今回のフライヤー。
 写真2は左から、いかぴー(猪飼)さん、オレ、稲造くん。
 写真3は『ともばあ』のともちゃんも入って。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-17 12:15 | Comments(0)
岐阜『ワーキン』
f0075588_1484211.jpg

f0075588_1484237.jpg

f0075588_1484252.jpg


 こんなお盆真っ只中にありがとうございます。
 名古屋よりはずいぶん涼しく感じる岐阜でのライブは、タケちゃんのお店『ワーキン』。
 来られる予定の方々のキャンセルがあったゆえに、オレとしては、かねてから試してみたかった『ワーキン』での生音ライブが実現。
 マスターであるタケちゃんが感動してくれたこのライブ!だからライブはやめられません。今、現在の寺田町の実力をさらに掘り下げることができたライブとなりました。うれしい、ありがたい!
 アンコールのリクエストは23年来の寺田町サポーター、太一ちゃんからのナイスなリクエスト「スクラッチノイズのすき間から」。
 そこからの時間のまた贅沢だったこと。こうして生きて、歌い、演奏できることの、なんとありがたく、しあわせなことでしょう!

 写真1は『ワーキン』の行灯。
 写真2はカウンターの『ワーキン』マスターのタケちゃん。ちょっとかっこいい(笑)。
 そして写真3は『ワーキン』ライブ恒例。ワーキンのタケちゃん(左)とワーキンでの寺田町ライブのきっかけを作ってくれた、23年来の寺田町サポーターの太一ちゃん
の「兄弟」写真(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-16 01:48 | Comments(0)
名古屋、錦『石花hanare 』
f0075588_1453833.jpg


 昨日は浜松から名古屋へ。
 「今日は涼しくていいな」と思っていたら、名古屋へ着くと強烈な蒸し暑さ。名古屋の夏はこうなんだよなあ。

 ライブは錦のショージくんの『Bar Roots 』チェーンの6店舗目『石花hanare 』にて。
 思えばショージくんのお店でライブをさせてもらうようになって丸10年経つのでした。
 ショージくんのお店でのライブの名物(笑)はショージくんのリクエストメモ「ショージメモ」。
 昨日もその「ショージメモ」からの曲を中心にやらせていただきました。
 お客さんはオレのライブ初めての方がけっこういらっしゃいましたが、とてもいい雰囲気でアンコールまで。
 『石花hanare 』のおばんざい、とても美味しくて、終わってからも楽しい時間をいただきました。
 ショージくん、丸10年を越えて、まだまだこれからもよろしくお願いします。

 写真は左から『石花hanare 』のコータ、オレ、ショージくん。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-15 14:05 | Comments(0)
浜松「シネマ・ヴァリエテ袴田浩之企画」@ ZOOT HORN ROLLO
f0075588_14371115.jpg


 浜松の映像作家、はっちゃんこと袴田浩之くんのおかげで、すっかり毎年恒例となりましたこの企画。
 今年は久しぶりの、はっちゃんの新作上映、すべりこみ完成の(笑)稲垣大作さんの新作も。
 機会のトラブルで上映できるのか、本番始まってからも危ぶまれましたが、オレのステージ(好評でした!)、静岡の西村比呂行さんのドラムソロ(素晴らしい演奏でした!)のあと、無事に上映敢行。
 稲垣さんの新作はちょっとずるいなあ(笑)とも思いましたが、オレはこの人の作品のファンなので、やっぱりうれしく観てしまいました。
 久しぶりのはっちゃんの新作は新境地かな?「次回作が観たい!」と思ってしまたのは、はっちゃんもずるいのかな(笑)。
 最後に西村さんとオレのセッションをやりましたが、西村さん、ソロであれだけやれたのに、ちょっと残念。またの機会がもてたら是非リベンジを!
 さーて、袴田企画は打ち上げも込みで遠足です(笑)。一次会は人が多すぎて(ありがたいことですが)じっくり話ができなかったので、精鋭部隊での(笑)二次会でリベンジ(笑)。いやぁ、楽しかったです。
 はっちゃん、今年もありがとう。松井くん、藪下くん、モンブラン松ちゃん、ボランティアスタッフをありがとうございました。

※写真を撮るのをすっかり忘れていました。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-14 14:37 | Comments(0)
思いがけず
f0075588_1355951.jpg


 本日よりソロツアー。
 浜松へと向かう列車で元『レインマン』のダイスケと奥さんのかおりちゃんと、もうすぐ4歳の月菜ちゃんとばったり!
 富士宮の御実家へお盆の里帰りとのこと。
 ダイスケは新たなバンド『otherghat 』を始動したところ。1年2ヶ月ぶりのうれしい再会。これはいい旅になりそう。
[PR]
by teradamachi | 2016-08-13 13:55 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...