Top
<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
岐阜県関『ギターマン』
f0075588_17463383.jpg

f0075588_17463349.jpg

f0075588_17463395.jpg


 昨日は雨の予報でしたが、幸い降らずに「ライブ晴れ男」健在(笑)。
 今回のツアー最終日は再びソロでのライブ。1年ぶりの岐阜県関『ギターマン』。
 この『ギターマン』の主人(あるじ)でギタリストの青木雅芳くんを紹介してくれたのは、12年くらい前からオレを聴いてくれている、あこ(荘加亜希)ちゃん。
 今回はそのあこちゃんの朗読と青木くんのギタリラの演奏によるユニット『梅弦』でのオープニングアクト。
 あこちゃんとは長いおつきあいですが、近年始めたとお聞きしていたこのパフォーマンス。期待以上にとてもよかったです。谷川俊太郎、中原中也などの名詩に新たな息吹きを与えていました。終わってから、あこちゃんに「今度は中也の『玩具』をやってよ。」とリクエストまでしてしまいました。
 昨年もでしたが、青木くん、音響にもとても心をくだいてくれて、3本のマイクを使って、自然の音の響きを作ってくれました。
 おかげさまで、盛況の雰囲気のよいお客さんと共に、素敵に歌、音が紡がれました。2回のアンコールも、とてもうれしかったです。
 終演後も店内には、よい雰囲気がしっかり残って、去りがたく、楽しい時間を過ごさせていただきました。青木くん、あこちゃん、皆さん、本当にありがとうございました。
 
 写真1は『ギターマン』店内の様子。螺澤智子さん撮影。 
 写真2は左から青木くん、あこちゃん、オレ。
 写真3は終演後、お店に飾ってあった古いギター(ペンキが塗られてました)を弾くオレと、その味わいある音色を楽しむ螺澤智子さん(ともちゃん)。ちなみに、ともちゃんは今回のツアーは3回もお越し下さいました。スペシャルサンクスであります。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-26 17:46 | Comments(2)
三重県松阪『サライ』
f0075588_1341254.jpg

f0075588_1341268.jpg


 昨日はピアノの石田幹雄とのツアー最終日。三重県松阪の『サライ』。幹雄は松阪は初めて。

 『サライ』は音響の設定を自分たちでしなければならないので、ちょっと心配だったのですが、幹雄と相談しながら、ちょっと工夫したら、おーっ、よいではないか!オレたちの目指す、限りなく生音に近い響き。

 そうしての本番。
 いやあ、実に実に気持ちのよいサウンド。幹雄のピアノ、オレのギター、声が溶け合って、響き合って、あとからあとから、自由な音が紡がれてゆきます。
 演奏しながら、本当に音楽をやっていてよかったなあ、オレはしあわせだなあ、とつくづく実感していました。
 二人でのツアー最終日にふさわしい、ありがたい夜。皆さん、本当にありがとうございました!
 打ち上げで作っていただいた料理はアヒージョ。美味しかったなあ。ごちそうさまでした。

 写真1は皆さんとの記念撮影。
 写真2はマスターの渥美さんとオレのツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-25 13:04 | Comments(0)
名古屋今池『得三』
f0075588_1533834.jpg

f0075588_1533898.jpg

f0075588_1533832.jpg


 ピアノの石田幹雄とのツアー3日目は真夏日となった名古屋今池の名店『得三』。
 今回ジョイントをお願いしたのは、昨年6月にお母さんになった名古屋の歌姫、山口沙織ちゃん。
 沙織ちゃんとは『まりも』『砂の女と箱男』で何度も御一緒しましたが、今回はギターに清野拓巳さん、ベースに石垣篤友さんという達人お二人とのユニットで新たな世界を見せてくれました。

 石田幹雄とオレです。
 『得三』の音響担当の河野くん幹雄とオレでやろうとしているサウンドをよく理解してくれていて、さまざまなアプローチ、挑戦を試みてもらえるのが、とてもうれしかったです。
 ただオレは、ライブ始めに、何かをつかみ損ねて、3曲目でバランスを崩してしまいました。
 深くもぐってしまった深海から水面にきらきらと光る道しるべのような幹雄の音をたよりに、しばらくもがいてもがいて、ようやく泳ぎ、やがて羽ばたくことができました。まだまだ修行が足りませんね。皆さん、これからもよろしくお願いします。アンコールまでありがとうございました。

 写真1と2は螺澤智子さんに送っていただきました。いつも本当に本当にありがとうございます!
 写真3は息子の湊真(そうま)くんを抱っこした山口沙織ちゃんと。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-24 15:33 | Comments(2)
愛知県豊橋『coty 』
f0075588_1433338.jpg

f0075588_143333.jpg


 ピアノの石田幹雄とのツアー2日目の昨日は、福井県三国港から愛知県豊橋まで長距離移動。
 『coty 』はいいお店なのですが、構造的に音響の具合が難しくて、昨年のライブは正面のお客さんに歌が聴こえにくかったとのことで、オレとしても作戦を考えてきました。 
 いつも主催者的にお世話になっている豊橋の老舗ジャズ喫茶『グロッタ』のマスター小林ひろみさんの指令で(笑)『イーストオレンジ』のタカオくんも来てくれて、幹雄と3人で相談しながらサウンドチェック。ちょっと時間はかかりましたが、これならいけるでしょう!というかたちにもっていけました。タカオくんに大感謝です。(幹雄が「タカオさんの真剣な顔を初めて見ましたと」・笑)
 ありがたいことに盛況なお客さん。昨日も素晴らしい幹雄の演奏に皆さん大よろこび。もちろんオレも気持ちよく歌わせていただきました。
 熱い2回のアンコールをいただき、終演。
 打ち上げは、昨年秋に移転した『イーストオレンジ』で。(coty の超近所!)今回も皆さん本当にありがとうございました。

 写真は、長崎出身のマイマイちゃん撮影。学生時代、長崎『Motion 』の槙くんのお手伝いをしてくれていたマイマイ。卒業して東京でお仕事していたのですが、3年前から豊川に来ていたそうで、うれしい再会でした。 
[PR]
by teradamachi | 2016-05-23 14:33 | Comments(2)
福井県三国港『ハウスアムメーア』
f0075588_1665465.jpg

f0075588_1665456.jpg

f0075588_166559.jpg


 今年も麦秋の福井県にやってまいりました。
 20日に名古屋から福井まで高速バスで。福井駅から、えちぜん鉄道で三国港へ。
 1年ぶり『ハウスアムメーア』の森岡千代子さんと再会。
 毎年こうして三国港駅にお迎えいただいていますが、毎年「あっという間の1年ですね」と言い合ってます。
 でも、こうしてお互い元気で再会できることの、なんとありがたいことでしょう。
 恒例の三国港の海が見える温泉に入らせていただき、『ハウスアムメーア』のレストラン『砂や』の一郎さんと寺ちゃんの素晴らしく美味しい料理をごちそうに。
 その後、越前市から駆けつけて下さった宇野雅之さんと前夜祭も恒例。

 そして明けて昨日。午後、ピアノの石田幹雄も到着。
 今年は久しぶりに宇野さんがオープニングアクトをつとめて下さいました。
 今年の宇野バンドは、ドラムに『ハウスアムメーア』のパパさん森岡雅男さん、そして宇野さんとは長年のおつきあいのお二人。ギターの藤吉さん、ベースの明石さん。このお二人、達人でした。宇野さんのシャウトも久しぶりに聴けました。幹雄が音響をやってくれたのもよかったです。
 そして石田幹雄のピアノは昨日も素晴らしかったです。
 そしてそして『砂や』さんの美味しい料理でのありがたい打ち上げ。本当に毎年ありがとうございます! 
[PR]
by teradamachi | 2016-05-22 16:06 | Comments(0)
名古屋港『猫と窓ガラス』
f0075588_15292553.jpg

f0075588_15292614.jpg

f0075588_15292660.jpg


 昨日からツアー。
 5月の本当にさわやかな風に吹かれながらの旅立ちはとてもうれしい気持ち。
 名古屋港の『猫と窓ガラス』。主人(あるじ)の広田くんと出会ったのはいつ?と思って調べてみたら2009年の11月でありました。
 広田くんのお店としては『シュガーケイン』『リフラフ』『夜空に星のあるように』と色々なかたちのお店でやらせてもらってきたのです。
 今回はその広田くんとのおつきあいの中では初めてのオープニングアクト付きのライブ。
 本人いわく、豊田の山奥で『月結』を営むビスコちゃんは、とてもチャーミングな女性でした。
 その人柄がすーっと伝わる歌声。途中から五味くんのギターが加わりましたが、彼女自身のギターも、とても丁寧ないい演奏でした。
 今回の猫窓も満員盛況で、いつもながらありがたかったです。
 リクエストもたくさんいただけて、アンコールは今月めでたく御結婚の広田くん自身からのリクエストで「ハレルヤ」。広田くんおめでとう!
 11月8日にヴァイオリンの礒部舞子ちゃんと『猫と窓ガラス』でやらせていただきますが、その時にはきっと素敵な広田くんの奥さんにお会いできることでしょう。楽しみです。

 写真1は『猫と窓ガラス』入口の黒板。いつもいっぱい応援して下さっている螺澤智子さん撮影。本当にいつもありがとうございます!
 写真2は歌姫ビスコちゃんとギターの五味くんと一緒に。
 写真3は『猫と窓ガラス』の主人、広田くん。何かきっとバカなことをするだろうと思ったら、やっぱり(笑)。免許証の写真をイメージしたそうです。本当におかしなやつです(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-20 15:29 | Comments(2)
東京、阿佐ヶ谷『ハーネス』
f0075588_23221147.jpg


 33年来のつきあいのシンガーソングライター、鎌田ひろゆきのお店『ハーネス』でヴァイオリンの礒部舞子ちゃんとのデュオ。
 先月『ホメリ』でやってるのに「なんだか久しぶりの感じだねえ!」と言い合う。こういう共感を持てる共演者がいてくれるのは、しあわせなことです、本当に。 
 サンジャックの平林知己さんのおかげで共演を始めさせていただけた、このコンビ。
 ここにきて、さらにさらにおもしろくなってます。もっともっと一緒にライブしたい!音楽の自由さに乾杯の夜。素晴らしいお客さんにスペシャルな感謝!
[PR]
by teradamachi | 2016-05-15 23:22 | Comments(0)
東京、下北沢『アポロ』
f0075588_23413139.jpg


 下北沢『アポロ』。コウタローさんが頑張ってやって下さっているお店で天才ピアニスト石田幹雄とのデュオ。
 前回の二人での『アポロ』ライブのリハーサル、幹雄の発案で、生音でやることにしましたが(アポロの響きは素晴らしいのです)今回も迷わず生音で。
 幹雄と一緒に演奏し始めて12年。進化と深化の留まることを知らないこの天才であり、音楽の求道者からは学ばされっぱなしです。今日も新たな煌めきを感じさせてもらえたライブとなりました。今月の二人でのツアーが楽しみです。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-07 23:41 | Comments(0)
小田原鴨宮『きらきら食堂』
f0075588_15595937.jpg

f0075588_15595921.jpg

f0075588_15595973.jpg


 11年前の『ジーズキャフェ』のジョージさんとの出逢いのおかげで、まるで自分のホームタウンのような存在になった鴨宮の町。
 『きらきら食堂』は、その『ジーズキャフェ』のライブでの音響をメインでつとめてくれているアタルのサブとして、ある時期から登場した、がんちゃんこと岩谷朋美ちゃんが一昨年の秋にオープンしたお店なのです。
 ありがたいことに、がんちゃんからオレのライブを、とうれしいお言葉をいただき今回のライブが実現しました。
 そして、この話を取り持ってくれたのが、鴨宮在住のオレの愛弟子、矢沢ウエイチ。このオトコとの出逢いも『ジーズキャフェ』を通じてなのであります。
 という具合に縁の深い鴨宮での、新たなライブ。
 盛況なお客さん、そして、店主がんちゃんが頑張って下さっているおかげでの、あたたかな雰囲気、美味しい料理とお酒!
 オープニングアクトをつとめてくれた、、わが愛弟子の矢沢ウエイチは、師匠としては、ややはらはらしましたが(笑)頑張ってくれました。こいつはもっともっとよくなるはずなので、皆さんよろしくお願いします。
 そうそう、この『きらきら食堂』でのライブは生音なのですが、いやいや、素晴らしい響きでした。
 実は今回のライブでオレは、ギターの低音部の弦を、永いこと使っていた弦から(むしろオーソドックスなものに)実験的に変えてみたのですが、どうもこれもよい結果を生んでくれたようなのです。 
 とにかく、素晴らしい空間に、素晴らしいお客さん(当サイト管理人ホンダくんも駆けつけてくれました!)。実に実に、ありがたい鴨宮の夜でありました。
 あ、もちろん『きらきら食堂』のお料理、とっても美味しいですよ。

 写真1はライブ中のオレ。
 写真2は『きらきら食堂』女将がんちゃんを真ん中に、ウエイチとオレ。がんちゃんが持っているのはケースに入ったウエイチのギターバンジョー。
 写真3はおまけ。リハーサル後にウエイチのギターバンジョーを弾いているオレ。
[PR]
by teradamachi | 2016-05-07 15:59 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...