Top
<   2016年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
九州ツアー最終日、宮崎『ストロボマンボ』
f0075588_16535477.jpg

f0075588_16535499.jpg


 昨日も晴天。暑いくらい。鹿児島から宮崎へ高速バスではなく、初めて在来線で。景色が素晴らしい。
 今回もマボさんの『ストロボマンボ』でのライブ。
 昨日は、前回オープニングアクトをやって下さった皆さんのイベントと日が重なってしまい、あいにくではありましたが、ありがたいコアなお客さん達のおかげで、いい雰囲気のライブをさせていただきました。ストロボマンボの空間がオレはとてもしっくりくるのです。
 終わって、昨年秋に都城でのライブを手伝って下さった、さとみちゃんと葉子さんと近所の『塚田農場』へ。
 宮崎発で全国展開の居酒屋チェーン。チェーン店は基本的にキライなオレですが、ここは丁寧に美味しいものを出してくれて、スタッフの皆さんもとても感じがよかったです。
 おかげさまで今回のツアー最終日、ふんわりと楽しく締めくくらせていただきました。

 写真1は『ストロボマンボ』マボさんとのツーショット。
 写真2は『塚田農場』のサービスデザートに、お店の女の子がチョコレートで、こんなうれしいメッセージを。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-29 16:53 | Comments(0)
鹿児島 天文館『ISSO』
f0075588_16425730.jpg

f0075588_16425714.jpg


 昨日は熊本から高速バスで鹿児島天文館へ。
 『ISSO』の大ちゃん(寺田大二郎くん)達に会えると思うと、バスの中から楽しみで、アタマの中で「だれやめ」「だれやめ」とコダマします(笑)。
 前回、昨年秋の鹿児島ライブは大ちゃんプロデュースで『コーナーポケット』でのライブだったので『ISSO』でのライブは1年ぶり。
 『ISSO』ライブでは毎回クボタトモヒロくんがオープニングアクトをしてくれます。
 ウォームアップをしていると大ちゃんの相棒ギタリスト田原さんも到着。四人で、いつものお店に行き乾杯。鹿児島名物に舌鼓。既にこの段階から盛り上がる大ちゃん(笑)。

 今回から生音でのライブしようということで、これはクボタくんにもよい経験ではないかと。
 クボタくんは一昨年秋の初対面の時から素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが、1年ぶりの彼は、さらにすごいミュージシャンとして成長していました。今年26歳になるクボタくんのこれからがますます楽しみです。
 昨日のライブは鹿児島にしてはお客さん少な目でしたが、実に上質のお客さん。いいものを気持ちよくやらせていただきました。
 当然、打ち上げも無茶苦茶楽しく、最後は大ちゃんと『コーナーポケット』へ。飲んだ飲んだ(笑)。鹿児島天文館大好きです。

 写真1は『ISSO』へ上がる階段の踊り場の『ISSO』絵。
 写真2はクボタトモヒロくん(左)と『ISSO』の大ちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-28 16:42 | Comments(0)
熊本『RUDE BAR』
f0075588_1562762.jpg

f0075588_1562732.jpg


 熊本でのライブは、その最初の14年前から藤本ちゃんにセッティングしていただいてます。
 今回は村本大さんのお店『RUDE BAR』でのコビィ(媚山香織)の「聖誕祭」にゲストとしての出演。音響担当はもちろん藤本ちゃんで安心。
 コビィの誕生日(2月27日)をお祝いにお集まりいただいたお顔には、オレには初めての方、そして久しぶりの方、そしてお馴染みの方でいい雰囲気。
 まずはジャンベ講師でもある大さんの生徒さんたちによる初々しい演奏で場が温まります。
 そして主人公コビィのライブ。
 10年ほど前、コビィが歌い始めたとき(それはギターを弾き始めたときでもあります)からオレは見させてもらってますが、その年々の成長を目の当たりさせてもらえるのは、とても楽しいことでありました。
 そのコビィ、昨年は飛躍的な進化を遂げました。今回はそれがさらに深まり、ああ、人間ってこんなによくなれるのだなあ、とオレ自身への励みともなります。アルトサックスの葉山さんとの演奏もよかったです。
 そんな後に、オレもありがたく、うれしく演奏させていただきました。お客さんの反応がまた素晴らしかったです。
 熱いアンコール。コビィからのリクエストで「Good-bye」。
 終わって大さんから「うちでもワンマンでやってよ!」とありがたいお言葉。
 締めコビィと仲間達のセッションでコビィの誕生日へとめでたく日付が変わりました。
 コビィ、おめでとう!よい日に歌わせてくれてありがとう!
 やっぱり熊本はいいなあ。

 写真1はコビィ。
 写真2はコビィと藤本ちゃん。藤本ちゃん、いつも本当にありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2016-02-27 15:06 | Comments(0)
写真!『Punched Birth』ライブ
f0075588_14133228.jpg

f0075588_14133287.jpg

f0075588_14133264.jpg


 前日のブログに書かせていただいた、小倉の川中くんから『Punched Birth』での写真が届きました。
 川中くん、ありがとうございます!
 写真1は佐野マサルくんとオレのセッション。
 写真2は川中くんとのツーショット。
 写真3は左から『Punched Birth』の大久保ヒロシくん、川中くん、隠れてますが『Punched Birth』ののりちゃん、オレ。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-26 14:13 | Comments(0)
佐賀『Punched Birth』
f0075588_18464875.jpg

f0075588_18464865.jpg


 昨日は福岡から佐賀へ。天気晴朗なれど風強く冷たし。だけどもホテルにお迎えいただいた『Punched Birth』の大久保ヒロシくんの笑顔に心は温まります。
 もともと『Punched Birth』のヒロシくんとのりちゃんにオレを紹介してくれたのは、小倉でずっとオレのライブの世話人をしてくれている川中正樹くん。
 でも川中くん自身は『Punched Birth』に来たことがなかったのを、今回オレのライブに合わせてお休みをとって、わざわざ小倉から来てくれました。2年ぶりの再会がうれしい!
 今回は盛りだくさんのライブで、のりちゃんの素敵な歌&ダンスがいかした『ThePunched BirthWithのりっしー』今回はスペシャルメンバーで。
 そして『Punched Birth』初登場という24歳のシンガー&ソングライター徳久望くん。この人はすごいです。すごい演奏力の高さ。でもそれは誰の真似でもないオリジナリティーに溢れています。最後の曲で『雷神』のウッシーさんのドラムとのデュオも素晴らしかったです。どんどんライブをやっていってほしいです。
 そして『Punched Birth』のアイドル(笑)矢次まさみちゃんも佐野マサルくんのギター、ムッシュ山本のベース、ウッシーさんのドラムでのスペシャルメンバーで。まちゃみボーカルの実力上げてます。
 そして『佐賀ミュージックフェスティバル』SMFを立ち上げた男、佐野マサル。いつもの『佐野マサル&ムッシュ山本』に加えてウッシーさんも入ってのトリオはさすがの演奏。ウッシーさんのドラム初めて聴いたのですが、実にかっこよかったです。
 こんなありがたいセッティングしていただけたのですから、オレからのお返しは全身全霊での演奏。マサルくんとムッシュとのセッションも楽しかったです。
 アンコールのアンコールは川中くんからのリクエストで「チンピラ」。川中くん、ありがとう。

 そして打ち上げは『Punched Birth』ファミリーの愛に溢れた、本当に楽しい時間でした。
 そうだ!今年も佐賀ミュージックフェスティバル、やってくれますよ!11月3、4、5日。オレは3日に出演が決まりました。皆さんよろしくお願いします!
 
 写真1は今回作っていただいたポスター。
 写真2は今回作っていただいたTシャツ。『Punched Birth』のライブでは毎回Tシャツを作っていただいてますが、今回は初めての、のりちゃんデザイン。ヒロシくんとはまた全然違うのがおもしろいです。毎回本当にありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2016-02-25 18:46 | Comments(0)
アジプレゼンツ福岡 赤坂『ドリームボート』
f0075588_14393156.jpg

f0075588_14393198.jpg


 アジと出会って何年経つのか?と思って調べてみたら(笑)今年で11年。
 アジには博多での「寺田町ライブ」を数々主催してもらってきました。
 昨年秋のオレの九州ツアー中はアジが福岡にいなかったので、1年ぶりの再会。
 今回、アジが会場に選んでくれたのは赤坂の『ドリームボート』。
 オレは『ドリームボート』には、かつて九州ツアーのたびごとに出演していましたが、今の場所に移転してから来るのは初めて。移転して今年で6年。
 現在の『ドリームボート』は簑原淳平さんから2年前に藤木さんにバトンタッチ。藤木さんは以前、西中洲で『テュペロ』というお店をやっていて、やはりアジの企画でオレも一回出演したことがあります。

 さて、今回のアジ企画。トップは、アジとアジの大学の同級生だったという林タダシのコンビ『ハヤシトナカオ』(アジの本名は中尾良雄)。
 林くんと会うのは初めてでしたが、グレッチのセミアコを弾いて歌うスタイル。なかなかにおもしろいミュージシャンです。
 しかし、何と言ってもオレは、久しぶりにアジのジャンベが聴けたのがうれしかったです。うまく言えないけれど、アジはオレにとって、とても大切な仲間の一人なのです。
 そして水崎ケンジさん。ギタリスト西山のりひこくんが忙しくて参加できないということで、いつもの『トムさんズ』ではなく『トムくろーず』。ギタリストに東ケンスケ。カホンはいつものトモナリ。
 ケンジさん、何だかいつもにましておもしろかったたっぷりとやってくれました(笑)。

 現在の『ドリームボート』にも前のお店のパーツがたくさん使ってあって、オレには懐かしく、そしてアジのおかげでの新たな再会に、オレもうれしく演奏させていただきました。
 アンコールのリクエスト合戦(笑)も、歌の紡ぎ手として実に光栄なことでありました。
 そしてアジとケンジさんがいたら打ち上げは楽しいに決まってますね。以下省略(笑)。皆さん、ありがとうございました!

 写真1は演奏中のアジ(奥)と林タダシ。
 写真2は、打ち上げにて水崎ケンジさん(左)とアジ。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-24 14:39 | Comments(0)
福岡 赤坂『うらのす』
f0075588_1415882.jpg


 素晴らしい晴天。
 大分国東からみたび福岡天神へと向かう高速バスからの景色は贅沢に美しかったです。
 天神に着くと、またまたの冷え込み。
 ライブ会場は、警固の『月(げつ)』のお手伝いスタッフでもありましたヒロシくんが昨年、『月』の近くに開いたカフェ、バー『うらのす』。(てっきり『うらのす』も警固なのかと思ったら、住所は赤坂でした)。
 昨年秋の『月』のライブの後、ヒロシくんに「よかったらここでもライブをしませんか?」と連れて行ってもらったその空間。オレは思わずギターを取り出して音の響きをチェックして、その素晴らしさに「是非、ここでライブやらせて下さい!」とお願いしたのでした。
 そうそう、日曜日のこの日にライブを設定したのは、大好きな立呑屋『けご2の14』の定休日で、ママさんに来ていただけるからなのでした。(ママさんは親不孝通りのホーム、春吉のワールドパーティーでのオレのライブにお越し下さっています)
 もともと、その『けご2の14』と『月』にオレを紹介して下さったのが、オレの九州ツアーの初めから、オレのことを応援して下さっている、野中容子さんであり、イマヤンであり、『けご2の14』で出会えた常連さんの案浦さんが、僕のライブに通って下さるようになったのも、ありがたい繋がりで、『うらのす』にこの方々が集まって下さったのは、オレにはとても贅沢にありがたいことでありました。
 そして、ヒロシくんの『うらのす』だからこそ、新たなお客さんたちと出会えたありがたさ。
 『うらのす』の生音の響きの素晴らしさに、オレのギターも、声も、大喜び。これぞ寺田町、だったのでは。
 皆さんに、心より、感謝を込めて。
 写真は『うらのす』のヒロシくん(左)とツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-22 01:41 | Comments(3)
大分『国東魂ロックフェス番外編 裏魂〜音呑酒場』
f0075588_15395535.jpg

f0075588_153955100.jpg

f0075588_15395527.jpg


 昨日は福岡天神から高速バスを別府で乗り継いではるばる大分国東へと。
 「国東」は「くにさき」と読みますが、まず読めませんね(笑)。
 今回知った国東の近くの「日出」という地名は「ひじ」と読むのもびっくり。海辺の素晴らしく景色のよいところです。

 昨年6月の『国東魂ロックフェス』以来の国東だけど、カワタを始めとしたチーム国東魂のみんなとは秋の別府でのライブでお会いしているので、激しく久しぶりでもないのですね。
 国東魂ロックフェスの番外編としてのこのイベントの会場は古民家を改装した市営のフリースペース『TSURUGAWAコーナ』。たしか今回で3回目(?)よんでもらえただけで無茶苦茶うれしいのです。
 国東は本当にいいところだし、チーム国東魂の連中は最高ですから。
 午後4時半からの開演の『音呑酒場』。最後の出番のオレの演奏の頃には皆さんの酔っぱらい度もすごかったですが(笑)盛り上がり度もすごかったです。
 皆さん楽しいステージでしたが、今回は何と言ってもガットギターに持ち換えたカワタの成長ぶりが、オレにはとてもうれしかったです。これからがますます楽しみです。
 そして国東魂、恒例の打ち上げももちろん盛り上がり今回もチーム国東魂のみんなに心から感謝なのです。
 写真1と2は御覧の通り。
 写真3は、明けて本日、大分空港から高速バスに乗るオレをクルマで送ってくれたカワタ。本当にいいやつです。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-21 15:39 | Comments(2)
福岡天神、夕べのその後
f0075588_13561213.jpg


 福岡のライブに、お忙しい中、必ず顔出して下さる福嶋『会長』。本当に毎回ありがたいのです。
 昨日は別会場で『シャーベッツ』のライブだったので、会長はそちらへ行かなければならない中、夕方『プレアデス』までわざわざオレに会いに来て下さいました。本当に頭が下がります。
 ライブ後、親不孝通りの『Bassic』(ヒートウェイブのベーシスト渡辺圭一さんのお店)でシャーベッツの打ち上げに合流。(浅井くんに初めてお会いしました)
 その後、会長に誘われ、上の隠れ家的な居酒屋へ。
 この14年来、1年に最低2回はオレのライブを観て下さっている会長。常々オレのことを「お前は本当に『琵琶法師』やな。お前の言葉は本当にしみるな」と言って下さっているのですが、昨日はさらに「お前の歌は年々深みを増しちょるな。オレらの年代にはたまらんのよ」との、ありがたくうれしい御言葉。さらに精進させていただきます。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-20 13:56 | Comments(0)
福岡天神渡辺通り『プレアデス』
f0075588_0253189.jpg

f0075588_0253119.jpg


 さて、再び福岡へとやって来ました。
 天神渡辺通りの『プレアデス』の諸江さんとのおつきあいも今年で14年。
 今回も諸江さんにセッティングをお任せしました。諸江さんいわく「(プレアデスでの寺田町ライブとしては)初の寺ちゃんとは無関係のメンツだけでの組み合わせ」。 
 若手、長崎から中原智志くん。やはり若手、福岡のyoukoちゃん(ユウコかと思ったらヨーコだそうです)
 そして中堅(?)アマカワユウスケくん。
 ステージ袖の控えスペースで聴かせていただきながら、プレアデスとのおつきあいの14年のさまざまなことを思い出していました。
 そんなこともあってか、最近には珍しく、前半少し力んでしまったかな、と反省。まだまだ修行が足りませんね。アンコール、うれしかったです。諸江さん、秋にはまた、よろしくお願いします。

 写真1は終演後のプレアデスのステージ。
 写真2は、今回出演オファーがあったのに、ゆえあって出演できなかったけど、お客さんとして駆けつけてくれた『HEADGEHOG』のモリサキとのツーショット。モリサキは「ゆえあって」お酒も飲めず残念(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2016-02-20 00:25 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...