Top
<   2015年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2015年大晦日
f0075588_21302466.jpg


 今年も1年、本当にありがとうございました。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-31 21:30 | Comments(0)
2015年ライブ納め@新井薬師 Roxette Cafe本間章浩企画!
f0075588_23463095.jpg


 さて、本年のライブ納めは、全身全霊全力ミュージシャン本間章浩くん主催、新井薬師 Roxette Cafeにおいて「年末Roxette Cafeアコ祭り 2days」の2日目によんでいただきました。
 一昨年、出会って間もない本間くんによんでいただいたこの企画。昨年はスケジュールが合わなくて出られませんでしたが、今年は無事出演させていただけました。
 Roxette Cafeは5月に、やはり本間くんの企画として出演して以来。マスターのコーちゃんが笑顔で迎えてくれました。カウンターのいつものオレの指定席(笑)に座らせていただきます。
 このお店とコーちゃんには初めての時からすーっとなじませてもらったなあ、と思い出しながら。
 ありがたくお酒をいただきながら、
本間章浩、Kuma、吉村祐二郎、秀市、佐伯憲陽、智之助、という面々の気合いの入った演奏を聴かせていただきました。
 オレもうれしく、ありがたいかけ声をいただきながら、気持ちよく演奏させていただきました。アンコールまで、うれしいなあ。
 キャバレヲン55はマスターのコーちゃんがギターを弾くのですが「この本間オリンピックライブのトリは寺田町さんで、僕らはおまけですから」なんて言いながら、キャバレヲンさんとお二人でナイスなライブをやってくれました。
 最後は本間くんもギターで参加。ギタリスト本間章浩の本領発揮。かっこいい。
 とてもよいライブの余韻に浸りつつ、出演者の皆さんとのお話、もっとしたかったけど、鎌倉への帰り道。ありがたいライブ納めとなりました。

 写真は、わざわざ階段を降りてお店の外まで見送ってくれた本間くん。本当に律儀で人情に厚い人なのです。本当にありがとうございました。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-27 23:46 | Comments(0)
京都、一乗寺『喫茶のん』酔いどれ達のクリスマス
f0075588_15132322.jpg

f0075588_15132313.jpg


 昨日は和歌山から京都へ。鴨川の風景はやはりいいですね。
 1年ぶりの一乗寺の老舗喫茶『のん』。
 京都のシンガー砂布均と出会って13年。砂ちゃんとのジョイントライブ『酔いどれ達の夜』は今回で27回目(砂布均発表)。すごい。
 今年も『のん』のパパさんママさんのお顔が見られてよかったです。
 そしてうれしいお客さんの皆さん。リラックスしたいい雰囲気。砂ちゃんのの和気あいあいとしたステージの途中で到着した紫苑ちゃんが「今日ライブだよね?」と聞いたのは傑作でした。
 そんな砂ちゃんのライブ、めちゃくちゃ面白かったです。岡本おさみさん追悼の超メドレーは『人間ジュークボックス』の異名を持つ砂布均の面目躍如。さすがでした。
 オレも、愛用のギターと共に『のん』の空間と溶け合って、実に気持ちよく演奏させていただきました。「サンタは来ないけど」は来年のクリスマスシーズンまで歌い納め。ジミー矢島さんの素敵なメロディーに感謝です。
 アンコールはヒデマン部長(笑)からの指令で、砂ちゃんとのセッション。砂ちゃん、また腕を上げたね。楽しかったよ。
 打ち上げは聖護院山王町『エル・ラティーノ』へ場所を移して。今年3月にやった、ここでのヒデマンと紫苑ちゃんとのライブも楽しかったなあ。先日超ちょっと入院されたというマスターの川端さん、とてもお元気そうで安心しました。ラティーノのお料理は美味しいなあ。ワインも美味。素敵な仲間と京都で。ありがたいクリスマスでありました。皆さんに感謝です。

 写真1は砂布均。年々怪しさを増してます(笑)。
 写真2は『エル・ラティーノ』での打ち上げで、かわいい紫苑ちゃんとツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-26 15:13 | Comments(0)
和歌山『Brute』男達のクリスマスイブ
f0075588_1522810.jpg

f0075588_1522883.jpg


 昨日は雨上がりの気持ちのよい空気の、なんだか春先のような陽気でしたね。
 大阪から和歌山へ。
 『Brute』西川くんの発案で始まった『男達のクリスマスイブ』も(たぶん)7回目(クリスマス当日の時もありました)。
 今年もトップは若き父親NAVI。おー、ギター上手くなったな。聞けば阿部コースケのバンドで「しごかれた」(笑)とのこと。コースケいいことしたな。こうやって音楽をやっているやつの成長に立ち会えるのはうれしいことですね。
 そして大好きな南忠(みなみますぐ)さん。この人は本当に素晴らしいのですが、久しぶりに聴かせていただいたら、またまたさらにぐーんとすごい演奏でありました。歌はもちろん、ギタースタイルが南さん独自のものとして、新たな道を歩み始めているように思えました。
 そして、その後のオレの演奏を聴いた南さんが、オレが南さんに対して思ったのと同様の言葉を伝えてくれたことが、とてもとてもうれしかったです。尊敬し合えるミュージシャン仲間がいてくれる幸せ。もっともっと精進するのだ。
 そして『Brute』西川くん率いる『野郎』は今年『アコ野郎』でのCDを出したのですが、最近同じメンバーでエレクトリックセットの『エレ野郎』を始めました。
 西川くんのボーカル、ゴローちゃんのギター、ヨッシーのベース、ピッケルのカクテルドラム。
 メンバーの都合でサウンドチェックができなかったこともあって、前半は「新人バンド頑張れっ!」というはらはらな感じがありましたが(笑)後半はさすが何年もやってきたメンバーのアンサンブル力を取り戻し、いいグルーヴを出してましたね。ピッケルのドラムいいんだなあ。

 終わって乾杯。
 西川剛くん50歳はR40ボクシングのフェザー級関西地区の現在のチャンピオンで防衛戦2試合も見事勝利しています。試合のビデオを観せてもらいましたが、すごかったです。西川くん、かっこいい!あ、歌ってる姿もかっこよかったですよ(笑)。
 不屈の男、西川剛。次回防衛戦は来年3月13日だそうです。メリークリスマス。
 写真1は今回のポスター。
 写真2はお客さんからいただいたクリスマスケーキ。西川くんから「寺田町さんは『テラミス』ね」と(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-25 15:02 | Comments(2)
『大きな輪』プレゼンツXmas special Live 「ジビエな夜」@『赤狼』
f0075588_17453793.jpg

f0075588_17453758.jpg


 昨日は奈良から再び大阪へ。珍しく雨模様。
 でも楽しみにしていたこの日。いつもお世話になっている『大きな輪』の田村さんの企画のスペシャルライブ。
 会場は『大きな輪』のある千日前『味園ビル』同じフロアーの『赤狼』(せきろう)でジビエ料理をたべながらジビエな音楽(!)を聴いてもらっちゃうという企画なのです。
 『大きな輪』のオレのライブではもれなくオープニングアクターとしてついてくる(笑)Botchがスタッフとして一生懸命セッティングまでやってくれました。本当にいいやつなんだから、幸せになってくれ(笑)。
 そうそう、大きな輪の常連さんのレイコちゃんがケーキを焼いてきてくれました。いい女レイコちゃんなのです。
 それから、名古屋で何度もオレのライブを主催して下さったタクシー今西さん、今年の3月から大阪に暮らしているのですが、予定が変わり、急に来られることになったと登場。うれしいですねえ。
 ありがたく盛況のお客さん。
 Botchのオープニング。「ホワイトクリスマス」かっこよかったです。ボッチやるじゃん(笑)。
 そして神戸の歌姫、詩桃モモ。天四郎さんのパーカッションに濱田俊輔のギター。もちろん会場は盛り上がりましたとも(笑)。モモ、今年もお世話になりました。
 優秀なお客さんのおかげで(笑)オレのステージも大変盛り上がりましたねえ。「モモ、歌おうぜ!」なのだ。
 熱いご要望に応えて、アンコールは「ハレルヤ」をモモと二人で。
 さらにアンコールは、モモからのリクエストで「ななめにかしぐオリオン座」。
 そして打ち上げは恒例の『夢屋台』で。アイラブ千日前、アイラブ田村さんなのであります(笑)。いやあ、本当に楽しいクリスマスイブイブでありました。

 写真1は『大きな輪』の田村さん。相変わらずワルい顔です(笑)。でもやさしい本当にいい人ですよ。
 写真2はBotch。幸せになってくれ!(笑)
 
[PR]
by teradamachi | 2015-12-24 17:45 | Comments(0)
奈良、富雄『ライブカフェ無庵』
f0075588_1336674.jpg


 昨日も小辰浩史さんプロデュースでのライブ。奈良県富雄のライブカフェ『無庵』。
 共演は一昨日の難波屋に次いでユダくん。そして大好きな山田兎くん。
 兎くんとは今年はよく会うね、と。
 年明け神戸での詩桃のウエディングライブ、6月は2本のライブでご一緒しました。大好きな兎くんの演奏を生で聴けるのは贅沢な幸せです。
 兎くん、会わない間にニューアルバム出してました。その中から「今年の収穫」と言って演奏した、語りから始まる歌、よかったなあ。
 ユダくんもひょうひょうと盛り上げてくれて、昨日の客席の雰囲気もとてもよくて、オレも気張ることなく引き出してもらえました。いいライブを企画して下さった小辰さんに感謝です。

 写真は山田兎くん(左)とユダくん。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-23 13:36 | Comments(0)
大阪西成『難波屋』
f0075588_1428517.jpg

f0075588_1428526.jpg

f0075588_1428554.jpg


 昨日は名古屋駅までHOBOけいすけ&タさきフみえちゃんに送ってもらい、大阪へ。
 名古屋は雨模様でしたが、大阪は止んでいました。さすが(笑)。
 1年ぶり、2回目の『難波屋』さんでユダくんとジョイントライブ。今回も小辰浩史さんに企画していただきました。いつもありがとうございます。

 難波屋主人、筒井亘さん、難波屋ライブプロデューサーで音響もやってくれる、よっしいさん、難波屋チカちゃんとうれしい再会。
 『大きな輪』の田村さん、『大きな輪』でのオレのライブにもれなくオープニングアクターとしてついてくるBOTCHも来てくれてうれしい!
 1年ぶりのユダ(本名は湯田)、とても良くなっていました。いいステージでした。
 オレも、もちろん気持ちよく演奏させていただきました。
 難波屋のステージから見える光景は、なんだか映画を観ているようで、オレを気持ちのよい世界へ連れて行ってくれました。
 難波屋のライブは9時まで。9時ジャストに演奏を終えると、アンコールの声。ありがたいですが「もう9時だから」と言うと、よっしいさんから「残業!」(笑)とうれしいお言葉。そして田村さんから「ハレルヤ」のリクエスト。もちろん。
 ある時期までオレにとっての大阪は何故だかよそよそしい街だったのに、こんな風にあったかくつきあえるようになった今、が本当にうれしいです。
 というわけで、打ち上げもとっても楽しかった夕べの大阪。

 写真1は開演前、『難波屋』の立ち飲みカウンターでのユダ(左)とオレを難波屋チカちゃんがパチリ。
 写真2は打ち上げでチカちゃんとオレ。
 写真3は難波屋の看板猫ぴぴちゃんを抱くユダ。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-22 14:28 | Comments(0)
名古屋、今池『豆ねこ』
f0075588_1559288.jpg

f0075588_1559271.jpg

f0075588_1559229.jpg


 昨日も晴天。12月としてはあたたかな中、富士から名古屋へ。

 わが第二の故郷、今池。久しぶりの『豆ねこ』さん。ここに来ると気持ちがなごみます。首藤さんとたえちゃんご夫妻のお人柄でしょうね。
 たえちゃん作の美味しいおつまみをいただきつつ、飲んでいると、お客さんがどんどんと。
 補助椅子でも間に合わず、最後はカホンに座布団を敷いて座っていただきました。うれしい悲鳴、というやつですね。本当にありがたいことです。
 30年近く前から(ブランクはありましたが)オレを聴いて下っている、一宮の知巳さんが、わざわざ歌詞を打ってプリントしてリクエストして下さったのは、オレが24歳の時に書いた「真子に」という歌。
 そこまでしていただいたら歌わないわけにはいきませんよね(笑)。渾身でやらせていただきました。
 熱いアンコールを2回いただき、歌い終えると、カウンターから首藤さんが「今池ソング!」と。そうでした。ここでは首藤さんに「チンピラ」を歌わなければ、でしたね(笑)。
 とても気持ちのよい余韻の中、名古屋では今年最後のライブをかみしめつつ、たえちゃんの美味しいお料理をいただき、飲ませてもらいました。来年もよろしくお願いします!

 写真1は、いつも応援して下さっている螺澤智子さんが撮影して下さったライブ中のワタクシ。ともちゃん、いつも本当にありがとうございます!
 写真2は、いさぎよい看板に思わずパチリ(笑)。
 写真3は『豆ねこ』の首藤さんとたえちゃんご夫妻。今回も本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2015-12-21 15:59 | Comments(4)
静岡県富士川、和食処『海山幸』
f0075588_1482034.jpg

f0075588_1482030.jpg

f0075588_1482064.jpg


 昨日から本年最後のツアー。初日は静岡県富士川。
 今年5月に三島『ぐらバーズ』でのライブでオープニングアクトをつとめてくれた富士在住の宗野俊男くんが「富士にも歌いに来て下さい」と言ってくれたのがきっかけ。
 既に決まっていたAKIさん企画の西村勇紀くんのライブを寺田町とのジョイントというかたちにして下さいました。
 AKIさんとは以前、御殿場『リンコロ』でのレインマンとのライブでお会いしています。
 ライブ会場は和食処『海山幸』さん。
 宗野くんのクルマに乗せてもらって到着すると、本当にまさしく「和食処!」といった感じの建物なのでびっくり。お座敷ライブなのにすごい音響設備が備えてあるのです。

 ライブはオープニングアクトとして宗野くんが場を盛り上げてくれてスタート。
 西村勇紀くん。オレは全くの初対面でしたが、31歳の超逸材でした!
 卓越した言葉でのオリジナリティ溢れる歌作品。独自の声。彼いわく「自己流」のギターは、オレと通じるところもあり、だけど断然に上手いです。素晴らしくかっこいい!(彼の後にギターを弾くことにオレはいささか緊張しました。まだまだ修行が足りませんね)
 以前、秋山羊子ちゃんがオレのことを「寺田町さんはベテランなのに、いつも初心者のよう」と(よい意味で)書いてくれてましたが)そんな風にまっすぐ必死でぶつかることでしか道は開けませんでした。昨日もそして今日も。
 決して楽ではないけれど、喜びも大きいというもの。アンコールが心底うれしかったです。「サンタは来ないけど」。
 宗野くんの仕切りで富士の『バズ』へ場所を変えての打ち上げが、本当に楽しくて、笑った笑った。宗野くんの「また富士へ歌いに来て下さい」という言葉がありがたく、しみました。本当にありがとうございました。
 
 写真1はオレと宗野俊男くん。
 写真2は打ち上げでほっこりとした西村勇紀くん。勇紀くんは横浜に住んで7年ですが、出身はなんと北海道鶴居村で、釧路の学校に通っていたそうです。オレが、この間釧路から戻ったところというと驚いていました。なので昨日のライブでは、釧路のマルケンラーメンの敬子ちゃんと釧路の風景が書かせてくれた「あの娘のしあわせ」を歌いました。
 写真3は打ち上げで歌うAKIさん。ギター上手い!(笑)
[PR]
by teradamachi | 2015-12-20 14:08 | Comments(0)
北海道ツアーファイナル釧路『えいが館』
f0075588_22253121.jpg

f0075588_22253192.jpg


 昨日は帯広からJRで釧路へ。こうして列車で釧路へ向かうのは初めて。そして5回目の釧路ライブは初めてのソロライブ。そして『マルケンラーメン』飯塚敬子ちゃん主催での3回目のライブ。
 北海道最終日、小雨となりましたが、雪も無く寒くなく。
 敬子ちゃんのお仲間の1人、中山よしえちゃんのスズキツィン(ちっちゃい!)でお迎えいただき『マルケンラーメン』へ。
 『マルケンラーメン』は世界で唯一(笑)寺田町の曲が常に流れているラーメン屋さん。(CDの販売もして下さっています)
 しかもCDをそのまま流すのではなく、季節ごとの敬子ちゃんセレクトの寺田町ソング集がルーティング。すごい!
 そのおかげで、寺田町を知らなかったのに「この歌を歌っているのは誰ですか?」と何人かの人がCDを買って下さっています。すごい!
 敬子ちゃん作のとっても美味しいしょうゆラーメンをごちそうになりました。やさしい味ですが、しっかりと味の芯がある感じ。でも重たくなく。スープ全部飲みたいところでしたががまん(笑)あの板橋文夫さんも喜んだ味です。
 その後デザートに、敬子ちゃんの相棒、さと号作のケーキまでいただいちゃいました。これがまた美味しくて。ノンバターで甘過ぎず。こういうの好きです。

 さてライブ会場は釧路駅前のカフェ『えいが館』。
 このお店は、高城サオリさんが、お母さんから引き継いで10年。お母さんの代から数えて35年。素晴らしい。
 サオリさん、音響のこともしっかり研究していらっしゃって、オレの意見も迷い無く取り入れてくれたりと「よい姿勢」を感じさせて下さいます。
 敬子ちゃん、お店を早じまいして、受付をしに駆けつけて下さいました。ありがたいですね。

 お客さん盛況。補助椅子まで出しての満席以上。うれしいうれしい。敬子ちゃんパワーに本当に感謝です。敬子ちゃん作の今回のフライヤー、携帯の画面でチェックした時は気がつきませんでしたが、なんとオレの写真から丹念な鉛筆画を描いて下さったのでした。力作に感激。

 今回はオープニングアクトにジュンヤ(歌とギター)とアツシ(カホンとコーラス)の『素晴らしきこの世界』。結成半年の二人の演奏は荒削りだけれど、ちゃんと向かうべきものにまっすぐ向かっている姿勢は、清々しいものがありました。どんどんやっていくといいと思います。
 そしてオレ。
 こんな風に敬子ちゃんたちが一生懸命準備して下さったことに対する恩返しが、ライブとしてできるようにと、北海道を演奏して回りながら思ってきました。
 この日のために書いた歌もしっかり届けることができて、言葉ではうまく言えませんが、こうしてライブをさせていただけたことを、本当に、本当に、ありがたく思います。
 場所を変えての打ち上げもとっても楽しく。そして来年7月はどんな風にやろうか、というお話までできて、実にうれしい釧路の夜。この季節としては珍しいという夜霧の中を歩きました。

 写真1は飯塚敬子ちゃんの『マルケンラーメン』店内の寺田町コーナー。感激です。現在は敬子ちゃんセレクトの『冬ヴァージョン寺田町』が流れています。
 写真2は終演後『えいが館』にて。左から店主サオリさん、オレ、敬子ちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2015-12-16 22:25 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...