Top
<   2015年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
京都木屋町バー『ウサギ』
f0075588_1533497.jpg

f0075588_1533463.jpg

f0075588_1533489.jpg


 昨日も京都。春爛漫とでも言いたくなる陽気。
 ちょうどホテルが鴨川と高瀬川の間という贅沢なロケーション。川沿いの桜が咲き誇っています。皆さん桜と一緒に写真を撮り狂っておりました。

 やはり昨年からすっかりお世話になっています大阪の小辰さんの企画での『京町ナイト』の舞台は、高瀬川沿いの木屋町の古民家の二階にあるバー『ウサギ』。窓からはライトアップされた川沿いの桜並木が。素晴らしいロケーションです。マスターのミヤガワさん。音楽好き、そして人間好き、という感じがすぐに伝わってくる方です。

 さて、出演者のラインナップは昨年出会った二人。
 横浜の上野誠ちゃん。京都の山田兎くん。実にグレードの高い二人です。
 いやあ、昨日の誠ちゃん、すごく面白かったなあ。笑った笑った。そしてかっこよかったです。
 そして大好きな兎くんは今回も素晴らしい演奏でした。名曲「アジアの黄昏」やってくれたのも感激でした。
 この二人は10年来のつきあいだそうで、この二人がそろっているのにはオレは初めて見たわけですが、なんと言うか「友情」があるのが伝わってきて、そのこともオレにはうれしいことでした。二人ともオレの一回り年下です。
 そして面白いと思ったのは誠ちゃんはギルドのフルアコのエレクトリックギター。兎くんはマーチンのエレアコのギター。そしてオレはヤマハのガットギターの生音。三人三様のこだわり、在り方がそれぞれに輝いた夜だったのではないでしょうか。
 滋賀から、昨年お世話になったアッキーさんが来て下さったこと。前日に共演した紫苑ちゃんが来てくれたこと。うれしく、ありがたかったです。
 ひとしきりゆっくりした後、ホテルへ帰ろうとすると、高瀬川の橋のたもとに、やはり前日の共演者ヒデマンが!別のお店で演奏した後、駆けつけてくれたのです。うれしいですねえ。
 そしてヒデマンが連れて行ってくれた『一神堂』というラーメン屋さんが感動の美味しさで。塩白湯麺パクチー大盛、絶品でありました。シデコブシの並木を見つつちょっと歩いた甲斐がありました。丁寧な美味しさは心を豊かにしてくれますね。ヒデマンありがとう!

 写真1は『ウサギ』の玄関マット。
 写真2は終演後、出演者記念撮影。左から山田兎くん、オレ、上野誠ちゃん。
 写真3は高瀬川沿いの満開の桜並木。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-31 15:33 | Comments(5)
京都『エル・ラティーノ』春来襲
f0075588_15162531.jpg


 「寺田町」(てらだまち)なんて名前をいただいているのに、関西でコンスタンツにライブをやるようになったのは40を過ぎてから。
 思えば、そこから不思議な出会いとつながりがあって、今の関西におけるオレがあるわけですが、わけですが、それを書くと大変な長い話になってしまいますので、とりあえずはそれはオレ1人の胸に秘め、大阪『大きな輪』の田村さんへの感謝の気持ちいっぱいに、昨日の午後は大阪千日前を後にしました。
 雨模様の大阪でしたが、京都に着くとしっかり上がり、気持ちのよい春の京都の夕暮れに桜がかなり咲いておりました。

 地下鉄を神宮丸太町で降りて聖護院山王町のメキシカンバー『エル・ラティーノ』へ。
 昨年秋の京都『靴屋楽ちん』さんでのライブの後、お客さんで来てくれたヒデマンと紫苑ちゃんと3人で三条大橋の上でプチ酒盛りをした時に決まったのが今回のライブ。
 タイトル『春来襲』はヒデマンが決めてフライヤーを紫苑ちゃんが作ってくれました。
 お客さんは少なかったですが実に濃厚な存在感の皆さんで(笑)ちっとも寂しくありませんでした。
 ヒデマンのマンドリン弾き語り、久しぶりに聴かせてもらいましたが、すごく良くなっていて、実にうれしくなりました。
 昨日は京都のギタリスト福西くんの命日。ヒデマンの気持ちが伝わってきました。
 オレの前半最後の「Wayfarin'Stranger」はヒデマンがマンドリンを弾いてくれて新鮮。

 12年前、初めて会った時の紫苑ちゃんは浴衣を着てアルトサックスを吹いていて無茶苦茶可愛かったですが、今や二胡奏者の紫苑ちゃん。昨日はチャイナドレスがステージ衣装。やっぱり無茶苦茶可愛かったです(笑)。
 オレは二胡の生演奏はほとんど聴いたことがありませんでしたが、実に難しい楽器だと思いましたね。胸にしみる音色です。オリジナル曲よかったなあ。

 オレも再びしっかり歌い、鳴らし、ラストはヒデマンと紫苑ちゃんと3人で。
 曲は紫苑ちゃんの選曲で、「望春風」という台湾の歌にオレが日本語のオリジナル歌詞を書いたものをやりました。楽しかったです。
 そして打ち上げはエル・ラティーノの川端さんのとっても美味しいメキシコ料理でうれしい時間をいただきました。またこのメンバーでやれたらと思います。

 写真はライブを終えて出演者記念撮影。左からヒデマン、チャイナドレスの素敵な紫苑ちゃん、オレ。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-30 15:16 | Comments(7)
大阪 千日前『大きな輪』
f0075588_14402466.jpg


 昨日はすっかり春の陽気の中を愛知県から大阪へ。
 近鉄電車終点の難波で降り、大阪特有の、よく言えば活気のある、あるいはごみごみとした雑踏の中を歩いて、すっかりお馴染みとなりました千日前の移籍(笑)『味園ビル』の『大きな輪』へ。マスターの田村さんには昨年すっかりお世話になってしまいましたが、今年もお世話になってしまいます。

 ライブはお馴染みのお客さん、初めてのお客さん、久しぶりのお客さんで大盛況。ありがたいことです。
 熱いアンコールをいただき、田村さんのリクエストで「ななめにかしぐオリオン座」。そしてもちろん打ち上げはいつもの『夢屋台』で。いやあ、めちゃくちゃ楽しかったです!

 楽し過ぎて写真を撮り忘れたので『味園ビル』をぱちり。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-29 14:40 | Comments(0)
愛知県春日井市 高蔵寺カフェ『花音』(カノン)
f0075588_14224688.jpg

f0075588_1422464.jpg


 昨日の名古屋は汗ばむくらいの陽気。
 千種から中央線で高蔵寺へ。
 昨年9月、元橋たいぞうくんがパートナーるんちゃんと始めたカフェ『カノン』。昔ながらの正しき喫茶店の落ち着いた雰囲気はそのままに、そこへ新たな伊吹が宿っていることをひしひしと感じた昨日のライブでした。
 昨日は名古屋の歌姫 出雲麻紀子ちゃんとのジョイントライブ。彼女とは初対面でしたが、きっぷのよいさばけたいい女でありました。なかなかに男前なピアノを弾きながら面白い歌を歌います。さっそく11月5日の磯部舞子ちゃんとの『得三』でのライブでの共演をお願いしてしまいました。
 そしてオレです。
 『花音』の空間の響き、あきらかに半年前よりぐーんと良くなっていました。もうやりやすいのなんの(笑)。ギターが喜んで鳴っておりました。
 アンコールはオレの20代から聴いて下さっている知巳さんからのリクエストで、お客さんで来てくれて出雲ちゃんの時に1曲飛び入りでブルースハープを吹いたHOBOけいすけ(オレの弟分・笑)と一緒に「チンピラ」(けいすけ上手くなってるなあ)。そしてもう1曲ラストに「翼のかけら」。

 終演後は美味しいまかないをいただき。久しぶりにたいぞうくんとゆっくりお話ができてうれしかったです。
 たいぞうくんが有線放送のボブ・ディランチャンネル(そんなものができたとは!)を流してくれてオレは幸せにお酒が進みました(笑)。
 そうそう、今年の9月1日の『花音』1周年記念ライブにオレがやらせていただくことになりました。実に光栄なことです。

 写真1はライブの様子。HOBOけいすけ撮影。
 写真2は歌姫、出雲麻紀子ちゃんとツーショット。仲よさげ(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-28 14:22 | Comments(2)
春のソロツアー初日、名古屋港『猫と窓ガラス』
f0075588_034594.jpg


 山桜咲く鎌倉から名古屋へ。
 秋以来の名古屋港『猫と窓ガラス』。広田くんの素敵なお店からからソロツアースタート。
 いつもよりお客さんは少なかったけれど、皆さん存在感のある方達なので相手にとって不足なし(笑)。ぎゅっと中身のつまったライブができたと思います。「翼のかけら」なんてすごく久しぶりに歌いました。
 アンコール。広田くんが「久しぶりに『一片の音楽』が聴きたい」とのことなのでアカペラで。そうなんだ、歌っていたいんだ。オレは。
 さらに犬飼モンク画伯から「コヨーテ」のリクエスト。このお店にはスタッフのゼリーが作ってくれたコヨーテがいますからね、ありがたくやらせていただきました。
 広田くんの料理は美味しいなあ。
 写真は例によってすみません(笑)。猫と窓ガラスの広田くん(左)と名古屋在住のわが姉の弥生さん。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-27 00:34 | Comments(2)
東京 下北沢『アポロ』
f0075588_23335868.jpg


 下北沢『アポロ』では1年ぶりのライブ。ヴァイオリンの磯部舞子は初登場。
 『アポロ』の美浦コウタローさん、頑張ってくれてます。昨年秋にはアッブライトのピアノを導入。色々と店内リニューアル。ますますいい感じです。
 アポロの音の響き、やっぱりとてもよくて、舞子ちゃんのヴァイオリン、すごくいい感じ。昨年秋の二人でのツアーから育った二人でのサウンドが、さらに磨きがかかった本日のライブ。いいお客さんにはもちろん感謝。何より店主コウタローさんが本当に喜んで下さったことが勲章であります。

 写真、暗くてすみません。アポロに昨年秋に導入されたピアノにじゃれる舞子ちゃん(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-21 23:33 | Comments(0)
東京 高円寺『炎の雫』
f0075588_17163696.jpg


 昨日は高円寺の『炎の雫』にてロックフォトグラファー加藤ワニ仁史監督の寺田町ロードムービー的ライブ映像作品『風が吹いてて光があって』の上映&トーク&ミニライブ。

 オレの大先輩である水野たかしさんと奥さんの佳美さんのお店『炎の雫』の和気あいあいとした空間で、オレも久しぶりに、ちゃんとこの作品を観させていただきましたが、オレが主人公であるということとは関係なく、やはりいい作品であることを再確認でしました。
 トークは、オレが加藤ワニ監督に質問するという形でやりましたが、これもおもしろかったです。またやりたいな。
 短めのライブのアンコールは佳美さんからのリクエストで「コヨーテ」。
 その後、作品本編では使われなかった「チンピラ」の別バージョンを上映。これも初の試み。また次回、別の会場でやるときもやってみたいですね。

 写真は左からオレ、炎の雫の佳美さん、水野たかしさん、加藤ワニ仁史監督。
 『炎の雫』高円寺編は4月28日にて終了。次なる千葉県外房にて新たな物陰が始まります。そしたら寺田町も千葉県外房デビューなのです。楽しみだなあ。
[PR]
by teradamachi | 2015-03-07 17:16 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...