Top
<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今年1年ありがとうございました!
f0075588_21121711.jpg

 時々高田渡さんの夢を見ますが、今回はちょっと久しぶりでした。
 夢の中の渡さんはとても元気そうに生きていました。そして新しいアルバムをレコーディング中で、「寺田町くんはほっとおいてもしっかり歌っていきますからね。僕もまだまだあと40年はやれそうですから」とにこにこと言っていました。目が覚めて一瞬は渡さんが亡くなっていることを忘れていました。

 大晦日。今年1年のライブにお越し下さった皆さん、お世話になった皆さんに深く感謝を込めて。
 来年もよろしくお願いします!
 

 写真は今年1年、163本のライブにつき合ってくれた愛用のヤマハのクラッシックギター『飯沼号』35歳。頼りになるやつ。ますます鳴ってくれてます。来年も頼むよ!
 
[PR]
by teradamachi | 2014-12-31 21:12 | Comments(0)
2014寺田町ライブ納め
f0075588_2355677.jpg


 2014年、オレにとってのライブ納めは東京、阿佐ヶ谷『ハーネス』にて、アコーディオンの熊坂るつこちゃんとのデュオ。
 こんな年もおしつまってのお忙しい中お越し下さったお客さんに、心より感謝です。
 9月終わりの小田原、岩瀬邸『巨欅の居』でのトリオ・ラ・ストラーダでのライブ以来のるっちゃんとのライブ。この3ヶ月の合わなかった間のお互いの成長が、また改めて出会って生まれたサウンドが誕生していました。音楽は、人間は素晴らしい!るっちゃん、今までになかった面をいっぱい見せてくれました。
オレの中からも生まれてくるものが、いっぱいありました。新曲2曲できたのもうれしかったです。
 うれしいライブ納めは、来年への展望をいっぱい感じさせてもらえるものでした。30年来の友人、ハーネスの鎌田ひろゆきにもいっぱい感謝を。

 写真はハーネスのステージで、修道女みたいな(笑)るっちゃんとオレ。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-27 23:55 | Comments(3)
京都一乗寺『喫茶のん』酔いどれ達のX'mas
f0075588_1513245.jpg

f0075588_15132489.jpg


 そうそう、一昨日の和歌山『Brute』でのイブのうれしいプレゼントは、ライヴ終了後、別の場所でライヴだった南忠さんと美穂ちゃんがわざわざオレに会いに来て下さったことです。感激でした。

 そして昨日はこのツアー最終日。京都一乗寺『喫茶のん』での砂布均とのジョイントライヴ。『酔いどれ達の夜』X'mas編。
 『のん』のパパさんママさんにお会いできること自体がまずうれしいこと。
 1年ぶりに聴く砂ちゃんのライヴ、とてもよかったです。いい貫禄とゆとりが出てきたなあ。新しい歌もよかったし。いい年をとってるね。同い年としてうれしいことです。しかしルックスはますます妖しくなってるなあ(笑)。写真をご覧あれ。
 オレも気持ちよく歌わせていただきました。『のん』はいいなあ。

 写真1は帰りの叡山電車車中で砂布均(左)とオレ。
 写真2は砂布均と舞台監督(笑)ヒデマン。昨日も大活躍してくれました。いつもありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2014-12-26 15:13 | Comments(0)
和歌山『Brute』男達のX'masイブ!
f0075588_141641.jpg

f0075588_1416466.jpg

 
 和歌山!
 このイベントも6回目(たぶん・笑)!
 『Brute』西川剛くんと出会わせいただけたこと、和歌山のライヴハウス『オールドタイム』の松本さんには、本当に感謝です。
 ここ3年は、若き父親NAVIがトップバッター。
 いいやつなんだけど、全然まだまだなんだ。でも、毎年、時間ない中で(普通に働きながら、子育てしながら)なんとか頑張って、ほんの少しでも、よくなっている姿を見せてくれると、頑張れ!と言いたくなります。(終わってから彼に「毎回、寺田町さんに言ってもらえたことを日記に書いているんです」と言われてびっくり)
 それにしても、ブルート主である西川剛率いる『アコ野郎』の今年の成長の素晴らしさには感動です。
 ピッケルのドラム、ヨッシーのベース、ゴローのギターの素晴らしいアンサンブル、そしてこの3人のリズム隊としての在り方にはほれぼれしてしまいます。来年はCDを出すとのこと。楽しみですね。
 この1年歌って来られたことに感謝を込めて、そして来年も歌っていきたいとの想いを込めてオレも歌わせていただきました。アンコールは西川くんからのリクエストで「チンピラ」。
 終わって西川くんから皆さんにシャンパンの粋な振る舞い。今年もありがとうございました!


 写真1はお客さんからいただいたX'masショートケーキ。とても美味しかったです!
 写真2は、左から『アコ野郎』ピッケル、西川くん、ゴローちゃん。そして数日前から、お店の前をさ迷っていた迷いキティちゃん。「捨て猫の濡れた眼差しを振り切れぬ」やさしい「チンピラ」店主の西川剛であります。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-25 14:16 | Comments(2)
大阪西成『難波屋』
f0075588_036418.jpg

f0075588_0364256.jpg

f0075588_0364257.jpg


 ここ数年、知り合い達から「寺田町が『難波屋』でライヴやってないなんておかしい!」と言われていた、オレにとってはある意味「伝説」の『難波屋』さん。子辰浩史さんのおかげで初めてライヴをさせていただきました。
 『難波屋』スタッフ千佳ちゃんは『大きな輪』のオレのライヴに来ていただけたことがあるし、安心しての初『難波屋』さんでしたが、いやあ、期待通り、すごい空間でありました。
 難波屋さん自体は西成で半世紀に渡る堂々のディープな立呑屋さん。
 その奥に、筒井亘さんがライヴスペースを作ったのが7年ほど前。最近そのスペースを拡張したところへオレは来させていただいたわけです。
 ライヴをプロデュースしている、よっしいさんはオレより1つ年下、同世代。オレのライヴの出発点である名古屋今池にかつてあった『ユッカ』のことも御存じで、いきなり盛り上がってしまいました。
 ライヴは千葉県は成田出身、現在は京都在住のユダくんとのジョイント。彼のファンの方がけっこう来て下さっていて、あたたかな盛り上がり。
 オレはもちろん、楽しみにしていた初『難波屋』ライヴ。渾身のライヴをさせていただきました。アンコールもうれしかったなあ。とても手応えを感じました。
 
 写真1は後列の左端が『難波屋』マスター筒井亘さん、右端がユダ、中列の左がオレ、右がよっしいさん、前列の左が『難波屋』千佳ちゃん、右が子辰さん。 写真2はライヴ後スピーカーの上でおやすみの『難波屋』愛猫びびちゃん。可愛い!
 写真3は、お店のオープンを遅らせて来て下さった『大きな輪』の田村さん。このワルいお顔見るとほっとするようになってしまったこのワタクシです(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-24 00:36 | Comments(2)
奈良県富雄『cafe夢庵』
f0075588_13431287.jpg

f0075588_13431257.jpg


 昨日は子辰浩史さんの企画で奈良の富雄『cafe夢庵』。今年6月に次いで2度目です。
 前回も感じたことですが、近鉄電車で大阪から奈良県へ入ると、車窓からの景色が平たく広がる様は、気持ちをおおらかにしてもらえる気がします。前回来て、奈良がすっかり気に入ったオレです。

 『夢庵』はログハウス風の建物。
 今回は最初に『THE太陽'S』(サンライズ)という名前でやっているジローくんが最初に歌ってくれました。彼は奈良で『よし次』という餃子屋さんをやっているとのこと。話を聞いていると、とても美味しそう。次回行けたらいいと思います。楽しいステージをやってくれました。
 そして、とても楽しみにしていたこの人。京都の素晴らしいシンガーソングライター&ギタリストの山田兎くん。
 前回6月に出会って、オレはとても好きになりました。彼のCDアルバム『ハロー・トゥモロー』愛聴しています。このアルバム、『大きな輪』でも田村さんがよくかけてます。
 昨日も兎くん、すごくよかったなあ。大好きな曲「アジアの黄昏」では涙ぐんでしまいました。
 オレももちろんしっかりとやらせていただきました。アンコールうれしかったです。
 終わってから兎くんとけっこう話ができたのもよかったし、よい夜でした。
 そして、今夜も子辰さんの企画で、あの『難波屋』さんにオレは初登場。楽しみです!
[PR]
by teradamachi | 2014-12-23 13:43 | Comments(0)
『大きな輪』プレゼンツ「寺田町X'masお座敷ライヴ」@『大衆屋 千日前店』
f0075588_18261578.jpg


 昨日は三重県から大阪へ。いつしか千日前界隈に懐かしさを覚えるようになった今年。美園ビル『大きな輪』の田村さんのおかげでしょう。今年は本当にお世話になってしまいました。
 その田村さんの企画による忘年会&X'masお座敷ライヴ。会場は『大衆屋』千日前店の3階のお座敷。
 集まった皆さん、初めての方も多かったですが、田村マジックで和気あいあい。
 例によって『大きな輪』プレゼンツ寺田町ライヴにはもれなくついてくる(笑)BOTCHのオープニングアクト。いいやつなんですよ、ボッチは。
 宴会的なシチュエーションで演奏するのは久しぶりでしたが、何しろお客さんが素晴らしかったです。実に気持ちよく、楽しくなおかつがつんと演奏でしました。これも田村マジックでしょうか。
 そしてその後の宴会、そしていつもの屋台で二次会。さらに『大きな輪』で三次会(笑)。
 田村さんは『大きな輪』の言葉通り、音楽を通して人の輪を広げてるなあ。

 写真はいつもの打ち上げ場所『夢屋台』の提灯。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-22 18:26 | Comments(0)
三重県 鈴鹿『カレラ』
f0075588_15223564.jpg


 昨日は名古屋から三重県へ。
 雨の予報も名古屋では大丈夫。さすが、と思っていたら車窓からの景色は雨模様。
 1年半ぶりの鈴鹿白子の喫茶店『カレラ』。
 聞けば4時頃(?)はどしゃ降りの雨だったとのこと。ササヤンのクルマでお店に連れて来てもらった時はちゃんと雨が上がって、今西さんから「さすが寺さん!」と言っていただきました。

 とがなみ恭子ちゃんとが頑張ってやっている『カレラ』。今年何方かのライヴのおりに御近所の方から苦情が出て、ライヴを自粛していたとのこと。こうして再びここで歌わせていただけて、ありがたいです。
 久しぶりの『カレラ』の音の響きは、さらに良くなっている気がしました。ギターが喜んで鳴っておりました。
 ササヤンのサックスに少し入ってもらってのライヴは、とてもよい雰囲気でできました。皆さん、本当にありがとうございます。
 あたたかな打ち上げをして下さった恭子ちゃんに感謝。クルマで送ってくれたササヤンに感謝。二人打ち上げをしてもらった今西さんに感謝。ありがたく、ただいま大阪へと向かっております。

 写真は左からササヤン、『カレラ』のとがなみ恭子ちゃん、オレ。お世話になりました!
[PR]
by teradamachi | 2014-12-21 15:22 | Comments(0)
名古屋、田代本通り『ドリトル』
f0075588_1563782.jpg

f0075588_1563754.jpg


 昨日は名古屋。前日は20センチも雪が積もったそうですが、それほどには雪は残ってはいませんでした。雪の北海道から戻ったばかりなので、ちょっと不思議に感じる名古屋の残雪。それにしても、この時期に名古屋に雪が降るとは。

 昨年10月以来の『ドリトル』さん、とっても美味しいサンドイッチをいただきました。

 ここでは音響機材を使わない生音ライヴ。生音でやるには広いかなあ、と初めて来た時に思ったのですが、やってみたら意外な響きがあり、ここでしかない独特の響きがあることを発見。昨日はお客さんは少なかったですが、その響きを積み重ねてゆくと、寂しくない、というか不思議な楽しさが生まれ育ってくれました。これだから「ライヴ(生)」はやめられません。きっとお客さんも楽しんでいただけたことと信じています。
 そうそう、前回の『ドリトル』以来のお客さん、そしてオレのソロでのライヴを久しぶりに聴いたお客さんから「ギターを変えましたか?」「ギターの音が変わった、よかった」と言ってもらえたのは、この1年でオレがギターの弾き方を変えたことがちゃんと伝わっている証として、うれしかったです。
 ライヴ後の余韻も楽しかったです。こうしてまたひとつ夜を刻んで。

 写真は『ドリトル』の岸くん、若菜ちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-20 15:06 | Comments(2)
本日より今年最後のツアー
f0075588_14225040.jpg


 一昨日、天候大荒れとの北海道でしたが、札幌は穏やかな晴天。前夜の『LOG』のライヴの時に長津宏文さんから「飛行機飛びませんから」と言われてましたが、予定の飛行機は無事に運航。ちゃんと鎌倉へと帰ることがでしました。(『浪漫風』マスターの奥さん「おっかさん」から「寺田町は音楽の女神様だけじゃなくて雪の女神様も味方にしちゃったね!」と言われました・笑)
 それにしても夕べは関東も冷え込みました。こちらの家の中は北海道みたいに温かくないですから、北海道はあったかだったなあ、なんて思ってしまいました。札幌育ちの瀬尾高志はさぞや辛いことでしょう。
 さて、またまた晴天の本日。今年最後のツアーへと出発。名古屋へと向かっております。

 写真は先日の釧路『ジスイズEST』のライヴを主催して下さった『マルケンラーメン』の飯塚敬子ちゃんに作っていただいたポスター。
[PR]
by teradamachi | 2014-12-19 14:22 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...