Top
<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
トリオ・ラ・ストラーダ@小田原鴨宮『巨欅の居』(おおけやきのいえ)の中庭
f0075588_2114937.jpg

f0075588_2114931.jpg

 
 小田原鴨宮の岩瀬邸『巨欅の居』(おおけやきのいえ)での『ジーズキャフェ』全面協力による「寺田町劇場」も今年で4回目。
 最初の年はピアノの石田幹雄とホールでやりましたが、翌年からは欅の大樹が聳えるお庭にて、アコーディオン熊坂るつこちゃん、ウッドベース瀬尾高志との『トリオ・ラ・ストラーダ』でやらせてもらっています。
 昨年までの3回は5月の開催でしたが、今年は初めての9月。『長月』編です。(あ、昨年9月はここで『ジーズキャフェ十周年記念』のイベントが行われ、オレはるっちゃんと出演したのでした。)
 今年もありがたいことに、天気にも恵まれました。
 午後3時頃に岩瀬邸に行くと、外塀に岩瀬さんが息子さんとポスターを貼って下さってます。今年もお世話になります。
 会場の中庭の蔵の前のステージにはジーズキャフェでいつも音響を担当してくれていりアタルが、音響機材をセッティングしてくれていて、当サイト管理人のホンダくんが、色々と立ち働いてくれています。
 ホンダくんと浅見さんが受付に立ってくれて、ジーズキャフェからはむっちゃんがバーを。とろろ屋さん、ご協力のお店の方が出店して下さってます。
 つるべ落としの秋の陽が落ちる頃、あたたかなライトがステージを照らし、トリオ・ラ・ストラーダの登場です。
 「天幕小屋に灯がともる」で幕開け。
 「月の庭」組曲の前半、瀬尾とるっちゃんだけの演奏シーンで、舞台端から木立越しに夜空を見上げると、きれいな四日目の月が。
 やや短めの前半ステージの後、ゲストのわが愛弟子、矢沢ウエイチにバトンタッチ。オレの曲「夜明け色のトンボ玉」のカバーのアレンジが新鮮。まるで古く歌い続けられたアンデスの民謡のようで、うれしくなりました。
 そしてウエイチに瀬尾とるっちゃんが加わっての演奏。かっこいい。あらためて瀬尾のすごさを客席で再確認できました。

 休憩をはさんでの後半ステージはるっちゃんと瀬尾とのデュオから。
 前夜のハッピーマウンテンバーでもやったこの曲は斎藤真一の絵画「星になった瞽女」からのイメージからるっちゃんが最近書いた曲。
 偶然なんだけど、瀬尾もオレも斎藤真一の絵は大好きで、それを知ったるっちゃんもびっくり。こうしたシンクロニシティはうれしいものです。そして素晴らしい演奏でした。
 そしてオレが加わっての後半は、生きていたらきっとこの場にいてくれたであろう、去る9月21日に三回忌を迎えた、当サイト初代管理人ヤマグチコージへのオマージュでもありました。想像以上の何かがオレをかきたて、想像以上の何かが生まれ、大欅の庭に解き放たれてゆきました。
 アンコールはウエイチにも入ってもらって「モモ、歌おうぜ」。終盤は板橋文夫さんがいないのに(笑)客席へ。こんなライブをさせていただけて、岩瀬さん、ジーズキャフェファミリーを始めとした皆さんに、心より感謝します。きっと来年も開催できますように!
 写真1はライブの模様。
 写真2はバルでの打ち上げ。左から瀬尾、ウエイチ、るっちゃん、ジョージさん、オレ、岩瀬さん。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-29 21:01 | Comments(0)
トリオ・ラ・ストラーダ@平塚『ハッピーマウンテンバー』
f0075588_14245938.jpg

f0075588_14245928.jpg

f0075588_14245968.jpg


 昨日はアコーディオン熊坂るつこちゃん、ウッドベース瀬尾高志との『トリオ・ラ・ストラーダ』で西湘南平塚『ハッピーマウンテンバー』でライブ。
 このメンバーでは何度か平塚でやっているのですが、今まで日程が合わなくて、なんと昨日が初の『ハピマ』。
 『ハピマ』の音の響きは素晴らしく、われわれトリオ・ラ・ストラーダの良さをより引き出してくれます。
 今までにない感覚がぶつぶつと沸いてきたうれしいライブ。
 そして本日は小田原鴨宮岩瀬邸『巨欅の居』(おおけやきのいえ)の庭にて『寺田町劇場』。トリオ・ラ・ストラーダ。ゲストはわが愛弟子、矢沢ウエイチ。楽しみです!
 写真1、2は昨日のライブ風景。
 写真3は左から瀬尾、琢磨くん、オレ、るっちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-28 14:24 | Comments(0)
鹿児島天文館『ISSO』
f0075588_152948.jpg


 昨日は熊本の『INN6』ゆうすけさん&ぴいちゃん宅にて、ぴいちゃんの美味しいごはんをいただいてから、高速バスにて鹿児島へと長距離移動。

 九州ツアーを始めて丸12年。今年2月にようやく鹿児島に来ることができました。そしていきなり鹿児島天文館がすっかり気に入ってしまいました。

 前回は『MOJO』でライブをさせていただいたのですが、その時にオープニングアクトをしてくれた『寺田原』の大ちゃん(寺田大二郎くん)のお店『ISSO』で打ち上げをしたのが、今回のライブへとつながったのです。
 大ちゃんとの再会。鹿児島弁に気持ちがほっこりとします。
 今回オープニングアクトをつとめてくれたのは24歳のクボタトモヒロくん。好青年です。
 そのクボタくんのリハーサルを聴いてびっくり。この豹変ぶりは誰かさんみたい(笑)。いや、とてもとてもいいのです。声も曲もギターもかっこいいです。
 お手伝いで来て下さった『寺田原』のギタリスト田原さんに美味しい中華屋さんに連れて行ってもらい、再会の乾杯。
 『ISSO』に戻ると、雨だというのにぞくぞくとお客さん。クボタくんの職場の同僚の方もたくさんいらして下さって、ありがたいかぎり。
 クボタくん、本番、さらにいいものを見せてくれました。こんな若者がいてくれるのはうれしいことですね。
 そして、オレももちろん気持ちよく演奏させていただきました。
 お店はやっている人の人柄があらわれるもの。常連さんもしかり。
 『ISSO』は大ちゃんの人柄のよさで、実にいい雰囲気に充ちています。
 打ち上げはそのまま『ISSO』で。大ちゃんの美味しいお料理をいただきながら、話もお酒も弾みます。今回のツアー最終日。実に幸せな時間を過ごさせていただきました。
 また来年2月の再会を約束。きっと帰ってきます!
 
 写真は左からマスター大ちゃん、オレ、クボタトモヒロくん。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-24 15:29 | Comments(0)
熊本『てれすこ』
f0075588_1540173.jpg


 昨日は熊本の『INN66』(インシックス)のゆうすけさん&ぴいちゃんのお宅で、久しぶりにゆっくり眠らせていただき、入浴剤の入ったお風呂から上がると、ぴいちゃんの美味しそうな手料理がテーブルにどーんと。
 ぴいちゃん「寺さんの新しいCD聴きましょう」とオレと板橋文夫さんと瀬尾高志の『DUM SPIRO SPERO』をかけてくれる。
 1曲目の途中で、ぴいちゃん「いいですねえ、お酒飲みたくなりますね!」ということで、前日は運転で一緒に飲めなかったゆうすけさんと3人で酒盛りが始まる。いやあ、幸せです。
 その後、仮眠を取ってから、ライブ態勢に。
 12年前のオレの初九州ツアーの時からずーっとお世話になっている林田くんと藤本っちゃんが、ラジオの収録を終えて迎えに来てくれてライブ会場の『てれすこ』へ。
 『てれすこ』は別の場所で10年やって、つい最近下通りに引っ越して新装オープンしたそうです。
 マスターの古田さんとは初対面でしたが、以前からオレのCDを気に入って、お店でよくかけて下さっていたそうなのです。「やっとお会いでしました!」とうれしいお言葉。
 藤本っちゃんが今回も音響機材を持ち込んでくれて、安心のサウンドチェックを終えると、仕事の都合で打ち上げに参加できない林田くんから「町さん、行きましょう!早くはやく!」と近所の居酒屋で乾杯。これがないとね(笑)。

 さて、ライブ。
 『てれすこ』は今までライブというものをやったとがなかったので、初めての試みだとのこと。光栄ですね。
 とてもいい雰囲気の空間に沢山のお客さんがお集まりいただけて、ありがたいかぎり。
 『INN6』の演奏、昨日もよかったです。こういう演奏家のライブに直に触れられるのは幸せなことですね。ゆうすけさんのギター、ますます冴えてました。
 オレもありがたい盛り上がりの中、演奏
させていただきました。
 終盤、『コロン』のマスター鶴田さんがお店を抜け出して駆けつけて下さって感激!後で聞くと、鶴田さんがオレのCDを初めて聴いたのは、前の『てれすこ』だったそうです。
 そうそう、その『てれすこ』にオレのCDを持ち込んでくれたのが、がちゃこで、昨日はそのがちゃこが受付などで、しっかりとお手伝いしてくれました。ありがたい縁の繋がりです。
 オレのアンコールではせっかくなので『INN6』のお二人にも入ってもらって「ファクトリーガール」を楽しく。
 この歌の歌詞「あの娘は工場で働いてる」のヒントをくれた松本くんに聴いてもらうことができてよかったです。
 大好きな熊本でのありがたい夜は『INN6』のお二人のお宅で締めの乾杯。彼らとの初の2デイズツアーは、とても楽しかったです。本当にありがとうございました。ぺこり。

 写真は『INN6』のお二人と。左がギターのゆうすけさん、右がぴいちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-23 15:40 | Comments(0)
大分県別府『博堂村』
f0075588_17204898.jpg


 昨日は北九州小倉から列車で大分県別府へ。
 さすがにかなり疲れが出て、せっかくの景色は楽しめず。別府に着き、会場の『博堂村』へと向かう途中、前回も気になっていた『高等温泉』に飛び込む。入浴料金二百円!
 いやあ、いいお湯でした。入ってよかったです。ずいぶんと疲れがとれました。別府温泉力素晴らしい。

 ライブは昨年出会った『バンチラ先生』ことぴいちゃんが、2月にセッティングしてくれてジョイントライブをさせてもらった『博堂村』で。
 今回はぴいちゃんとギターのゆうすけさんと11年やっているユニット『INN6』(インシックス)とのジョイントで。
 『博堂村』のママさんには前回のライブで、気に入っていただき、うれしい再会です。
 ぴいちゃんのソロ『バンチラ先生』では3回ご一緒させていただいてますが、ゆうすけさんとは初めてお会いできました。お人柄のよさが、丁寧なギタープレイにあらわれています。歌に専念したぴいちゃんのパフォーマンスも秀逸。素敵なライブでした。
 オレももちろん、いいお客さんと共に作る空気の中、気持ちよく演奏させていただきました。
 博堂村ママに、楽しい打ち上げをしていただき、ゆうすけさんとぴいちゃんとオレでのセッションも飛び出し、いい時間でした。
 その後、ゆうすけさんの運転で熊本へ。ゆうすけさんは素敵なギタリストですが、ちゃんとしたサラリーマンでもあるので、この4月から転勤で熊本へ引っ越したのです。

 ゆうすけさんと、ぴいちゃんおかげで、久しぶりにゆっくり過ごさせていただいてます。
 大好きな熊本で、今夜も歌います。

 写真は『高等温泉』外観。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-22 17:20 | Comments(0)
北九州小倉『フォークビレッジ』
f0075588_17235388.jpg


 昨日は福岡天神から高速バスで北九州小倉へ。

 今回も世話人をつとめてくれる川中くんに、門司の関門海峡の見える温泉に連れて行ってもらってから『フォークビレッジ』へ。
 この小野さんが20年守り続けて下さっている場所で福岡の森田馨介さんとジョイントライブをするのは大切なオレのライフワーク。

 本日は9月21日は当サイトを立ち上げてくれたヤマグチコージの3回忌。
 馨介さんのコージへの想い、そしてこの春に逝ってしまった橋本潤さんと何度も共演した馨介さんの潤さんへの想い。
 それがオレの魂を震わせ、そして、共振させてくれました。
 今、ここにいて、こうして歌ってる、今もここにいて、こうして歌いたい。

 写真は最後の締めで飲みに行った『ブレイクオンスルー』で、左からマスターのタケちゃん(大好きな人です)オレ、世話人の川中くん。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-21 17:23 | Comments(0)
福岡、警固 酒場『月』(げつ)
f0075588_18153353.jpg


 昨日は佐賀より再び福岡へ。今回のロングツアーで初めての雨。ライブ晴れ男のオレですが、不思議と福岡は雨が多いのです。

 でも、そんな天気さえ、よい雰囲気に思えてしまう酒場『月』(げつ)。タックルさんが17年わたって続けているお店。
 昨年、野中容子さんとイマヤンに連れてきていただき、すっかり気に入ってしまい、今年の2月、容子さん、イマヤン、そしてご近所の素敵な立呑屋さん『けご2の14』のママさんのご協力のもと、とてもいい雰囲気のライブをさせていただきました。
 今回も、そんなありがたい流れの中、前回よりさらに気持ちよく演奏させていただけました。
 お店の雰囲気はもちろん、お客さんの「気」がとてもよかったです。

 アフターアワーズは前回のように、スタッフでもあるヒロシくんのギターとセッション。前回より遥かにいい演奏でした。うれしいことです。

 始まる前にも『けご2の14』に軽く行きましたが(何しろ『月』から徒歩30秒、楽屋みたいです・笑)終わってからも皆さんと。だって本当にいいお店なんですよ。あたたかいお人柄のママさんの美味しい料理。こういうお店に集まるお客さんはやっぱりいい人が多いのです。
 肌寒いくらいの昨日。気持ちはとてもあたたかでした。皆さん、ありがとうございました!
 

 写真1は暗いですが、『月』店内で、左からヒロシくん、マスターのタックルさん、オレ。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-20 18:15 | Comments(0)
佐賀『パンチドバース』さらに追伸
f0075588_11182418.jpg

f0075588_11182477.jpg

f0075588_11182410.jpg


 パンチドバースさんでは、毎回、寺田町Tシャツを作って下さって感激なのですが、今回はこれです。
 そして、とっても大きな色紙にサインをさせていただきました。
 本当にありがたいことです。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-20 11:18 | Comments(0)
追伸、佐賀『パンチドバース』
f0075588_17740.jpg

f0075588_17765.jpg

f0075588_17789.jpg


 佐賀『パンチドバース』の写真追加。
 毎回、素敵な寺田町Tシャツを作っていただいてますが、今回はこれ。表と裏。
 そして、パンチドバースののりちゃんとのうれしいツーショット。
 のりちゃん、本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2014-09-20 01:07 | Comments(0)
佐賀『パンチドバース』
f0075588_16283126.jpg


 昨日は福岡から佐賀へ。今回で3回目の『パンチドバース』。大久保浩司くんと紀子ちゃんにお会いできるのがうれしいです。

 スタッフであり、キーボード弾き語りシンガーソングライターの矢次麻紗美ちゃんにクルマでお迎えに来ていただき、お店へ。
 麻紗美ちゃん、地元なのに道を間違え、おかげさまで立派な佐賀神社を見ることができました(笑)。

 今回もオープニングアクトとして、最初に麻紗美ちゃんが。
 前回2月よりもレベルアップしているのが伝わりました。新曲から彼女の頑張っているのが感じられました。最後の曲は彼女が初めて書いた歌「ネーム」。いい歌です。

 そして11月1〜3日と『佐賀ミュージックフェスティバル』(SMF)を主催する佐野マサルくんが前回と同じく福岡の達人エレクトリックベーシスト、ムッシュ山本くんとのデュオでやってくれたのですが、演奏は「前回と同じく」では全くなくて、ものすごいグレードアップしていてびっくり。
 ムッシュはただでさえすごいのがさらに。
 佐野くんは前は楽器(エレクトリックギター)と彼の間に少し距離を感じましたが、今回はもうギターと彼自身が一体となり、そしてムッシュとのアンサンブルも絶妙で、ものすごいグルーヴが生まれていました。彼のオリジナルを初めて聴きましたが、とてもよかったです。いやあ、いいものを聴かせていただきました。
 オレももちろん入魂です。ちょっと力みもあったかなと反省もありますが、浩司くん、のりちゃんをはじめ、感動を伝えていただき、ありがたかったです。
 次は11月の佐賀ミュージックフェスティバル!なんとフリー(無料)ライブ!佐賀の街中がライブ会場となります!オレは3日のお昼頃佐賀駅前のメイン会場で演奏します。
 このすごいイベントを佐野くんがほとんど一人で頑張っている姿は感動的です。皆さん、11月1〜3日は佐賀へ行きましょう!

 写真は佐賀マサルくん(左)とツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2014-09-19 16:28 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...