Top
<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
東京高円寺『ペンギンハウス』!
f0075588_005973.jpg


 今年30周年の『ペンギンハウス』。マスター亜郎さん、今年は寺田町全月出演を目論んで下さってます。
 今日のペンギンも楽しかったです。
 先月は亜郎さんともジミー矢島さんともあまりお話できなかったのが残念でしたが、今回はけっこうお話できてうれしかったです。
 毎月学びのあるペンギンライブ。来月も楽しみです。
 写真は月に2、3回スタッフで入るテキサス一万尺。1年以上ぶりに会えてうれしかった!実はいい女(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-31 00:01 | Comments(0)
愛知県豊橋『Coty』
f0075588_216147.jpg


 昨日はピアノの石田幹雄とのツアー5日目、最終日。
 『ハウスアムメーア』でコーヒーをいただき、宇野さんのクルマと長谷川アキのクルマに分乗して福井駅まで送っていただく。車窓からの田園風景が美しい。麦秋。

 早目に着いたので、今年も宇野さんに越前そばをごちそうになる。美味しいんだから、本当に。

 福井駅から高速バスで名古屋駅まで。そこから名鉄電車な乗り換えて豊橋まで。長距離移動ですね。それにしても今回も全日晴れ。ライブ晴れ男健在。

 今回の豊橋はオレは初めての『Coty』。(幹雄は今年2月に自分のグループで来ています。)
 元フィリピンパブだった場所だそうですが(笑)なかなかよい雰囲気のお店です。ピアノもいい音しています。
 もちろん幹雄のピアノ素晴らしく、連日ごとに、様々に広がる音世界が、実は大切な積み重ねを2人でしてきた5日間だったのです。
 音楽は、ライブは本当に素晴らしいなあ、とあらためてあらためて思うのでした。今回も幹雄とのツアーやれて本当によかったです。
 そして打ち上げはもちろんタカオくんのお店『イーストオレンジ』でお疲れさま。ワインが美味しかったです。

 写真は打ち上げでグロッタのひろみさんと幹雄。ひろみさんのおかげで、今回も豊橋で幹雄とやることができました。いつも本当にありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2014-05-26 21:06 | Comments(0)
-
f0075588_1520021.jpg


 昨日はピアノの石田幹雄とのツアー4日目。
 三重県四日市駅で今西さんに見送っていただき、まず名古屋へ。
 名古屋から高速バスに乗り福井まで。
 福井駅からえちぜん鉄道に乗り終点の三国港まで。
 えちぜん鉄道はいまだに改札で駅員さんが切符にハサミを入れてくれるのです。今年も健在でありました。ホームのベンチに座った恐竜くんもちゃんといました。
 えちぜん鉄道の車窓からは今年も麦秋の田園風景が広がっていました。実によい天気。

 三国港の駅には今年も『ハウスアムメーア』の森岡千代子さんにクルマでお迎えいただき、1年ぶりのご挨拶。
 東尋坊の美しい風景を見ながら『ハウスアムメーア』まで。ハウスアムメーアはドイツ語で海の家。素敵なペンションであり、その中のレストラン『砂』で毎年ライブをさせていただいています。
 メーアに着くと越前市からはるばる(笑)来て下さったボーカリスト宇野雅之さんが既に音響のセッティングをしてくれています。宇野さんとのつきあいも長くなりました。毎年お世話になってます。
 今年は宇野さんはライブには出演せず、最初に演奏していただいたのはボーカルのエイカちゃんとギターの石森さんのデュオ。いやあ、素晴らしく上手いお二人でした。

 そして石田幹雄のピアノは昨日も素晴らしく、沢山のお客さんもありがたく、後半、メーアのパパさん森岡雅男さんに2曲ドラムを叩いていただき、ラストは幹雄のピアノだけで「Rally'RoundTheFlag」美しい幹雄のピアノ。そしてアンコール「チンピラ」!
 さて、ここでの楽しみの一つは打ち上げ。興がのってくると宇野さんがギターを出して歌い始めるとセッションの始まり。よい時間でした。メーアの寺ちゃんごそうさま。遅くまでおつきあいありがとうございました。
 
[PR]
by teradamachi | 2014-05-25 15:20 | Comments(0)
三重県四日市『TAKE0』
f0075588_1313536.jpg


 ピアノの石田幹雄とのツアーは続きます。
 昨日は津の『パラドックス』のハッチ宅にて午後までゆっくりさせてもらってから四日市へ。
 以前は名古屋でオレを応援して下さっていた今西さん。数年前から三重県鈴鹿に居を移していて、今回、四日市の『TAKE0』にてお店と共同企画でライブを主催して下さいました。

 『TAKE0』は2年前から始まったお店。白木の明るい素敵なジャズ喫茶です。やさしそうなマスターいとうさん。お手伝いをして下さった山口さんも、とてもよい方でした。
 ピアノは今回のツアーでは初めてのグランド。これを幹雄を素晴らしく鳴らします。お客さんが喜んで下さっているのがひしひしと伝わってきました。『TAKE0』の空間はオレの身体にしっくりとなじんで、とても気持ちよく演奏させていただきました。
 今西さん、いとうさん、山口さん、本当にありがとうございました!
 写真は『TAKE0』にて左からマスターいとうさん、今西さん、幹雄。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-24 13:13 | Comments(0)
三重県津 大門『パラドックス』
f0075588_15101188.jpg


 ピアノの石田幹雄とのツアー2日目。三重県津市大門の『パラドックス』。ハッチのお店です。
 名古屋で泊めてもらったHOBOけいすけのクルマで送ってもらっちゃいました。いつも色々とありがとう、
 『パラドックス』でいつも音響をやってくれる岩佐均くんとはオレは30年来のつきあいになります。ちょっと久しぶりに色々と話し込んでしまいました。

 パラドックスのピアノは限りなく生ピアノに近い電気(電子ではない)ピアノ。石田幹雄が生ピアノ以外を弾くことはまずありませんが、昨日のライブでは、そういったこの楽器の特性を駆使した面も含めて爆発的な演奏をしてくれました。
 昨日のライブはまた、ある意味で特別な意味合いがあったのですが。また書く機会があればあらためて。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-23 15:10 | Comments(0)
石田幹雄とのツアー初日、名古屋今池『得三』
f0075588_16273310.jpg

f0075588_1627337.jpg


 昨日からピアノの石田幹雄とのツアー。
 名古屋今池の名店『得三』。
 考えてみたら幹雄と会うのは昨年11月のツアーでこの『得三』でやって以来なのでした。こんなに会わないのも珍しいことです。
 今回のジョイント相手は男前ギター弾き吉村瞳ちゃんと大阪のパーカッショニスト小笠原友子ちゃんのデュオバンド。
 瞳ちゃん、5本のギターを使い分けての巧みなプレイ。そのそつのなさを越えてきてもらえたらオレはもっとうれしいかな、と期待します。またきっと聴かせてほしいです。

 そして半年ぶりの石田幹雄との演奏。幹雄はまたさらに音楽の森の奥深く踏み込んでいます。素晴らしい。
 個人的には、先月亡くなってしまったエレクトリックベースの橋本潤さんとよく一緒に立った、この得三のステージ。言葉にならない想いを音にたくせたらと思いました。

 写真はHOBOけいすけが撮ってくれました。1はライブ中の様子。2は終演後、観に来て下さった大先輩いとうたかおさんと談笑するオレ。FM浜松での番組『いとうたかおの小さな唄に手をひかれ』で2週続けて寺田町特集をしてくれて、その中で橋本潤さんの追悼もして下さったそうです。ありがとうございます。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-22 16:27 | Comments(2)
阿佐ヶ谷『ハーネス』でアコーディオン熊坂るつこちゃんとのデュオライブでした。
f0075588_0555421.jpg

f0075588_0555419.jpg


 阿佐ヶ谷『ハーネス』で3月以来のアコーディオン熊坂るつこちゃんとのデュオライブ。
 今は愛媛にて新たなお店展開をしていらっしゃる『サンジャック』店主、平林知己さんに西荻窪サンジャック時代にご紹介いただいて共演させてもらえるようになった、るっちゃん。
 一緒に演奏するたぴにに、その成長をうれしく感じさせてもらってきましたが、本日はまた新たに、深く、そして、よい意味でのゆとりも感じさせてくれました。と言っても、ますます全身全霊での演奏なのですが。いや、許容量が増えた分、より、深く、力強くたましいを込められるようになったのかも知れません。なんて、オレがエラそうに言えるハナシではありませんが(笑)。
 かぎりある命というものを、言葉上でなく身近を通して実感として感じさせてもらっているこの頃。だからこそ、より、と。まだそこからは遠くあってほしいるっちゃんを通して、そして、もちろん自らの実感として、前向きに思わせてもらえたライブでした。
 これから、もっとさらにさらに。歌って、演奏していきます。

 写真1は、いつもありがたい入江さんに撮っていただいたライブ写真。
 そして2枚目は、ハーネスのステージで終演後、るっちゃん。るっちゃんとは次回はるっちゃんバースデイライブ!
[PR]
by teradamachi | 2014-05-17 00:55 | Comments(0)
江ノ島
f0075588_15374820.jpg


 せっかく湘南に越して来たのに、なかなか江ノ島へ足が向かなかったのは某有名バンドのイメージが強くあったかも知れませんね。

 昨日の夕方、ふと思い立ち、湘南モノレールの駅へ。あっという間に江ノ島駅に降り立ちました。
 洲花通りを抜けて海へ。江ノ島大橋を渡り、江ノ島へ着きました。
 この小さな離島へ渡るのに、こんな立派な橋をかけたのが不思議に思えますが、藤沢市には大きな観光財源なのでしょうか。
 平日のせいか、思ったほど人はいなくて、メイン通りを脇へそれ、露地を抜けると穴場といった感じの入江へ出ます。しばし海を見ながらビール。
 鎌倉は小さな山々が素晴らしいので大好きですが、この感じの海はまた素敵です。
 さらに足を伸ばして稚児ヶ渕へ。
 ここは潮が引いている時は平たい岩場へ降りられるそうですが、かなり満ちて来ていました。
 オレが生まれ育った愛知県知多半島の伊勢湾側の海は、内海でもあり、遠浅の砂浜だったので、こうした岩場の海岸の海鳴りとは、同じ海鳴りでも全然違っていました。
 おそらく岩場の下の隙間への出入りのせいもあるのでしょう。実に複雑な響き。そして海の色も場所により、実に様々な色合いを見せてくれています。ターナーの絵画を思い出したりもしました。
 その上には沢山のトンビが小魚を狙って飛び交っています。
 驚いたのは、トンビの大きさ。鎌倉にも沢山トンビはいますが、ここまで大きくはないです。
 ちょうど黄昏時。空の色も刻々と変わり、ある時はまるで空と海とが入れ替わってしまったようにも見えます。
 そんな風景の中、しばし海風に無心に身を委ねていると、気がつけば潮は引き始めていました。ちょうど満潮のピークの少し前に、ここに着いたようです。
 大自然の大きさ、豊かさ、と一言で片付けてしまうには、あまりにも深く複雑でしかも素朴で大きな何かが堂々と混沌として目の前にありました。
 住んでいる場所からこんなに近くにこのような場所があるとは。こうした風景に身を置く時間を惜しんではいけませんね。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-16 15:37 | Comments(0)
昨日の続き
f0075588_2328468.jpg


 そう、東京、新井薬師前『ロックセットカフェ』3周年記念ライブ。タイトルは『オバケビルナイト3周年』。なかなかに歴史のあるビルの3階に、このお店はあるのです。

 さて、昨日の出演者ですが、トップは『Guellb er Richat ensenble』(ゲルブ・アル・リシャット・アンサンブル)。
 ボーカル、ハーモニカ、瓢箪笛の祥子さん、ガット&ピックギター、チャランゴの二瓶さん、ジャンベの甚兵衛くんのトリオ。
 ジプシー的な世界観をイメージした全曲、二瓶さんの作詞作曲作品。とても豊かなイメージの広がりのある歌たちでした。
 祥子さんの歌、存在感、素晴らしかったです。
 3人の楽器演奏は決してテクニカルなものではありませんが、充分に音楽としてのしっかりとしたアンサンブルを紡いでいました。
 この感じ、何かを思い出すなあ、と考えたら、あ、『劇団どくんご』が公演の始めと終わりに『楽団どくんご』として演奏するあの感じだ!と思い当たりました。素敵なイメージの反射です。
 また素敵なミュージシャン達に出会えてうれしいです。
 そして本間章浩さん。もとい、本間章浩!(笑)
 いつもながら全身全霊での彼のライブ。昨日も素晴らしかったです。新曲いいです。この人と出会えたこと、本当にうれしいです。
 そして昨日は『ロックセットカフェ』のマスター、コーちゃんのギターとボーカルのキャバレヲンの『55(ゴーゴー)キャバレヲン』が楽しいステージをやってくれました。コーちゃん、丁寧ないいギターを弾きます。そしてコーちゃん、歌もいいです。
 そしてそして、トリはオレが心してとらせていただきました。素晴らしいロックセットの空間。素晴らしいお客さん、出演者の皆さん、お手伝いして下さったひろみさん、クッキーちゃん、心より感謝を込めて。
 あらためて『ロックセットカフェ』3周年おめでとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2014-05-12 23:28 | Comments(2)
東京、新井薬師前『ロックセットカフェ』3周年記念ライブ!
f0075588_0402647.jpg


 昨年のありがたい出来事の一つにはロックバンド『赤と黒』のギタリストであり、近年、自らのバンド『キングビスケット』、そしてアコースティックギターでのソロ歌いでの精力的な活動をしている本間章浩さんとの出会いでした。
 その本間章浩さん、あ、いけない!本日、ちょっと年下の本間さんから「寺田町さん!『本間さん』も『本間くん』もやめて下さい!」と言われたので、本日より勇気をもってホンマアキヒロ!と呼ばせてもらう努力を開始しております(笑)。
 そしてハナシは戻り、その「ホンマアキヒロ」(笑)のおかげで昨年11月と12月にライブをさせていただいた、東京は新井薬師前『ロックセットカフェ』。
 マスターのコーちゃんとは初対面でばっちり意気投合できた感じだったのですが、2回目の暮れの時には1回目にオレが座ったカウンター奥の席が、既に『寺田町さんの指定席』と言っていただき、今回は当然のようにコーちゃんから「いつもの席に」と言っていただけたのでした。なんとありがたく、贅沢なお話でしょう。
 で、今年1月に本間章浩から(笑)電話。「ロックセットカフェのコーちゃんが、寺田町さんを聴きたいと言ってるので企画していいですか?」もちろん、よろこんで!
 で、決まったのが本日5月11日のライブ。ちょっと先だよね、なんで5月なのかな?と思っていたら、本日判明した事実。なんとおめでたい『ロックセットカフェ』3周年記念イベントだったのでした!
 こうして終わっての帰り道、それにしてもいいライブイベントだったなあ!こんな素敵なイベントに呼んでいただけて、本当にうれしかったです。
 内容についてはまた明日書きたいと思います。
 『ロックセットカフェ』3周年おめでとうございます!
 写真は帰りがけにあわてて撮らせていただいたカウンターの中のマスター、コーちゃん。ジム・ジャームッシュの映画『ダウン・バイ・ロウ』のTシャツを着てますが、オレのおんぼろ携帯カメラではわかりませんね。すみません。
[PR]
by teradamachi | 2014-05-12 00:40 | Comments(2)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...