Top
<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ザ・ホイップ@下北沢『アポロ』
f0075588_17144121.jpg


 昨日は雨模様の中を都内へ。下北沢『アポロ』にてウッドベース瀬尾高志、ドラム竹村一哲とのトリオ『ザ・ホイップ』での今年初のライブ。
 ライブ晴れ男のオレですが、なにしろこのバンドが発生したのは吹雪の北海道岩見沢ですからね。小雨くらいは仕方がありません(笑)。
 今オレがやっているセットの中では唯一の打楽器の入ったバンド。故にこのバンドのキーマンは一哲です。そして板橋文夫さんとのトリオでのリズム隊である瀬尾と一哲。様々な形で共演を重ねている瀬尾とオレ。これらが発展形となり、毎回、実に面白い演奏になってます。
 ますます楽しみなザ・ホイップ。みんなでホイップしよう!(笑)
 写真はアポロのチョコレートパズルに取り組み一哲(左)と瀬尾。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-28 17:14 | Comments(0)
別府『博堂村』
f0075588_1915111.jpg


 昨日は大分市から別府へ。昨年秋に福岡で出会った歌姫『パンチラ先生』ことぴいちゃんがセッティングしてくれて『博堂村』での初ライブ。
 ママさんがとても明るいパワーを持った方で、そのママを慕ったミュージシャンやお客さんが集まって来るのがよくわかります。

 最初に地元のスター田口千里くんが演奏して下さいました。その途中、前日の大分ライブを(忙しくて)見られなかった『フラミンゴ』『ジャンクスタイル』のオーナー岩崎ユウジくんが到着!いやあ、うれしいびっくりがまたひとつ。うれしいなあ。
 次に『パンチラ先生』ぴいちゃんが、昨年秋よりさらに進化したライブをしてくれました。
 そしてオレです。初めての『博堂村』でしたが、実に演奏しやすく、音響ゴンちゃん、ありがとうございます。
 アンコールはユウジくんからのリクエストで「ブルーカラーズブルース」。ユウジくん、踊ってくれてうれしかったです。
 あたたかい雰囲気の打ち上げもありがたく、最後までいたかったですが、足の靭帯を切っているぴいちゃんのために福岡からクルマを出して下さった、優しい藤城さんの運転で、博多のぴいちゃん宅へ。おかげさまでゆっくり眠らせていただき、幸せなロングツアー最終日となりました。お世話になった皆さんに、心から感謝を込めて。

 写真はぴいちゃんとのツーショット。
 
[PR]
by teradamachi | 2014-02-24 19:01 | Comments(3)
大分『ティンパンアレイ』
f0075588_1585468.jpg


 昨日は熊本から高速バスで大分へ。このルートは初めて。
 寝不足だったのでしばらくぐっすり眠って、竹田の辺りで目を覚ますと雪景色にびっくり。ここまでしっかりと積もった雪を九州で見るのは初めて。今回のツアーは初の鹿児島で、九州全県制覇だったり、初めてのことがまたまた。

 前回9月の大分は『国東魂ロックフェス』だったので、大分市内は1年ぶり。
 今回も大分の素晴らしいボーカリスト田中ヤスが企画してくれました。毎回本当にありがたいです。
 『ロッキン博徒、第ニ弾』。会場は1年前と同じ『ティンパンアレイ』。
 最初に『スリープウォーカーズ』(大人の正しいロックバンドでした)がやってくれてオレ。大分の熱い聴き手の皆さんが今回もうれしい!
 そして締めはヤスのバンド『THE飛富士』(ザ・フライ・フジ)。ギターのシローさん、ベースのカワタ、ドラムのゴー。後半の彼らの新曲「クロエ」が素晴らしく、鳥肌ものの演奏でした。1年の助走を経て、富士は空高く舞い上がりました。こんな瞬間に立ち会えるなんて!だからライブはやめられません。

 ところでオレの大事な友人、ギター職人の飯沼哲くん御一家がお客さんで来て下さってびっくり。
 彼らは東日本大震災に伴う原発事故の直前に、第三子が生まれたところなので、事故後に沖縄へ移住していたのですが、ついこの間、熊本県阿蘇郡へと引越したのでした。うれしいびっくりの再会でした。
 何せオレが今使っているヤマハの古いガットギターは、飯沼ちゃんが子供の時に初めて買ってもらったものを、オレに譲ってくれたのです。

 ともあれ、大分名物の打ち上げは、元々オレの大分ライブを主催してくれていたフラミンゴの岩崎ユウジくんが1年前に新たに出したお店「ジャンクスタイル」で。ユウジくんの作ってくれたものすごく美味しい料理に感激。そしてさらに二次会は『フラミンゴ』。相変わらず大分の夜は長かったのでした(笑)。
 写真は打ち上げで、ヤスとのツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-23 15:08 | Comments(0)
再び熊本!『バトルボックス』
f0075588_1644388.jpg


 昨日も鹿児島から再び熊本へと長距離移動。途中の風景が素晴らしい。九州の雄大な自然。
 
 ライブ会場は林田くんの『バトルボックス』。音響はもちろん藤本ちゃんがやってくれます。
 サウンドチェックの後、林田くんと近所の居酒屋さんで軽く飲むのはいつもの大事な儀式(笑)なのです。
 今回のオープニングアクトは26歳の丸田裕也くん、そして30歳の富永健太くん。健太は12年前のオレの初の熊本ライブの時にオープニングアクトをしてくれたのです。
 二人ともとても上手だし、人柄もよいのですが、その先にある音楽の表れ、と言ったらよいのでしょうか、それをいつか形にしてほしいな、と思いました。
 『バトルボックス』のステージの空間はある意味劇場的で、音の響きもオレとは相性がよく、とてもやりやすいです。アンコールは林田くんからのリクエストで「モモ、歌おうぜ」。

 打ち上げはやはりいつもの『ファンタイム』。ママのまゆみちゃんは毎回ライブに来て下さってからお店を開けてくれるのです。本当に皆さんありがとうございます。

 写真は林田くん(左)と藤本ちゃん。手にしているのは二人が以前一緒にやっていたバンド『ロッビング・ザ・クレイドル』の20年前のCD。最近林田くんの実家で発見されたものをオレもいただいちゃいました。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-22 16:44 | Comments(0)
初の鹿児島!『MOJO』
f0075588_162306.jpg

f0075588_1623091.jpg

f0075588_1623036.jpg


 昨日はとてもよい天気の中を高速バスで宮崎から鹿児島へ。
 初めての鹿児島。車窓からの山並み、木々の様子がオレが今まで見たことのない風土であることを物語っています。

 天文館でバスを降りて文化通りという通りを歩いてホテルへ。よさげな飲み屋がいっぱい。きっとここはいい町に違いない。

 ライブ会場のお店『MOJO』はその名からわかるようにブルースなお店。マスターの三宅康太郎さんはブルースハーピスト。感じのよい方です。

 オープニングアクトをつとめてくれるのはボーカル、ギターの寺田大二郎くんとギターの田原さんで『寺田原』。ややこしいです(笑)。
 本番前、お二人に『海産』という素敵な居酒屋さんに連れて行っていただき乾杯。鹿児島の美味、キビナゴのお刺身、鳥刺、カツオの「腹側」。いやあ、美味しかったです。

 ライブ、お二人のあったかなオープニング。ラストの曲は康太郎さんのハープをフューチャー。康太郎さん、かっこいい。

 そしてオレ。『MOJO』はとても演奏しやすい空間。ぐいぐいと音楽の中へと入っていけました。アンコールまでうれしかった鹿児島初のライブとなりました。
 打ち上げは大二郎くんのお店『ISSO』へ。ここがまたいいお店で、次回はここでライブをさせていただくことになりました。
 鹿児島、どこかへ行ったわけではないのに、街の肌触りがオレには合う感じがして、いっぺんに好きになってしまいました。鹿児島弁もあたたかくて素敵です。

 写真1は天文館の文化通り入り口に『さつま白波』と。さすが芋焼酎の街。
 写真2は文化通りの目印のビル。面白いのでパチリ。
写真は『MOJO』のマスター、コータローさん(左)と大ちゃんこと寺田大二郎くん。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-21 16:02 | Comments(0)
宮崎、小田ヒロさん企画@『イベントリゾート』
f0075588_1414676.jpg


 昨日は前日の佐賀『パンチドバース』での楽しい思い出を胸に、宮崎まで高速バスで長距離移動。

 宮崎でのライブはずっと『ケイキー』のセイさんが奥さんの美保ちゃんとやってくれていたのですが、今はセイさんがあちこち外国まで飛び回る生活なので、昨年9月の宮崎ライブはセイさんが紹介して下さったミュージックであり、プロモーター的なこともしている小田ヒロさんがやって下さって、今回は2回目。

 前回の会場『ADOS』が残念ながら無くなってしまい、今回はゲッソーこと甲斐さんがやっている『イベントリゾート』というスペース。
 珍しく雨にたたられてお客さんは少な目でしたが、今は『アンドレ貴島』のママである美保ちゃんが美味しい食事を作って来て下さったり、オープニングの野中兄弟『朱音』、拙いけれど一生懸命、そしてヒロさんの達者なステージでいい雰囲気を作ってくれました。
 アンコールをいただいたので、ヒロさんへ「チンピラ」を。
 その後、近くの『ストロボマンボ』というバーに連れて行っていただいたのですが、ここがまたいいお店でした。
 マスターのマボさんはオレより4歳下で、かつて『ウルトラブレイカー』というコミックパンクバンド(?)のボーカルでメジャーシーンで活動していたのですが、なんとそのバンドのドラマーが、あの外山明さんでびっくりでした。
 少し演奏させていただくことになり、2曲を気持ちよく歌わせていただいたところ、マボさん、すっかり気に入っていだけて、秋にはここでライブをさせていただくことになりました。新たな出会いに感謝です。
 写真はヒロさん。今回も本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2014-02-20 14:14 | Comments(0)
佐賀『パンチドバース』
f0075588_4173892.jpg

f0075588_4173893.jpg


 小倉の川中くんのおかげで、昨年6月に初めての佐賀でのライブをさせていただいた『パンチドバース』さん。今回は2回目。
 大久保さんとのりちゃんの素敵なお店。スタッフの皆さんも素晴らしい!「待ち遠しかったです!」とのお言葉のなんとうれしいこと。

 前回に次いで、オープニング、そして共演させていただいたブルースマン佐野マモルさんと、初対面でしたが素晴らしいベース弾きムッシュー山本さん(福岡から)。
 最初にピアノの弾き語りをしてくれた麻紗美ちゃん。 
 佐賀、という街に出会えてのありがさ、幸せについては、また改めてかたりますが、この写真をご覧になっていただければ一目瞭然ですね。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-19 04:17 | Comments(0)
福岡、警固 酒場『月』(げつ)
f0075588_16514715.jpg


 昨日は小倉からまた福岡へ。珍しく雨になりました。
 昨年9月のツアー空き日に、いつもお世話になっている野中容子さんとイマヤンに連れて行っていただいた「酒場『月』(げつ)」。
 その雰囲気のよさが気に入ってしまい、今回、容子さんにも協力していただきライブをさせてもらいました。
 本番前は近所の大好きな立呑屋さん『警固2の14』(住所が店名なのです)に連れて行っていただきご機嫌です。
 『月』は細い階段を上り2階のお店。昔は1階が駄菓子屋さんで、2階はそのご家族が暮らしお家、ロフトが倉庫だったそうです。
 現在はロフトは吹き抜けにして、古い梁が建物の歴史を語ります。
 壁にはトム・ウェイツの『ハート・オブ・サタデイナイト』のジャケットの模写。この空間がいいライブをさせてくれました。
 2部に分けてゆったりと。福岡のライブはどこも楽しいですが、普段のこのやり方ができたのは初めてのことでした。
 終演後、お手伝いをしてくれたヒロシくんが「近所の知り合いにギター借りて来ました。セッションしましょう!」こういう気持ちのあるやつは大好きです。喜んで数曲楽しくさせてもらいました。
 その後は容子さんに、とってもとっても美味しいお寿司屋さんに連れて行っていただき、もったいないくらいありがたい夜でした。
 写真は『月』マスターのタックルさん(左)とお手伝いしてくれたヒロシくん。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-18 16:51 | Comments(0)
北九州 小倉『フォークビレッジ』

 昨日は博多から北九州小倉へ。とてもよい天気でずいぶんあたたかです。
 いつも小倉で世話人をしてくれている川中くんに今回もすっかりお世話になってしまいました。
 ライブ会場はいつもの『フォークビレッジ』。小野さんが大切に守っておられるお店です。
 そしてここでは毎回、オレが敬愛する森田馨介さんとのジョイントライブ。

 オープニングアクトをしてくれたのは『イッツ・ア・ワンダフルワールド』という男性二人組。ちょっと聴いたことのない、そして見たことのない、よい意味でおかしな世界でした。また見てみたいですね。

 馨介さん、また新たにどんどん曲を書いてるようで、同い年としてうれしいです。昨日も素敵なステージを見せてくれました。
 そしてもちろんオレもそれに応えて、丁寧にしっかりと、よいものができたと思います。
 アンコールは馨介さんからのリクエストで「コヨーテ」。そして川中くんからのリクエストで「ドアのノブにはクリスマスのリボンが」。

 写真は川中くんからの送信待ちです(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2014-02-17 16:55 | Comments(0)
福岡天神、渡辺通り『プレアデス』
f0075588_16544488.jpg


 昨日は熊本から三たび福岡天神へ。
 今回も『プレアデス』でのライヴはアジが企画してくれました。
 タイトルは『西アフリカ発アイルランド経由、寺田町行き、俺とあいつの旅』 アジの参加している『楽団アフリカ』とは今回で4度目の共演。素晴らしいバンドであることは毎回このブログに書いてますが、昨日も本当によかったです。 今回はバラホンのリナちゃんが演奏に参加できなかったのは残念でしたが、その代わりに素敵なダンスを披露してくれました。
 ちなみに終盤、リーダー村井宏樹くんに誘われ、まさかのオレのソロダンス。でたらめですみませんでした(笑)。
 アイルランド担当(笑)『トムさんズ』。けんさんが調子にノリノリで実に楽しかったです。
 そして初対面の『俺とあいつ』は大塚さんのボーカル、ギターとユウさんのドラムでのデュオバンド。お二人とも実に実に達者なミュージシャンです。福岡のミュージックシーン、層が厚いですね。
 トリをつとめさせていただいたオレももちろん、しっかりと気持ちよく演奏させていただきました。2度にわたる熱いアンコールに感謝です。会長、昨日もお忙しい中、ありがとうございました!

 写真は打ち上げにて、左から会長、オレ、はさまってますが、トムさんズのけんさん、そしてアジ!ありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2014-02-16 16:54 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...