Top
<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
今年も本当にありがとうございました!
f0075588_20202579.jpg

f0075588_2020254.jpg


 昨日はわが愛弟子、矢沢ウエイチとプチ忘年会。

 そして大晦日、先ほど今年最後の練習を終えて、愛用のギターにお疲れさま。今年もよくぞ頑張ってくれました。来年も頼むよ。

 今年1年お世話になった皆さん、本当にありがとうございました!来年も歌っていきますのでよろしくお願いします。

 写真1はわが愛器。
 写真2は秋にウエイチが遊びに来た時に撮ってくれたわが家の窓からの夜明け。よき年になりますようにと願いを込めて。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-31 20:20 | Comments(0)
東京、新井薬師前『ロックセットカフェ』本間章浩デイ スペシャル!
f0075588_2022562.jpg


 昨日は今年最後のライブ。先月に続いて、本間章浩さんの『ロックセットカフェ』でのイベントに呼んでいただきました。
 昨日はロックセットカフェでの本間デイの今年の集大成ということで、本間さんとオレも含めて8組の出演でしたが、全然長い感じはしなくて、終わってみればあっという間でした。
 本間さんと出会ったのは今年で、ちゃんとオレのライブを観ていただいたのが、つい先月ですが、お互い音楽の根っこのところで評価し合えた手応えがあります。
 本間さんとオレは音楽へのアプローチが全然違うのですが、そんな表面的な部分とは関係なく、本間さんの『在り方』がオレにはびしびしと響いてきます。そう、全身全霊で音楽に向かう姿勢はお互い同じなのです。
 そんな本間さんの企画に呼んでいただけたのは、本当にありがたく、光栄なことで、そして昨日のライブは今年最後を締めくくるライブとして、とても納得できるものをやらせていただきました。
 そう、そして本間さんのおかげで出会えた『ロックセットカフェ』という空間、マスターのこーちゃんが作る空間、大好きです。スタッフの皆さんも本当に感じがよく、うれしくなってしまいます。
 本当にありがたい今年のライブ納め。皆さんありがとうございました!
 写真はロックセットカフェのカウンターのマスターこーちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-29 20:02 | Comments(0)
大阪、心斎橋アメリカ村『リードカフェ』元橋たいぞうプレゼンツ 地下系2
f0075588_1454424.jpg


 昨日は和歌山から大阪へ。ツアー最終日までしっかり晴れ。
 ライブは心斎橋アメリカ村三角公園向かいの『リードカフェ』。元橋たいぞうくんプレゼンツのイベントライブ『地下系2』。
 『リードカフェ』初めてでしたが、いいお店です。お店の角島さんもトクヤマさんもいい方でした。

 トップは急きょ登場のわじゅくん。
 そして次に『ゆうさりゆうされば』ことファギちゃん。オレには大受でありました。ちょっと聴き、不思議ちゃんかと思われそうですが、すごく音楽的。リズムに対する感覚が先天的に自由なのか、ポピュラー音楽の型に縛られていない。例えれば、よい意味でクラッシック音楽的とも言えます。ギター、無茶苦茶素晴らしかったです。習いたい(笑)。
 そして、以前からお互い共通の友人達から名前を聞いていて、ようやく会えた『スキマノザラシ』のギタリスト、イトイガワくんと、ドラムの山本将弘くんのユニット。
 イトヤンは始めに「たぶんうるさいと思います」と言ったけれど、全然そんなことはなくて、とてもいいバランスでした。ギターと歌とドラムで、空間を大切にしたサウンドは大いに共感しました。お二人ともいいミュージシャンです。
 そして最後はオレが丁寧に締めさせていただきました。いいお客さん。アンコールうれしかったです。

 写真は終演後、イトヤン(右)とツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-26 14:05 | Comments(0)
和歌山『Brute』男達のクリスマスイヴ
f0075588_153808.jpg


 昨日も晴天。京都から和歌山へ。

 『Brute』での「男達のクリスマスイヴ」も今回で5回目。(イヴではなくクリスマス当日の場合もあります)

 17周年を迎えたばかりの『Brute』の西川剛くん、お元気そうで何より。「90歳現役」を目指していると豪語。彼ならきっとそうなるでしょう(笑)。そしたらオレは94歳ですね(笑)。

 本番前は恒例の、美味しい焼き鳥とおでんをいただいてライブはスタート。
 今年もトップは『ブルート』お手伝いのナビ。今年は頑張ったね(笑)。
 そして初対面のドラネコくんがやってくれて、オレ。
 西川くんの同級生で、『ブルート』のお手伝いをよくしてくれていた素敵な女性マコッちゃんが10月に癌で亡くなったと聞いたのはショックでした。
 オレはマコッちゃんの遺影を前に歌わせていただきました。もっともっと生きて、もっともっとライブ見ていただきたかったです。言葉は無いのでただ歌わせていただきました。ありがとう、マコッちゃん。

 締めは西川くんの『アコ野郎』。
 西川くんに、ギターのゴローちゃん、ベースのヨッシーで昨年、いいバンドになったなあと思っていましたが、さらにドラムのピッケルが入ってさらにグレードアップ。ピッケル、いいドラマーです。今まで見た『野郎』では最高のライブでした。

 お客さんでお越し下さった大好きな歌い手、南忠(みなみますぐ)さんと美穂ちゃん。お二人でのユニット『天の羊』も素敵なんです。今年4月に入籍されたとのこと、これはうれしいお知らせでした。これからもよろしくお願いします。
 そして来年も『男達のクリスマス』やるのです!
 写真は『アコ野郎』のオープニング衣装の仮面をつけて記念撮影。前列左から南忠さん、美穂ちゃん。後列左から西川くん、オレ。この仮面、ヨーロッパ土産の本格的なモノなのです。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-25 15:38 | Comments(2)
京都一乗寺『喫茶のん』
f0075588_14505462.jpg

f0075588_14505446.jpg


 昨日も晴れ。
 名古屋から在来線で京都まで。最近この路線の車窓から見える近江の風景が気に入っているのです。
 今年は京都に来られなくて、1年ぶりとなってしまいました。
 そしてライブ会場は一乗寺の『喫茶のん』。大好きなお店なのに、3年ぶりであります。パパさんもママさんもお元気そうで何よりです。
 京都のシンガー砂布均企画のオレと砂ちゃんのジョイントライブシリーズ『酔いどれ達の夜』も、今回で25回目。すごい。お客さんも満員。うれしいです!
 ライブは恒例、オレの曲「飲みにいかないか」をオレと砂ちゃんで演奏してスタート。
 今回は大阪からゲスト、夫婦デュオ『アーダコーダ』さんが楽しい演奏を聴かせてくれました。
 次は砂布均ワールドが会場を巻き込んで炸裂。いい感じです。

 さて、オレの出番前に会場の配置換え。ここ『のん』は長細いので、オレはお店の真ん中あたりで歌いたいのです。お客さんで来てくれたマンドリン弾きのひでまんが、まるで舞台監督のように立ち働いてくれて、照明までばっちり。ありがたいです。
 久しぶりの『のん』の歴史ある空間に奉納するように、演奏させていただきました。
 初めてのお客さんから「人ギ一体」(じんぎいったい・・・人とギターが一体になっている)と言っていただき、とてもうれしかったです。
 お客さんがまた素晴らしく、とてもよいライブとなりました。ありがとうございます!
 
 写真1はアンコールでの「夜を泳ぐ魚」セッション中のオレと砂布均。
 写真2は砂布均(左)とオレの珍しいツーショット。1年ぶりに会った砂ちゃん、内田裕也化していてびっくり(笑)。撮影はひでまん。ひでまん、いつもありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2013-12-24 14:50 | Comments(6)
名古屋、錦『Bar Roots』
f0075588_1522356.jpg


 昨日もライブ晴れ。と言うか、午前中は土砂降りだったそうですが、オレが目覚めたときにはすっかり晴れていました(笑)。でも風は冷たいです。
 三重県四日市から名古屋へ。ライブ会場は錦のBAR『Rroots』ショージくんのお店です。
 ショージくんとのおつきあいも8年になるでしょうか?毎回よくしていただいてます。
 いつもはお客さんはカウンターに満席でのライブですが、昨日はさらに個室席まで満席。
 生音でやるにはちょっと大変な状況でしたが、全員同じ入場料をいただいてのライブです。全席のお客さんにしっかりと届けねばなりません。
 普段より1.5倍の力は要りましたが(笑)皆さんよいお客さんで、とてもよいライブとなりました。何時もながらのショージくんのリクエストメモ『ショージメモ』にも助けていただきました(笑)。
 そして、昨日はお客さんでお越しいただいた、和紙工芸作家の螺澤智子さんのお誕生日でもあり、こうした『一致』はうれしいものですね。よい夜に素敵な花を添えて下さいました。
おめでとうございます!
 写真はルーツ オーナー、ジョージくん。ますますいい面構え。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-23 15:02 | Comments(2)
四日市 西日野『カリー河』
f0075588_16122048.jpg


 昨日からソロツアー。今年最後の旅です。
 名古屋で近鉄に乗り換え四日市へ。そこから単線に乗り2駅、終点の西日野。 川沿いの道を寒風に吹かれながら歩き『カリー河』へ。筑田くんのやさしい笑顔とやわらかい声に迎えていただきました。

 『河』では生音でのライブ。ここの響きはとてもよいのですが、ギターを一音鳴らしてびっくり。ますますすばらしい響きの空間となっていました。
 おかげさまで、とても集中した演奏をすることができました。こんな場所でライブができるオレは幸せ者です。
 そして、筑田くんのやさしく丁寧な料理に心まで満たしていただきました。また来年来ますね、きっと。
 写真は『カリー河』カウンターの筑田くん。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-22 16:12 | Comments(0)
ザ・ホイップ@小樽『フリーランス』
f0075588_18462473.jpg


 昨日は今回の北海道ツアー最終日。再びドラムの竹村一哲、ウッドベース瀬尾高志とのトリオバンド『ザ・ホイップ』。
 会場は小樽の老舗ジャズ喫茶『フリーランス』。久しぶりです。
 マスターの神田さん、御病気されたとの話を聞いて心配していたのですが、お元気そうで安心しました。ニコルちゃんは相変わらず可愛かったです(笑)。

 ザ・ホイップ、小樽初登場でしたが、あたたかいお客さんとよい雰囲気でのありがたいライヴでした。
 そして、うれしいことに小樽の名サックス奏者、奥野義典さんが遊びに来て下さったので、終盤「ハレルヤ」「夜を泳ぐ魚」、そしてアンコールと、素敵なプレイを聴かせて下さいました。
 そう、アンコールは今回ホイップではやる予定はしてなかった、新曲の「ナナカマドとコスモス」を、瀬尾が「これをやらないと!」と。終わってから「この歌は北海道人にはたまらなくしみるんだから」。こういう相棒を持っているのは幸せなことですね。
 昨日は幸い雪にも降られず札幌へ戻り、瀬尾家でザ・ホイップの打ち上げ。このバンドはオレの中でも今までなかったかたで、これからいよいよ楽しみ。
 ザ・ホイップ、次回は来年2月27日に東京下北沢アポロです。

 写真は『フリーランス』入り口にて。左から一哲、奥野義典さん、オレ。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-17 18:46 | Comments(0)
東旭川『リムカフェ』でライブパーティー
f0075588_1720526.jpg

f0075588_17205214.jpg

f0075588_17205287.jpg


 昨日は降りしきる雪の中、午後イチでウッドベース瀬尾高志の運転するクルマで札幌を出発。東旭川へ。
 江別あたりでは雪も上がり、空も明るくなり、よしよしと安心したのもつかの間、またしても降りだした雪はやがて激しい吹雪へと。前が見えないほどになり事故車を数台目撃、運転手の瀬尾はかなりダメージを受けています。果たして無事たどり着けるのか?
 深川あたりで一旦休憩。気を取り直して出発。旭川に近づくに連れて、雪は小降りに。なんとか無事に、夏の『トリオ・ラ・ストラーダ』でのライブ以来の『リムカフェ』に到着することができました。運転手瀬尾に感謝です。
 今回はちょうどリムカフェでのクリスマスパーティーを企画しているところへ、われわれのライブのお話をしたところ、ありがたいことにライブパーティーというかたちにして下さったのです。

 前回初めてのリムカフェで、マスターご夫婦ブッチさん、けいちゃん、もともとの主催の永井ポンちゃん、そしてお客さんの独特なノリのよさに、うれしい衝撃を受けたオレたちでしたが(笑)今回はさらにパワーアップ、今は詳しいことを書いている時間はありませんが、会場一丸となっての本当に楽しいライブパーティーでありました。お客さん、すごい!(笑)お食事も大変美味しかったです。ビランチャさん、『王様のパンさん』、ごちそうさまです。

 写真1は今回つけていただいたタイトル『寺田町×瀬尾高志 二人侍』
 写真2。こんな可愛いサンタさんもいました&瀬尾トナカイ。
 写真3は記念撮影。左から瀬尾、永井ポンちゃん(リムカフェさんと一緒にイベント成功の為に奔走して下さいました)『リムカフェ』マスター、ブッチさん、オレ、元気いっぱい『リムカフェ』ママ、けいちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-16 17:20 | Comments(0)
ザ・ホイップ札幌デビュー!すすきの『ジェリコ』
f0075588_1616679.jpg


 すっかり雪景色の札幌。
 ドラムの竹村一哲とウッドベース瀬尾高志とのトリオ『ザ・ホイップ』が突発的必然的に誕生したのが1年前、吹雪の岩見沢でありました。
 そしてこの1年の間に東京で4回のライブを経て、初の札幌ライブ。オレ以外の2人は一応札幌在住ですが(笑)。
 オレはジェリコでのライブは久しぶり。(今調べたら3年ぶりでした)

 われらが新人バンド札幌デビューに皆さんかけつけて下さって、ありがたいかぎりです。瀬尾の「ホイップしよう!」がきいたのか?(笑)
 いやあ、真面目な話、ホイップ面白いです!陰のリーダー(笑)一哲、素晴らしい。「微熱の街」の歌に寄り添ったフレージング、ぐっときました。もちろん瀬尾とのコンビネーションも絶妙。ますます楽しみな『ザ・ホイップ』。
 そしてジェリコ名物のマスター渋谷さんの手料理での打ち上げでは、仔羊亭太陽さんの落語まであって、実に楽しかったです。

 写真はジェリコのカウンターで左から一哲、ジェリコの渋谷さん、瀬尾。
[PR]
by teradamachi | 2013-12-15 16:16 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...