Top
<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ザ・ホイップ@下北沢『アポロ』!
f0075588_2023528.jpg


 札幌の若手敏腕ドラマー竹村一哲と、もうオレとは8年相棒をつとめてくれているウッドベース瀬尾高志とオレのトリオバンド『ザ・ホイップ』6月以来、4度目のライブでした。
 会場は下北沢『アポロ』そろそろお馴染みとなってきました。マスターの美浦コウタローさんの笑顔がうれしいです。

 オレが現在やっているセットの中で唯一ドラムを入れたこのセット。
 昨年12月、吹雪の北海道岩見沢で偶発事故的に誕生したこのメンバーでの演奏には何かが感じられ、機会があればと3人で集まった昨日のライブ。オレが想像していたよりも遥かに可能性を予感させるものとなりました。
 鍵を握るのはバンド名『ザ・ホイップ』の命名者でもある一哲であることは薄々気がついてはいましたが、昨日それが爆発的に明確なものとなりました。
 もちろんその背景には、ピアノの板橋文夫さんのトリオ『FIT』で全国ツアーライブを重ねている瀬尾と一哲の絶妙なコンビネーション、8年共演している瀬尾とオレの阿吽の呼吸とがあるのだけれど、それ以上にこの『ザ・ホイップ』のサウンドを際立たせているのは一哲の自由で豊かな感性と瞬発力、それを確かに形にする技術とセンスなのだと思います。
 そんな手応え充分なライブに熱いアンコールの拍手をいただき、ではそれにお応えして「ロマの歌」をやろうとしたその瞬間、『アポロ』のドアを開けたのはタップダンサーのレオナちゃん。つい先頃、彼女のパフォーマンスにふれる機会があり、オレはいわゆるタップダンスの概念をくつがえさせられたのでしたが、そんな彼女がわざわざオレたちのライブに駆けつけてくれたのです。
 曲はもうおあつらえ向きに「ロマの歌」。これは彼女に踊ってもらうしかありません!迷わず彼女を舞台に誘うと、素早くタップシューズに履き替えたレオナ&ザ・ホイップのスペシャルワールドが展開されました。お客さんラッキーでしたね。もちろんオレたちもだけど。レオナちゃん最高!ありがとう!

 さてわれわれ『ザ・ホイップ』、なんと来月10月29日にも『アポロ』でライブをさせていただけるのです。皆さん是非ともよろしくお願いします!

 写真は終演後の記念撮影。左から一哲、レオナちゃん、オレ、ロックボーカリストのシャウトの真似をする瀬尾。どちらかと言えばプロレスラーが試合後に次回挑戦宣言を吠えているように見えます(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-29 20:02 | Comments(2)
ジーズキャフェ10周年記念祭り!
f0075588_2011158.jpg

f0075588_2011189.jpg


 一昨日、鴨宮ジーズキャフェ10周年記念祭り。会場は鴨宮、岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)。
 オレ自身はジーズキャフェと出会って丸8年。以来、ジョージさんとジーズフアミリー&サポーターの皆さんにはお世話になりっぱなしです。沢山の素晴らしい出会いをいただきました。
 そんなジーズの10周年を祝うイヴェントに出演させていただけるなんて、なんと光栄なことでしょう。
 天気はもちろん晴れ(笑)。13時スタートで、まずはジーズノーチャージライブで頑張っている17組のミュージシャン達が熱演。
 鴨宮の街で迷っていた島田のビッグムーンカフェのトシさんを拾って(笑)岩瀬邸に着いたのは14時頃。ちょうど杉山マサヤが歌っているところ。大欅の庭は知った顔がいっぱい。久しぶりの再会も心うきうきと。伊豆大島からオアシスの青山ご夫妻、『駅』のよっちゃんも駆けつけて下さってます。うれしいですね。
 わが愛弟子、矢沢ウエイチの頑張っている姿も感慨深かったです。

 そして終盤は我々ゲストミュージシャンのライブ。
 先輩ミュージシャンの日暮歳朗さん、よしだよしこさん。関西から若手で光る良元優作くん、そしてオレとアコーディオン熊坂るつこちゃん。トリはジーズとは一番付き合いの古い、むらなが吟ちゃん。会場はものすごいことになってました(笑)。

 そうそう、出がけにヤマグチコージの写真を持ってでようかと思い、なんとなくの予感があってやめたのですが、会場に着くとステージ横の音響席にコージの写真がいました。入江さんが届けて下さったものを、ジョージさんが飾ってくれたのです。

 本当に多くの皆さんのおかげで、とてもとても素晴らしいお祭りになりました。感動は言葉では言い尽くせませんが、これがまた新たな始まりのステップであると信じています。
 ジーズキャフェありがとう!皆さんありがとうございます!

 写真1は打ち上げにて、左からジョージさん、むらなが吟ちゃん、よしだよしこさん、日暮歳朗さん、オレ。
 写真2も打ち上げにて、『ことりや』さんのコスチューム眼鏡をかけて。左からオレ、日暮さん、るっちゃん、優作くん、吟ちゃん。
 今回の出演で、なかなか会えそうでゆっくり会えないメンバーと楽しい時間を共有できたことも、本当にうれしく、ありがたいことでした。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-25 20:01 | Comments(0)
献杯
f0075588_2038342.jpg


 当サイト管理人ヤマグチコージが逝ってしまって本日で1年。実感などまるでわかないままにあっと言う間に時は経ってしまった。
 やつを想って書いた歌を歌い続けてライブを重ねて。でも嘆きは変わらないまま。未だに整理された言葉などつづれない。残された者は残されっぱなしで、だけど歌ってゆくしかないのだ。コージが言ってくれたっけ。「オレは寺さんみたいな求道者が好きだから」。
 明後日23日のジーズキャフェ10周年のイベント。コージが生きていたらきっと駆けつけたに違いないライブ。祈る気持ちで歌おう。コージ、聴いていておくれ。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-21 20:38 | Comments(2)
山陽〜九州ツアー最終日、熊本『バトルボックス』
f0075588_1549264.jpg


 昨日の宮崎はとても気持ちのよい秋晴れ。オレの大好きな秋の陽射しと風。
 高速バスで長距離移動。1週間ぶりの熊本。九州はそれぞれに好きなのだけど、なぜだか熊本に来るとほっとします。どうしてかなあ。

 今回のツアー最終日。林田くんの『バトルボックス』にて『お月見ライブ』というタイトルでの熊本のミュージシャンの皆さんの集まりにゲストとしての出演です。もちろん音響は藤本ちゃん。

 藤本ちゃんと林田くんはかつて『ロッビング・ザ・クレイドル』というバンドをやっていたのですが、オレはその時代には会っていません。昨日は藤本ちゃんエレクトリックギター、林田くんベース、かなぶんやさんのドラム、全員がボーカルの『熊本ロック組』の演奏が聴けたのはうれしかったです。いいバンドです。
 オレもツアーの区切りとして、しっかり気持ちよく演奏させていただきました。アンコールは林田くんからのリクエストで「モモ、歌おうぜ」。この歌のモモは神戸の詩桃のことですが、一昨年亡くなった『熊本フォーク組』のモモちゃんの誕生日が9月18日なのです。モモちゃん、もっともっと会いたかったです。
 打ち上げは真由美さんのお店『ファンタイム』で。真由美さん、いつもありがとうございます!
 写真は打ち上げにて、左から藤本ちゃん、オレ、林田くん。乾杯!また来年2月よろしくお願いします。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-18 15:49 | Comments(0)
宮崎『ADOS』(アデオス)
f0075588_15265653.jpg

f0075588_15265619.jpg

f0075588_15265672.jpg


 昨日です。
 夕方、宮崎到着。陽射しが痛いのはさすが南国。

 毎年1年に一度の宮崎ライブは元『ケイキー』のセイニイさんにやっていただいていたのですが、今年はセイさんがマレーシアに行っていて無理となり、お話を引き継いで下さったレッグミュージックのヒロさんから、会場があいてなくて一度は中止とのお知らせ。そこへ『ADOS』瀬戸綾人くんとヒロさんが相談して、お店の2階の空いているスペースを借りてライブ決行が決定。感激でしたねえ。だってヒロさんも綾人くんもまだ一度もオレと会ってなかったんですよ。

 元『ケイキー』現在『アンドレ貴島』の美保社長も協力して下さって、沢山のお客さんにお集まりいただけました。
 協力と言えば、オープニングアクトをして下さった外山温子ちゃん(2年ぶり)、かっこいいブルースマン釘本真生(くぎもとまきと)くんとブルースハープのディッキー綾部さんのコンビ。企画と音響だけでなく、急遽ギターソロをして下さったヒロさん。ありがとうございます。

 おかげさまで今年も宮崎で歌うことができて幸せなオレでした。
 『ADOS』での打ち上げも本当に楽しく、新たな出会いに時を忘れてしまいました。
 写真1、こんな風に入り口に今回のフライヤーをいっぱい貼っていただいてました。
写真2はADOSでの打ち上げ。左からヒロさん、オレ、外山温子ちゃん、釘本真生くん、ディッキー綾部さん。
真実3は左からヒロさん、受付などお手伝いしていただいた原田美穂さん、アンドレ貴島『社長』美保ちゃん、ADOS瀬戸綾人くん(実に好青年。いわゆるイケメンなのにとても人柄が素敵です。料理も美味しかったです!)。
 皆さん、本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2013-09-17 15:26 | Comments(0)
大分、『国東 魂ロックフェス』!
f0075588_1564738.jpg

f0075588_1564779.jpg

f0075588_1564713.jpg


 今回の大分でのライブは国東(くにさき)での『国東魂ロックフェス』へのゲスト出演というかたちとなりました。

 当初はスケジュールが合わなくて出演は無理かと思われたのですが、思わぬ展開で出られることとなりました。
 昼頃、小倉から列車で大分へ。大分から空港行きのバスで終点まで。途中海沿いの景色の美しいこと。
 大分空港に主催者であるカワタが大分の名ボーカリスト田中ヤスと迎えに来てました。ヤスはずっと大分でのオレのライブを企画し続けてくれているのです。
 カワタの運転で会場の「アストくにさきマルチホール」へ。生まれて初めての国東です。
 フェス自体は12時に始まってます。なんと18バンドが出演するイベントなのです。
 地元、国東のバンドはもちろん大分からも何バンドも来ているので、知ってる顔がいっぱい。皆さん声をかけて下さってうれしいですね。
 カワタからビールをもらって他のバンドのライブを楽しみ、やがてオレの出番。
 司会のユッコさんが田中ヤスがオレのことを書いてくれた文章を読んで下さるのを、準備しながら聴いていて、感激してしまいました。涙をこらえてステージに向かいます。
 オレが舞台に立ったとたん、会場の空気がすーっと変わるのがわかりました。会場全体がものすごい集中力でオレのライブを感じてくれています。オレも音楽の女神様に身を任せてあっという間の30分。至福の時でした。

 トリはヤスとカワタのバンド『飛富士(ザ・フライ・フジ)』ヤスのボーカル、カワタのベース、シローさんのギター、ドラムはゴウ。素敵なバンドです。かっこいい!
 ラストナンバーでは国東の名物姉御に引っ張られてオレもステージ真ん前で踊るハメに(笑)。オレもびっくりしたけどヤスとカワタもびっくりしたでしょう(笑)。

 最後に『国東魂ロックフェスプロジェクト』十人衆の紹介があり一本締め。めでたく第3回『国東魂ロックフェス』は幕を閉じました。打ち上げが盛大だったことは言うまでもありません。
 今回このイベントに出演させていただけて、本当によかったです。心から感謝します!
 聞けば今回のフェスのための最初のミーティングで「寺田町さん出てくれないだろうか?」と話してくれていたそうです。なんとも光栄なことです。

 本日はカワタが宿に迎えに来てくれてカワタの運転で杵築駅まで送ってもらいました。天気もよく景色もよく、ちょっとしたドライブ気分。
 道すがらカワタから今回のフェス準備の過程での苦労話から喜びまで、それから国東という町のこと、人の気風、色んな話が聞けたのもとてもよかったです。カワタいいやつだなあ。

 さてツアー終盤。本日も長距離移動。宮崎に向かっていますが、実に景色が素晴らしいです。

 写真1は『国東魂ロックフェス』今回のフライヤー。
 写真2は打ち上げで『ザ・フライ富士』のメンバーと。左からヤス、カワタ、ゴウ。手前がオレ。
 写真3は本日、杵築駅にてカワタ。杵築は城下町で駅舎も瓦屋根作りなのです。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-16 15:06 | Comments(4)
『フォークビレッジ』写真
f0075588_1230960.jpg


 一昨日、小倉『フォークビレッジ』ライブ打ち上げにて森田馨介さんとのツーショット。撮影は川中です。ありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2013-09-16 12:30 | Comments(0)
小倉『フォークビレッジ』

 昨日は天神から小倉へ。連日よい天気。でも暑いです。
 今回も世話人をしていただく川中くんに迎えていただき小野さんのお店『フォークビレッジ』へ。今回もオレが敬愛する福岡のシンガー森田馨介さんとのジョイントライブです。

 オープニングアクトをして下さったのは夫婦ユニット『モリソンホテル』。夫婦漫才みたいで面白かったです。湯浅ダンナさんのギターもキーボードもすごくかっこよかったです。

 馨介さんと出会って11年。毎回感動をいただいてますが、今回はまたさらにすごかったです。その声、ギター。
 ボキャブラリーが少なくて申し訳ありませんが、すごいの一言に尽きます。新曲もよかったし。名曲「月の丘」には涙が出ました。
 オレも大切に丁寧に演奏させていただきました。小野さんの守る『フォークビレッジ』でライブをさせていただけることは本当にありがたいことなのです。
 アンコールは馨介さんからのリクエストで「ドアのノブにはクリスマスのリボンが」。さらに馨介さんからのリクエストで「サロ・ジェーン」。そして楽しい打ち上げ。川中くん、今回も本当にありがとう!
[PR]
by teradamachi | 2013-09-15 14:49 | Comments(0)
福岡天神渡辺通り『プレアデス』
f0075588_13563481.jpg


 昨日は長崎からみたび福岡天神へ。
 渡辺通り『プレアデス』。11年お世話になっています。
 今回もアジに企画をお願いして『アフリカ発アイルランド経由、寺田町行き』というタイトルで。
 最初に西山のりひこくんがいい感じでやってくれて、アジの参加する『楽団アフリカ』。今年は2月と6月に次いで3度も観ることができたオレは本当にラッキーです。福岡が世界に誇るバンドでしょう。もっともっと沢山の人に観てほしい。リーダー村井宏樹くんのジャンベプレイは絶品。それは単にテクニカルな話だけではなく、村井宏樹という一個の肉体を通して具現化された大きな音楽のかたち、と言ったらよいのでしょうか?そしてメンバー全員が素敵です。早くまたライブが観たいともう思っています。
 水橋研二さん率いる『トムさんズ』(西山のりちゃんギター、岩崎ともなりカホン)今回も楽しいステージでした。一見強面の研二さんの実は優しいところがにじみ出てます。
 そしてオレもしっかり演奏させていただきました。自分でも思いもよらないものが生まれてくる瞬間があること、そしてそこへ向かう勇気が大切なのだと改めて思いました。
 アンコールはアジからのリクエストで「ルチア」。

 写真は打ち上げ。左からオレ、トムさんズ研二さん、福嶋会長、アジ。皆さんありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2013-09-14 13:56 | Comments(0)
長崎『MOTION』
f0075588_14181440.jpg


 昨日は福岡から長崎へ。
 長崎の街並みは何度来ても感動するなあ。昨日もよい天気。
 夕方、幾度も足を運んでいる西坂公園へ。
 船越保武の超力作、26聖人像。夕映えの長崎港。いつものように猫がいっぱい。

 もう10年お世話になっている槙友博くんに迎えに来てもらって、槙くんのお店『MOTION』へ。
 お店はなんと手作りで拡張されていました。槙くんすごい。
 リハーサルを終えて、『MOTION』の飛びっきり美味しい生ビールで素晴らしく美味しいお刺身などいただいていると、いつものように長崎のあたたかいお客さんが集まって下さいました。
 気持ちよく2ステージ演奏し終えて飲んでから、長崎名物「もってこーい!」アンコールはリクエスト大会。皆さんがオレの曲をこんなに愛して下さるなんて、本当に本当にありがたく幸せなことです。また2月に帰って来ますね。
[PR]
by teradamachi | 2013-09-13 14:18 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...