Top
<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
小田原、鴨宮『ジーズキャフェ』
f0075588_19115362.jpg


 一昨日は小田原、鴨宮の『ジーズキャフェ』にてソロライブ。

 ジョージさんの『ジーズキャフェ』と出会わせてもらって丸8年。この出会いはオレにとって何と大きかったことでしょう。ジョージさんとジーズファミリーにはどれだけお世話になったことか。
 そんな様々な想いを持って臨んだライブ。
 オープニングアクトは久しぶりのセリ。昨年11月に女の子、綾音ちゃんのお父さんとなったセリ。そんな新たな人生へと向かう歌を聴かせてくれました。

 音響のアタルとは、毎回一緒に演奏してくれてるなあ、と感じますが、今回はさらにそうでした。
 8年前の初めてのジーズでのライブの後に、ジョージさんとジョージさんの親父さん「おじい」のために書いた「あの夏の日のように」を、今回オレは新たに歌おうと思ったのでした。
 アタルの作ってくれる音に背中を押してもらい、古い歌は新曲のようにジーズの空間を震わせました。
 前半ステージ終わり、休憩のカウンターでジョージさんが握手をしてくれました。言葉を交わさずとも伝わる瞬間を持てることは本当に幸せなことですね。
 後半ステージもいい雰囲気で終わり、アンコールはジョージさんからのリクエスト。「イリナカ・ソング」そして「ハレルヤ」。

 
 明けて昨日はお昼からジョージさんと飲み始め、鴨宮をはしごはしご(笑)。オレの胸には8年前の出会いから現在へと繋がる想いが様々によみがえり、そしてこの道はまだまだ先へと続いてゆくのだと思いました。
 『ジーズキャフェ』は今年10周年。9月23日、鴨宮、岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)のお庭でのイヴェントが楽しみです。オレはアコーディオンの熊坂るつこちゃんと一緒に出演します。
 写真は打ち上げでアタル(左)とツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-30 19:11 | Comments(0)
53歳となりました。
f0075588_23142069.jpg


 誕生日ということで(?)久しぶりに長谷の海を見に行きました。
 うぐいすもまだまだ鳴いている中、鎌倉の山を見ながら、今年初めてのヒグラシの声をたくさん聴きました。
 海岸は少し肌寒いほどでした。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-19 23:14 | Comments(4)
トリオ・ラ・ストラーダ北海道ツアー最終日、札幌盤渓『リブギャラリー』
f0075588_2212881.jpg

f0075588_2212847.jpg


 昨日はお昼にエムズバーのドンちゃん宅でカレーと豆腐サラダをいただいてから出発。
 まずは前日のライブにお客さんで来て下さったタローさん(女性です)のやっているカフェ『Laugh』へ。
 とても素敵なお店で、ロケーションも素晴らしかったです。
 そして岩見沢から札幌へ。途中、ひなびた温泉へ寄って英気を養います。それにしても今回のツアーは温泉にいっぱい入れてうれしいなあ。

 さてトリオ・ラ・ストラーダ北海道ツアー最終日は札幌盤渓『リブギャラリー』。ロケーションと言えば、ここは本当に素敵です。
 出来て11年のリブギャラリー、オレはここの最多出演者なのです。大利さん、由美さん、いつも本当にありがとうございます。

 ツアー最終日の演奏、とても熱いものになりました。そして暑かったし。オレもるっちゃんも瀬尾も、これでもかと汗が流れました。
 今回のツアーでオレ達トリオ・ラ・ストラーダは明らかにまた新しい扉を開くことが出来たようです。
 リブギャラリーでの恒例のありがたい打ち上げ(昨日もハッピーバースデーを歌っていただきました。)の後、北大生御用達の居酒屋『つくしのこ』でラストラーダの3人で締めの打ち上げ。
 本当に本当にいいツアーだったと、2人と別れがたかったです。
 次回トリオ・ラ・ストラーダは9月5日、『劇団どくんご』東京公演のプレイヴェント。井の頭公園、ジブリの森美術館裏にどくんごの『犬小屋テント』を建て、そこでライブをやるのです。
 今回もらったパワーをそこへ繋げていきます!
 今回のツアーでお世話になった皆さん、お客さん、本当にありがとうございました!
 

 写真1は楽屋でのるっちゃん猫。
 写真2は記念撮影。皆さんありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2013-07-17 22:12 | Comments(0)
岩見沢『エムズバー』!
f0075588_173209.jpg

f0075588_1732043.jpg


 『トリオ・ラ・ストラーダ』ツアー。昨日は岩見沢『エムズバー』。
 ここ数年、岩見沢では別の会場でライブをして、打ち上げはエムズバーで、という感じだったので、エムズバーでのライブは久しぶり。
 エムズバーのステージに立って、ああ、オレのとっての岩見沢ライブの原点はここなのだなあ、と実感しました。
 そしてこのエムズバーの音の響きがまた素晴らしいのです。
 昨日はお客さんはやや少な目ではありましたが、岩見沢パワーはそんなことでは衰えません。強烈な盛り上がりにオレたちの演奏もさらに熱くなります。瀬尾もるっちゃんもますます好調!トリオ・ラ・ストラーダの音はぐんぐん進化しています。そしてチーム岩見沢、最高!
 終わってマスターの戸川ドンちゃんに「今まで見た寺田町のライブで一番よかった」と言ってもらえました。

 打ち上げではちょっと早いけれどオレの誕生日をるっちゃんのアコーディオンと瀬尾のギター(!)で皆さんで祝っていただいて、なんてありがたいことでしょう。
 最後はかずをさんギター、ドンちゃんコンガ、大徳ジャンベとラストラーダのセッションで盛り上がり、締め。
 その後、泊めていただくドンちゃんの新居でしばし二次会。とてもとても楽しい岩見沢の夜でした。皆さん、本当にありがとうございます!岩見沢大好きです。

 写真1はエムズバーで終演後での記念撮影。
 写真2はエムズバーのマスター戸川ドンちゃん宅で、ドンちゃんの愛犬ニコと瀬尾。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-16 17:03 | Comments(2)
札幌『浪漫風』
f0075588_16534577.jpg

f0075588_16534542.jpg


 昨日もいい天気。『トリオ・ラ・ストラーダ』のツアーは続きます。
 足寄から札幌へと長距離移動。オレにとっての北海道ツアーの原点『浪漫風』。尊敬する佐藤さんのお店です。
 そしてここは、亡くなった当サイト管理人ヤマグチコージの愛した空間。どうしても思いは深くなります。そこに響く瀬尾のウッドベース、るっちゃんのアコーディオン、オレのギター、オレの声。

 小樽の名サックス奏者、奥野義典さんがご一家で遊びに来て下さったので、もちろんゲストで吹いていただきました。
 オレのDVD「風が吹いてて光があって」の冒頭で奥野義典カルテットの「きんぎょのしっぽ」を使わせていただいてますが、奥野さんにお会いするのは3年ぶり。その間、奥野さんは大病をされたのですが、それを乗り越え、さらに素晴らしい演奏者となっています。
 「夜を泳ぐ魚」と「夜のスナップ」で吹いていただきましたが、とてもとてもかっこいい演奏でした。

 るっちゃんは『浪漫風』は2度目ですが、しみじみ「いい空間ですね。」と言っていました。『浪漫風』22年。その中の16年を共に歩ませていただいています。願わくはこの道がもっともっと続いてゆきますように。

 写真1は奥野さん(右)とオレ。
 写真2は左から瀬尾、オレ、るっちゃん、奥野さん。手前がマスター佐藤さん。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-15 16:53 | Comments(0)
足寄「ららばい」
f0075588_155455.jpg

f0075588_155439.jpg

f0075588_155447.jpg


 昨日は比布の温泉付きホテルから出発。
 まことに北海道らしい景色の中を瀬尾運転のクルマは走ります。るっちゃん感激してました。
 時間にゆとりがあったので、途中、層雲峡渓谷の河原で前日のリムカフェでのいただきもの『王様のパン』さんの手作りパンをおいしくいただきました。川面を渡る風、せせらぎ滝の音の気持ちいいこと。
 「銀河の滝」と「流星の滝」を一望できる「双瀑台」への山道を3人で上り感動。
 そして足寄へ。会場「ららばい」に入る前に「足寄温泉」で汗を流します。
 この温泉、施設はそうとうひなびてますが、お湯は最高なんですよ。

 居酒屋『ららばい』は1年ぶり。昨年は瀬尾とのデュオだったので、るっちゃんを入れた『トリオ・ラ・ストラーダ』では1年半ぶり。マスター堀江誠さんとママさんに今年も温かく迎えていただきました。

 今回はオープニングアクトとして、堀江さんと石井さんのユニット『リバティ』が演奏して下さいました。あったかい雰囲気に瀬尾がウッドベースで飛び入り。次の曲ではカホンを。オレとるっちゃんも1曲ずつカホンをたたいてしまいました(笑)。

 そしてオレ達『トリオ・ラ・ストラーダ』瀬尾もるっちゃんもますます素晴らしい!お客さんもとてもいい感じです。『ららばい』でのライブが育ってきているのを実感。うれしいことです。いいライブになりました。
 打ち上げではラム肉のジンギスカンをごちそうになりました。感動的な美味しさ!そして途中からジンギスカン鍋のふもとにうどんを投入する食べ方に札幌人の瀬尾がびっくり。でもこれがまた美味しかったです。
 こうして今回も楽しくうれしく足寄の夜は更けてゆきました。

 写真1は層雲峡渓谷の「双瀑台」にて「銀河の滝」(右)と「流星の滝」(左)の前でオレとるっちゃん。銀河の滝は雄、流星の滝は雌で夫婦滝とも言うそうです。
 写真2はライブ後、打ち上げで足寄のソプラノサックス吹きサナギと瀬尾のセッション。
 写真3は本日、お昼、『ららばい』さんでご飯をいただいた後で『ららばい』堀江さんご夫妻と記念撮影。今回も本当にお世話になりました!また来年もよろしくお願いします。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-14 15:05 | Comments(0)
『トリオ・ラ・ストラーダ』北海道ツアー、旭川からスタート!
f0075588_1872064.jpg

f0075588_1872011.png


 1日空き日をおいて、昨日から北海道ツアー後半。アコーディオンの熊坂るつこちゃん、ウッドベース瀬尾高志との『トリオ・ラ・ストラーダ』。
 お昼頃、瀬尾の運転で旭川空港へるっちゃんを迎えに。すごいいい天気。素晴らしい北海道の風景の中を。
 旭川空港で『トリオ・ラ・ストラーダ』再会。先月の『サンジャック』ライブ以来です。

 時間があったので、旭山動物園へ。オレは生まれて初めて狼を、しかも間近で見ました。感動。るっちゃんが「寺さんみたい。」と言う。なんかうれしい(笑)。

 今回の旭山、というか東旭川でのライブは永井ポンポンちゃんが企画して下さって、会場の『リム・カフェ』さんのブッチさんと奥さんのケイちゃんが全面的に協力して下さって実現したのです。
 『リム・カフェ』に着くなり、お三方ノリノリで向かえて下さいます。
 すでに店内のテーブルを全部外に出して、客席をセッティングして下さってます。
 その客席一つ一つの上にはうちわが。その白いうちわの一つ一つの表には『TRIO LA STRADA』、裏には『るっちゃん、かわいい!』『寺さん、渋いわ!』『せおさん、かっこいい!』『いえーい!』などなど全部違う言葉が。全部ケイちゃんが手書きで書いてくれているのです!
 そしてそのケイちゃんとポンちゃんが着てくれているのは、やはり白いTシャツに『トリオ・ラ・ストラーダ』!
 「3人で『モモ、歌おうぜ』のコーラス練習してたんです!」と。
 もうこれはいいライブにならないわけがないですね。
 そしてお客さんも盛況。ポンちゃんが丁寧な前説をしてくれてライブはスタート。
 お客さんがしっかり聴いて下さっているのが伝わります。瀬尾はここ数年ガット弦を張ってましたが、今回は久しぶりにスティール弦を張って。その響きが、昔にスティールを張っていた時とは違う、新たなものを生み出し、とても触発されます。
 前半ステージ最後の「サロ・ジェイン」で、るっちゃんがアコーディオンを弾きながら客席乱入!オレの横で瀬尾が「早っ!」とつぶやく(笑)。

 後半の1曲目にはるっちゃんと瀬尾のデュオで、るっちゃんの「かけら」。いい演奏でした。
 そして再び3人でどんどんいい感じ。
 ラストの「モモ、歌おうぜ」ではお客さんも大合唱。素晴らしい!
 ポンちゃん、ブッチさん、ケイちゃん、そしてお客さんに本当に感謝の東旭川の夜。またきっと帰ってきます!
[PR]
by teradamachi | 2013-07-13 18:07 | Comments(0)
札幌『LOG』
f0075588_18122082.jpg


 昨日は札幌。長津宏文さんのお店『LOG』。
 トップバッターは岩見沢出身の古林竜也(こばやしりゅうや)。高校生の時からオレのファンになってくれて今は21歳。彼は高校生の頃からいい歌を書いてます。昨日もいい作品を聴かせてくれました。彼がこうして同じライブに出演してくれるなんて感慨深いものがあります。
 次にhopesidn圭介。彼も数年前からオレを信奉してくれてます。半年ぶりの彼は確かな進化を見せてくれました。うれしいことです。
 当初、長津さんは昨日は歌わないつもりだったようですが、オレが「えっ!長津さんやらないんですか?やりましょうよ」とねだったので演奏してくれたのでした。
 長津さん、出だしはちょっと調子出ないのかな?と思われましたが、3曲目あたりからスイッチが入り、「よし!」と声も出て、やっぱり素晴らしかったです。
 オレも長津さんとのツアー最終日、ますます気合いも入り、北海道ツアー前半の締めを気持ちよく歌いきりました。打ち上げも楽しかったなあ。長津さん、本当にありがとうございました!
 写真は左からhopesign圭介、オレ、長津さん、古林竜也。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-11 18:12 | Comments(0)
小樽『一匹長屋』
f0075588_245559.jpg


 そして長津宏文さんとのツアーは続きます。長津さんの運転で小樽へ。
 今日も晴天。本州よりはましでしょうが、北海道としては蒸し暑いですねえ。 でも札幌から小樽への道は実に景色もよく、気持ちよかったです。
 『一匹長屋』さんは2回目。5年ぶりくらいでしょうか?下村さん、お久しぶりです。
 ここの空間、響きのことはよく憶えていました。

 長津さんのライブ、素晴らしかったです!ラスト前「イマジンくん」、ラスト「僕の細道」泣いてしまいそうでした。本当に長津さんはすごいなあ。

 そしてオレも丁寧に、気持ちよく歌わせていただきました。
 初めてのお客さん方にもとても喜んでいただけてうれしいなあ。
 長津さんの運転で、札幌へ帰る時間は話もはずみ、あっという間でした。

 写真は左から『一匹長屋』マスター下村さん、オレ、長津さん。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-10 02:45 | Comments(0)
札幌すすきの『晴れる屋』
f0075588_18162815.jpg

f0075588_18162899.jpg


 昨日は長津宏文さんと、室蘭で室蘭名物カレーラーメンを食べてから母恋(ぼこい)の地球峠へ。
 素晴らしい景色!ほぼ360度海が見渡せます。海の色のきれいさ。見たことのない色でした。向こうにうっすらと見えるのは下北半島か?
 
 長津さんの車で札幌へ長距離移動。
 それにしても近年の北海道の夏は暑くなりましたねえ。
 昨日のライブは、すすきの、ヤマちゃんのやってる素敵な居酒屋『晴れる屋』。生音ライブです。
 最初にオレが短いステージをやって長津さんにまかせます。
 前日の感じとはまた違った長津さんの魅力を見せて下さいました。名曲『白波讃歌』は大受け。笑わせて下さいました。
 オレも気持ちよく歌わせていただき、打ち上げでは仔羊亭太陽くんの落語。いやあまた腕を上げましたね。楽しかったです。
 さんざん飲んでからオレは浪漫風マスター佐藤さんちへ「ただいま!」今回もお世話になります。

 写真1は室蘭、地球峠にて長津宏文さん。
 写真2は『晴れる屋』にて奥からマスターヤマちゃん、奥さんのみっちゃん、お客さんで来てくれた瀬尾高志。
[PR]
by teradamachi | 2013-07-09 18:16 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...