Top
<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
板橋文夫&瀬尾高志&寺田町トリオ@中目黒『楽屋(らくや)』
f0075588_1414186.jpg


 尊敬するピアニスト板橋文夫さんと、相棒ウッドベース瀬尾高志とのスペシャルトリオでのツアー初日は東京中目黒『楽屋』。
 猛暑の東京。オレたちも負けずに暑いのだ。
 板橋さん、1曲目のイントロのからすごかったです。きらきらとしたピアノの音色が実はしっかりとした根を張り、ぐいぐいとオレを引っ張ってくれます。そしてうねりを支えてくれる瀬尾のベース。
 後半では、このトリオでは初めての「アナログレコードのブルース」。
 「スカーレット・りヴェラのヴァイオリンが聴こえる」ではゲストにヴァイオリンの磯部舞子ちゃんに入ってもらい、さらに盛り上がります。
 ラストは板橋さんの名曲「渡良瀬」の寺田町ヴァージョン。やっぱり板橋さんすごい!
 アンコールは再び磯部舞子ちゃんに入ってもらい「ななめにかしぐオリオン座」。板橋さんの力で、まるで違う曲として生まれ変わったみたい。

 さて、明けて本日、われらトリオは、板橋さんのマネージャー鈴木さんの運転で名古屋へと走っております。
[PR]
by teradamachi | 2012-08-31 14:14 | Comments(0)
板橋文夫さんと瀬尾高志とのトリオでツアー!
f0075588_2223162.jpg


 尊敬する大先輩、日本が世界に誇るジャズピアニスト板橋文夫さんと、わが大切な相棒の1人、ウッドベース瀬尾高志とのトリオで1年ぶりのツアーです。

 明日の初日は東京、中目黒『楽屋(らくや)』。ものすごく楽しみ。明日は素敵なゲストもあります!皆さんよろしくお願いします!
[PR]
by teradamachi | 2012-08-29 22:23 | Comments(0)
空を
f0075588_5135920.jpg


 こちらへ来て初めての市民検診に行って来ました。

 オレの敬愛する先輩シンガー、ペケこと、いとうたかおさんの「空を飛ぶ小鳥だって遊んでるわけじゃない」というフレーズが二十歳の頃から好きでした。
[PR]
by teradamachi | 2012-08-28 05:14 | Comments(0)
髪を切る
f0075588_23512078.jpg


 引越してから3回目の散髪。
 偶然見つけたお店が気に入って同じ毎回同じお店で。
 ご主人は70歳過ぎと思えない、魂にみずみずしさを持った方。なんだか波長が合うのです。
 「この仕事はいくらやっても、もうこのやり方で完成形っていいものはないですからね。」と、感覚を磨き続けているのが伝わってきます。
 こうした人生の先輩に出会えるのは、とても勇気がわくことです。
 娘さんもロンドンで美容師さんをやっていらっしゃるとのこと。ご自身も時折ロンドンへ赴かれるとのこと。
 ではまた2ヶ月したら、よろしくお願いします。
 
[PR]
by teradamachi | 2012-08-26 23:51 | Comments(0)
再会!
f0075588_0482794.jpg

f0075588_0482790.jpg


 4年前の9月まで歌舞伎町で『リサバー』をやっていたリサちゃんが、昨年、鎌倉の実家に帰って来てたのを教えてくれたのはレインマンの大輔。
 
 『リサバー』では何回かクリスマスライブをさせていただいて、リサちゃんには本当にお世話になったのでした。
 大輔はリサちゃんにも連絡してくれたおかげで、鎌倉で4年ぶりのリサちゃんとの再会。
 リサちゃん、新たなスタートへ向けて、今、耕してます。オレも日々、音楽に向かって耕してます。
 シンクロニシティー。光に向かって歩き続けていきたいですね。
[PR]
by teradamachi | 2012-08-26 00:48 | Comments(2)
楽団どくんご
f0075588_21434276.jpg


 オレがここでよく取り上げてる旅する劇団『どくんご』。順調に旅公演を続けているようです。
 先日、ウッドベースの瀬尾高志が釧路からメールをくれて、釧路『ジスイズ』のライブに『どくんご』のメンバーが来てくれたとのこと。どくんごの五月さんとのツーショット写真を添付してありました。いいなあ。

 『どくんご』の公演の始まりと終わりには、劇団員による演奏があって、これが素晴らしいんだけど、今年の公演には彼ら『楽団どくんご』のCD『犬日和』を携えて来てます。
 もちろんオレも6月の東京公演のときに購入しましたとも。
 これが実に素晴らしい!もうヘビーローテーションで聴いてます。おすすめです。
 9月の横浜での公演も楽しみ!
[PR]
by teradamachi | 2012-08-24 21:43 | Comments(0)
昨日の写真
f0075588_2159339.jpg

f0075588_21593422.jpg


 昨日のサンジャックでの橋本潤さんとのライブ後の写真を2枚。

 鎌倉は、この2月ほどあれほど鳴いていた日暮らしの声も静まり、夕方には秋の風。午後の白い三日月は夜にはものすごい様子の月となりました。
 来週後半より尊敬するピアニスト板橋文夫さんと、わが相棒の1人ウッドベース瀬尾高志とのツアー。すごく楽しみ!
[PR]
by teradamachi | 2012-08-23 21:59 | Comments(0)
I Have a Great Rock Band『寺田町with橋本潤』

 西荻窪サンジャックにてエレクトリックベース橋本潤さんとのユニット、いや最小単位のロックバンド『寺田町with橋本潤』。
 最近はこのセットでのライブはしょっちゅうはできないので、オレの中では毎回仕切り直しが必要なんだけど、今回のライブはまたまた新たな発見、成長がありました。やっぱり潤さんはかっこいい!
 最近曲「モノクロームの夢にさょなら」寺田町グループを止めてから初めての(13年ぶり!)「アナログレコードのブルース」そして「人魚に恋した男の話」。潤さんとは初めての曲。そしてものすごく久しぶりの「抱きしめたい」。
 本当に音楽、特にライブにおける未知の世界の広がり、というのはいったい何なのでしょうか?
 この謎へと向かってオレは一生向かい合ってゆきたいと思います。
 今回のセットの提案は例によってサンジャック知己さんのアイデアでしたが、是非これは年内にやりましょうとのご提案。うれしく楽しみです。
 写真は明日(笑)。
 
[PR]
by teradamachi | 2012-08-22 23:43 | Comments(0)
明日は『寺W潤』@西荻窪サンジャック!
f0075588_2248095.jpg


 鎌倉は夜はすっかり秋めいてますが、ニュースでは各地の猛暑を伝えてますね。
 でも明日は都内へと出かけなければなりませぬ。
 サンジャックにて、ちょっと久しぶりのエレクトリックベース橋本潤さんとのセット『寺田町with橋本潤』オレの持ってる唯一のロックバンド。

 写真は春頃に神戸から届いたもの。
 橋本潤さんと神戸の歌姫、詩桃(「モモ、歌おうぜ」のモモです。)とのびっくりツーショット(笑)。 
[PR]
by teradamachi | 2012-08-21 22:48 | Comments(0)
STEP ACROSS THE BORDER
f0075588_448671.jpg


 ミュージシャン、フレッド・フリスの音楽の旅を核としたドキュメント映画(1990年発表)『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』を見たのは遅ればせながら、1999年、オレが30代に6人編成で6年間やったバンドを止めてからだった。
 その少し前に、オレの盟友であるヴァイオリニスト宮嶋哉行から「あの映画のフレッド・フリスを見たら、寺田町みたいだな、と思ったんだよ、色んな街へ出かけて行って、その土地のミュージシャンと一緒に演奏してさ。」と聞いて、それは見なくちゃな、と思ったのでありました。(まだあの頃のオレの音楽活動はそこまで至ってはいなかったのだけれど、今現在の自分を思うと、宮嶋の言葉はまるで予言のようにさえ思えてしまいます。)
 あの時、あのタイミングでこの作品を見ることができて、本当によかったのです。新たに、必要な音だけで音楽に向き直ろうとしていたこのオレに、あの作品が伝えてくれたものは、とてもとても大きなものでした。

 それから数回、あるときは映画館で見たこの作品、昨日ビデオテープの整理をしていて発見。思わず改めて見てしまいました。
 
 このブログで以前に漠然とお伝えした、ロックフォトグラファー、ワニさんこと加藤仁史さんが、一昨年後半から製作にかかって下さっているオレ寺田町のDVD作品。
 その試し編集バージョンが届いたのが7月終わり頃。その手応えにうれしく興奮してしまったオレなのですが、本日、久しぶりに「ステップ・アクロス・ザ・ボーダー」を見て(ワニさんはこの作品を見ていなくて、できれば見て欲しいなあ、と思っていたのですが、そんなこととは関係無く)この作品からしっかり伝わってくるものと通じる大切なものが(全く説明のないドキュメントなのですが)似ているとかそんな皮相な問題ではなく、ワニさんの作品から(まだ試作段階であるにかかわらず)しっかり伝わってくること、そのことに改めて感激してしまったのです。
 『境界』など踏み越えて、もっともっと歌い、演奏していくのみです。
[PR]
by teradamachi | 2012-08-21 04:48 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...