Top
<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
東京に戻ってます。
f0075588_4133972.jpg

f0075588_41339100.jpg


 26日の午後、岩見沢のライブを主催して下さった美容室『セブンス・ハイ』の上村さん宅でお食事をいただき、札幌の浪漫風景マスター佐藤さん宅まで、わざわざクルマで送っていただきました。奥さんの未希子さんと1歳9ヶ月の可愛い月音(つきね)ちゃんも一緒に来ていただけて、うれしかったです。(お別れ際に月音ちゃんの写真を撮ろうと思ったらぐっすりおやすみでしたので、遠慮しました。)
 上村さんは、空港まで、と言って下さったのですが、遅い便だったので、一旦、佐藤さん宅へ。
 と言っても、佐藤さんは既に浪漫風へご出勤。高2の娘、風生が美味しいコーヒーをいれてくれました。
 風生がアルバイトへ出かけるのと入れ替わりに、スミエがしばしのお別れしに来てくれたところへ、おっかさんもご帰宅。
 オレの「ちょっとビール飲みたいな」の提案で、おっかさんの美味しいおつまみで、プチ打ち上げ。しみじみとうれしかったです。
 出かけ、おっかさんはオレの初のソロCDアルバム『微熱の街』から「旅立つ気配」をかけてくれて(自分ではすごく久しぶりに聴きました!)本当にありがたく送り出していただきました。また初冬の北海道に帰って来ます!

 写真1はおっかさんが送ってくれた「てっせん」の花。オレがこういう花を好きなことを、おっかさんはよく知っているのです。
 写真2は、スミエのパセリ畑。浪漫風ライブの打ち上げで食べさせてもらいましたが、とっても美味しかったです!
[PR]
by teradamachi | 2011-07-29 04:13 | Comments(0)
岩見沢『子娘』
f0075588_22244360.jpg

f0075588_19451651.jpg


 昨日は夕方、浪漫風の佐藤さん宅でスミエにオムライスとシチューとコーヒーをごちそうになり、札幌から岩見沢へ。最終日も天気は上々。

 岩見沢は、あの3月11日、炭鉱の記憶マネジメントセンターでの板橋文夫さん、瀬尾高志とのトリオでのライブ以来。
 あの日、あのライブをやらせていただけたことが、それからの日々を生きる上で、どれだけ力となっていることかを、改めて実感します。

 今回も上村さんや大徳のおかげでやらせていただけたライブ。毎回本当にありがたいです。
 会場は初めての『子娘』といういい雰囲気のお店。木造りで音の響きもいいです。
 ライブ始めは、ちょっとした手違いでマイクの音が出なかったので、2曲目は客席で歌い、3曲目から無事復旧。
 いつもより静か目な岩見沢でしたが、ありがたく北海道ツアー最終日、ソロで締めさせていただけました。
 打ち上げではとても美味しい野菜をいただき、しみじみしあわせ。また冬に帰って来ます!

 写真1はスミエ作のオムライス「て瑫ら」(笑)。
 写真2は『子娘』での打ち上げで素晴らしいギターと歌を聴かせてくれたミカとツーショット。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-26 19:45 | Comments(0)
札幌『浪漫風』で石田幹雄とデュオ
f0075588_1750445.jpg

f0075588_1750417.jpg


 昨日はオレにとって、北海道の原点、札幌『浪漫風』でピアノの石田幹雄とデュオ。
 幹雄と6年ほど前に出会ったのは札幌だったし、幹雄にとって札幌は「第2の故郷」であるのに、今までタイミングが合わなくて、浪漫風では一緒にできなかったのが、今回ようやく実現。
 幹雄とはずいぶん共演してきたけど、その都度、本当に本当に新鮮な音を出してくれます。浪漫風のピアノが鳴る鳴る。
 幹雄とは初めての「象の鈴」、そして「グッドバイ・ポークパイハット」特別な感じがありました。
 マスターの佐藤さんに幹雄をじっくりと聴いて欲しかったので、喜んでいただけたことが、本当にうれしかったです。

 そして佐藤さん宅でのありがたい打ち上げ。しあわせであります。
 
 スミエに撮ってもらった写真。1は終演後、浪漫風のカウンターで幹雄とオレ。
 2は浪漫風マスター佐藤さん宅での打ち上げにて佐藤さん(左)と幹雄。なんだか親子みたい(笑)。幹雄が着ているのは浪漫風Tシャツ。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-25 17:50 | Comments(0)
札幌・盤渓リブギャラリー
f0075588_1923735.jpg


 そして昨晩は札幌・盤渓リブギャラリー。
 なんと星の美しいこと。いい月も出て。
 ここが札幌の中央区とは、といつも驚きます。
 ピアノの中島弘惠ちゃん、ウッドベース瀬尾高志との『まだ名前のないトリオ』でのツアー最終日。まさにそんな演奏。瀬尾も弘惠ちゃんも本当にかっこいいぜ。
 前半ステージが終わると、リブの大利さんが、「1ステ(ージ)目の演奏とは思えませんでしたねえ。」とごきげんな感じ。うれしいです。
 熱いアンコールにもお応えして、終演後はリブ名物の打ち上げ。美味しいお酒と料理。
 弘惠ちゃんがピアノを弾いてくれてるのが贅沢な感じ。弘惠ちゃん24歳。まだ18歳の彼女に初めて会ったのもこのリブギャラリーのオレのソロライブ。打ち上げで話して、いきなり一曲共演したのでした。これからがますます楽しみです。
 写真は右からオレ、リブギャラリーの大利さん、奥さんの由美さん、寺田町CDジャケットやフライヤーの写真でおなじみのカメラマン小畑圭一郎さん。皆さん、いつも本当にありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2011-07-24 19:23 | Comments(0)
足寄から札幌へ!
f0075588_17165312.jpg

f0075588_17165353.jpg


 昨日は、足寄の『ららばい』さんの美味しいお昼御飯をいただいてから、ひなびた『足寄温泉』へ。ここもいいお湯でした。
 そして札幌へと長距離移動。
 長距離移動のときは、運転手の瀬尾が眠くならないように、ミュージシャンの名前しりとりとが四文字熟語しりとりとかやるんだけど、昨日は新しい試みで、言葉を繋げて、どんどん長くなっていく文章を暗記しながら、さらに長くしていくゲームをやりました。
 オレは年齢的に不利かなと思ったのだけど、意外にもこういう記憶力はけっこう強いらしく、瀬尾に驚かれました。
 森のくまさんとねこさんがからのどかに始まった物語は、終盤タラちゃんを食べてしまったくまさんとサザエさんの壮絶なバトルに発展してしまいました(笑)。
 そんなバカなことをしてたら、思ったよりも早く札幌に到着。
 
 写真1は『ららばい』前でマスターの堀江さんをはさんで中島弘惠ちゃんとオレ。
 そして『足寄温泉』。男女別れた入り口なのに、何故かまたロビーで合流しています(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-24 17:16 | Comments(0)
足寄『Tea BARド』
f0075588_1582921.jpg

f0075588_1582980.jpg

f0075588_1582932.jpg


 昨日もよい天気。
 『丸美ヶ丘温泉』で疲れをとって、足寄へ。
 昨年12月に初めてお世話になった『Tea BARド』。美人の佐藤ママさんににこにことお迎えいただきました。
 サウンドチェックで試しに最初ほんの少し歌うと、ママさんがすかさず「やっぱりいい声ですねえ!」と。うれしいです!
 このお店の音の響きはとってもよく、お客さんも満員、実に気持ちよく歌わせていただきました。
 『まだ名前のないトリオ』ツアー3日目。弘惠ちゃんのピアノも瀬尾のウッドベースもますます冴えてきてます。
 新曲「象の鈴」も好評。「グッドバイ・ポークパイハット」も前進。
 アンコールはリクエストいただいた「夜を泳ぐ魚」。そして「モモ、歌おうぜ」。本当にいい雰囲気。
 終わろとすると、お客さんからのお願い。ご結婚したてのカップルのお客さんへのプレゼント。「初恋みたいな」を歌いました。瀬尾も弘惠ちゃんも入ってくれて。この曲をソロ以外でやったのは初めてだなあ。
 お店で軽く打ち上げ。色々と演奏。楽しい!
 最後メンバーだけになって、新曲の仕込みができちゃいました。
 そして、お客さんで来ていただけていた居酒屋「ららばい」さんへ打ち上げに。マスター堀江さんも奥さんもとってもいい方で、すっかりお世話になってしまいました。ここでもライブをやってほしいとのありがたいお言葉。

 写真1は『Tea BARド』の素敵な佐藤ママとオレのツーショット。
 写真2は打ち上げでギターを弾く弘惠ちゃんのレア画像。弘惠ちゃんギター上手でびっくり。
 写真3は居酒屋『ららばい』さんでの打ち上げのジンギスカン鍋。巨大ハンバーガーではありません(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-23 15:08 | Comments(0)
帯広『丸美ヶ丘温泉』でライブ!
f0075588_1939176.jpg

f0075588_19391869.jpg


 昨日もよい天気。『まだ名前のないトリオ』は瀬尾の運転で帯広へ。ぎっくり腰の瀬尾、頑張ってくれてます。
 会場はなんと『丸美ヶ丘温泉』。前に書きましたが、ここのモール泉は素晴らしいです。瀬尾いわく「宇宙みたい」。入って納得。
 その丸美ヶ丘温泉でまさかライブができるなんて夢にも思いませんでした。
 そのいきさつは、帯広でずっとライブをやらせてもらっていた『ふた葉亭』が昨年閉店してしまって困っていたところ、帯広のテナーサックス吹き植地が、丸美ヶ丘温泉のクロードさんに話を持ちかけてくれたところ、快諾して下さったのです。
 そう、丸美ヶ丘温泉にはアップライトピアノのある食堂スペースがあるのです。
 植地が「湯音」というプロジェクトとして、とっても頑張ってくれました。
 その頑張りに応えるべく、一曲目の「微かに香るラヴェンダー」からオレは入っていけました。
 お客さんの雰囲気もとてもよく、ある想いをもって書き上げたチャールズ・ミンガスの名曲「グッドバイ・ポークパイハット」の寺田町バージョンを勇気を出して初演。緊張したけれど、やれてよかった!
 本日はゆっくり書けなくてすみません。取り急ぎ。

 写真1は植地と奥さんのひとみちゃん。本当にありがとう!
 写真2は丸美ヶ丘温泉のはるよさんと蝦夷鹿とオレ。はるよさん、お世話になりました。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-22 19:39 | Comments(0)
『まだ名前のないトリオ』帯広へ!
f0075588_142643.jpg


 ぎっくり腰、瀬尾高志の運転で帯広へと向かっております。
 無茶苦茶いい天気。風が本当に気持ちよいです。
 今しがた、夕張のサービスエリアでちょっと休憩。『メロン熊』と中島弘惠ちゃんとの記念撮影(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-21 14:26 | Comments(0)
小樽『フリーランス』
f0075588_136111.jpg


 昨日から、ピアノの中島弘惠ちゃんとウッドベース瀬尾高志との『まだ名前のないトリオ』ツアー。
 なんと瀬尾はひどいぎっくり腰!クルマの運転させるのも気の毒だけど、小樽フリーランスへ。
 瀬尾には悪いけど、小樽の海の景色は素晴らしく。 その代わり、瀬尾は演奏と運転以外は戦力外なので、ウッドベースはオレがフリーランスの二階へ一生懸命運びました(笑)。
 でも、このトリオでの久しぶりの演奏はとっても面白く、曲が進むほどに、ぐんぐん楽しかったです。弘惠ちゃん、やっぱりいいなあ。
 写真はフリーランスの神田さん。今回はニコルちゃんに会えなくて残念。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-21 13:06 | Comments(0)
晴れる屋でありがたいバースデーライブ。
f0075588_15414571.jpg


 昨日は風さわやかな札幌。『晴れる屋』で51歳のバースデーライブ。ここでは何度も誕生日を祝っていただいています。それだけでなく、今は無い.すすきの『JUNK』で、たまたま、オレのライブがオレの誕生日であったとき、晴れる屋ヤマちゃんと、奥さんみっちゃんがバースデーケーキを持って来てくれたこともあります!とにかくありがたいのです。

 とっても親密な『晴れる屋』の空間で、51歳初のライブ。丁寧に、ありがたく演奏させていただきました。歌えること、ギターを弾けることの、なんてしあわせなことでしょう。

 「夜はやさし」を歌う前に、ふと、望月六郎監督の傑作映画「鬼火」に劇中中を提供した際に、主演の原田芳男さん(オレの最も好きな役者さんです)にわざわざお手紙をいただいた話をしたところ、終演後、昨日、原田さんが亡くなったと聞き、すごいショック。皆さんは、オレが知っていて、その話をしたのだと思っていたらしいのでした。こんな話、ライブ中にしたことないのに。原田さんに「呼ばれた」のかもしれませんね、と皆で献杯。ご冥福お祈りします。新作で遺作となってしまった「大鹿村騒動」観に行きますね。
 そんなこともあり、感慨深いバースデーライブでした。オレも、歌える限り、歌っていきます。皆さん、これからもよろしくお願いします。
 写真は前列左から、晴れる屋みっちゃん、そして一年半ぶり、稚内から流ちゃん。後列、晴れる屋ヤマちゃん、そして、幕間に楽しい落語を演じてくれた井浦太陽くん。
[PR]
by teradamachi | 2011-07-20 15:41 | Comments(4)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...