Top
<   2009年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
寺田町with橋本潤@下北沢ロフト
f0075588_2326389.jpg

 昨日は久しぶりの下北沢ロフトにて、ちょっと久しぶりの寺W潤でのライブ。
 下北沢ロフトではいつもジョイント相手を招いてのライブ。
 今回は2年ぶりの「たゆた」。ひろのちゃんのボーカル、イサクのガットギター、そしてマサのジャンベを中心にしたパーカッション。もともと上手いバンドではあったけど、絶妙のアンサンブル、見事な演奏でした。こうゆう必要最低限の音作りにより、空間も共演者としてしまう姿勢の演奏者がオレは好き。もちろんオレもそこを目指してやっています。
 さて、寺W潤。
 いい緊張感でやれました。ものすごく久しぶりの「白いブルース」「天使の歌」を演奏。
 「白いブルース」での潤さんの引き締まったフレーズ。「天使の歌」ではオレはすっかり『クレイジーホース』モードでありました(わかる人だけわかって下さい・笑)。寺W潤はますますかっこいいロックバンドに成長しております。
 アンコールはたゆたのマサとイサクに加わってもらい「ダンス・ダンス・ダンス」。いやあ楽しかった。
 写真を撮り忘れたので潤さん生誕50周年記念グラスを。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-31 23:26 | Comments(0)
寺田町with橋本潤ライブ!
明日は30日は下北沢ロフトで久しぶりの「寺田町with橋本潤」でのライブ。

今回のジョイント相手は2年ぶりの「たゆた」。
ひろのちゃんのヴォーカル、まさのパーカッション、イサクのギター。
いいバンドです。

よろしくお願いします!

★寺田町with橋本潤

10/30(金)下北沢ロフト(下北沢)TEL.03-3412-6990
世田谷区代沢5-31-8エクセレント下北沢B1
    VS たゆた 
    19:00開場 19:30開演
    料金¥2500+1オーダー
[PR]
by teradamachi | 2009-10-29 16:43 | Comments(0)
唐組公演「盲導犬」
f0075588_2134358.jpg

f0075588_21343580.jpg

 今夜は劇団唐組秋公演千秋楽を観に雑司ヶ谷鬼子母神まで。
 秋公演は旧作品の再演。今回は状況劇場時代1973年の「盲導犬」。
 これが観られるとは。
 この作品の戯曲が以前角川文庫に収録されていて、それはオレが高校三年のときに初めて読んだ唐十郎作品だったのです。
 まだちゃんとした生の舞台を観たこともなかった当時のオレには、その作品が実際にどんな風に演じられるのかうまく想像できなかったのだけれど。
 そして本日の舞台。
 現在の唐組は本当に素晴らしい劇団に成長していると、このところ毎回書いてますが、いやあ、今回はまたすごかった。第一幕から鳥肌立ちっぱなし。
 残念ながら去って行った役者もいるけれど、新たな魅力を持った新人がしっかり育ってきていて、頼もしく、そして楽しみ。
 そしてベテランの役者が新たなかたちでさらに成長しているのは実に感動的でありました。
 唐ロマンはもう唐さんがあまり演じなくても劇団の血肉となり、さらなる跳躍をし続けています。それに立ち会えるというのはすごい体験ですね。来春の新作も期待大。
 
 本日は瀬尾高志が高円寺に演奏に来ております。例によってわが家泊まり。飲むか(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-25 21:34 | Comments(0)
早川由美子監督「ブライアンと仲間たち」
f0075588_59460.jpg

 先月の中井伸介監督「ナナイの涙」の上映会で知り合った早川由美子さんの初めてのドキュメント映画作品「ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1」を見に三鷹まで行ってきました。
 この作品は今年度の日本ジャーナリスト会議黒田清JCJ新人賞を受賞したそうですが、さもありなん。とても初めて作った作品とは思えない素晴らしい映画でした。
 イギリスの国会議事堂前のパーラメント・スクエアにテントを張り、2001年6月2日以来家に帰らず、1日も休まずイギリス、アメリカ政府のテロ撲滅戦争に抗議し続けるブライアン・ホウ。
 「イラクの子供たちを殺すな!」というシンプルかつストレートなメッセージを叫び続ける彼は今年還暦の筈。実にいい顔をしています。
 「戦争反対」という、多くの人にとっておよそ当然とも思える意見をそのままに生きることが、この高度に発展しまった経済世界ではいかに困難であるか、オレたち日本人もわかっている。
 いや、そんなのわかってはダメだし、違う切り口があることをこそブライアンが身をもってしめしてくれているのだ。
 この映画が素晴らしいのは決して理屈の映画ではなく、人の心を見事に描いた映画であることだと思う。ブライアン本人も、彼に共感し行動するサポーターたちの心を描いて、見る者の心にも光を当ててくれる。 状況は決して明るいわけではないのだが、人の心が光を放ち、オレたちの気持ちを明るくさせてくれるのだ。自らナレーションをつとめる早川さんの声がまたいい。優しく明るい。
 オレはまた励まされてしまいました。
 この作品のホームページを見て、各地の方に是非この映画を見ていただきたいです。そしてこれからもっともっと上映していってほしい。オレもできることならなんらかのかたちでサポートしたいと思いつつ、早川さんと握手を交わしました。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-25 05:09 | Comments(2)
うた・うた・うた
f0075588_5343394.jpg

 というのは昔URCレコードが出していた月報のようなもののタイトルだけど、昨日20日夜、東京に戻り荷物を置いてから近所でゆったり飲んで帰宅。
 深夜、俄然新しい歌をかたちにしたくなり、明け方までに骨組みまでたどりつく。ここまでくれば、時間はかかるとしても必ずかたちになる筈。
 本日は夕方かかりつけのお医者さんにインフルエンザの予防接種(新型ではないです・笑)を受け、その足で図書館へ。
 子供の頃からの活字中毒者だけど、このところ新たな向学心がわき(笑)時間を見つけ色々読みまくってます。
 ロングツアー期間は図書館はお預けなので久しぶりに行くとついつい長居してしまいます。
 夜は事務仕事、練習、新曲の検討。深夜、旅前に途中まで向かっていた歌にとりかかり、先ほど一応完成。ちゃんと演奏してみないとわからないけどね。
 秋深し。いい季節です。
 写真は1969年の加藤和彦さんのソロでの1stアルバムの裏ジャケット写真。小学生のオレが最も憧れたミュージシャンでした。今のオレ自身は全くタイプの違うかたちで音楽活動をしてますが。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-22 05:34 | Comments(0)
名古屋新栄『きてみてや』ソロライブ
f0075588_16491839.jpg

 昨日石田幹雄は東京に戻りオレはソロで名古屋『きてみてや』お座敷ライブ。
 のんびりした雰囲気が徐々に温まってゆき、後半は熱いライブに。お誕生日のタクシー今西さんをはじめとして、いいお客さんに感謝です。
 きてみてやでひとしきり飲んだ後、今西さんと一緒に名古屋の老舗ジャズハウスへ。素敵な選曲のジャズを聴きながら赤ワイン。
 ちなみに来月石田幹雄は林栄一さんのセットと小山彰太さんのセットでラブリーで演奏します。名古屋方面の皆さん、よろしくお願いします。
 本日はゆっくり眠り、忙しくて昨日のライブに来られなかったまーみちゃんの美味しい手料理をいただいてから帰途。只今列車に揺られております。
 今回も本当にいいツアーでした。皆さんに心から感謝します。ありがとうございました!
 
 写真はマスター稲ちゃん。近年、脳梗塞になって心配でしたが今はお酒も煙草も止めて元気でなによりです。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-20 16:49 | Comments(0)
愛知県知多市新舞子『リマ』
 昨日は久しぶりの新舞子リマ。5年ぶりくらいかな?もちろん石田幹雄とのライブは初めて。
 新舞子はオレの生まれ故郷、常滑市大野町の隣町。海辺の素晴らしいロケーション。マスターの大久保さんは実に実に面白い人。
 リハーサル後、わが家でご飯をいただき、海岸線をのんびり歩いて再びリマへ。
 いい雰囲気でのお客さんの集まり。その中にはわが愛する兄貴やその素敵な奥さんも。いつもありがたいのです。
 昨日も幹雄絶好調。客席の驚きと感動がダイレクトに伝わってきます。
 アンコールを歌っていると、正面奥にマスター大久保さんのうれしくてたまらない、といった感じの笑顔が見えて、オレもつくづくうれしくなってしまいました。
 打ち上げは兄貴の好意で恒例のわが実家のお寺で、兄貴の奥さんの美味しい料理をいただきながら。
 幹雄とはとりあえずツアー最終日。連日素晴らしい演奏をありがとう!
 兄貴が「こんなに感動したのは久しぶり。素晴らしかった!」と何度も何度も言ってくれました。うれしいなあ。
 そんな楽しい日なのに(だから?)写真を撮るのをすっかり忘れてました(笑)。すみません。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-19 15:46 | Comments(0)
東神戸教会
f0075588_14514761.jpg

f0075588_14514795.jpg

f0075588_14514747.jpg

 昨日は東神戸教会のオープンチャーチコンサート。生まれて初めて教会でライブをしました。神戸のライブうどん屋さん「な也」のおかちゃんのおかげでこんな素敵なライブをさせていただけてありがたいことです。
 川上盾牧師はオレと同い年(同学年)。川上さんのお人柄でしょう、老若男女、大勢の皆さんに集まっていただけました。
 本番前、ロビーで小田原の矢沢ウエイチに声をかけられびっくり。大阪での仕事のついでがあって来てくれたのです。そして岡山らは京江保っちゃんが。うれしい!
 昨日も幹雄ノリノリ。鳴り止まないアンコール、そしてアンコール。素敵なコンサートになりました。幸せです。
 打ち上げで川上牧師さんとお話しできたのもとても楽しかったです。またいつかここで演奏できたらいいなあ。ありがとうございました!
 写真1枚目、客入れ前、会場である礼拝堂のピアノと会話する幹雄。
 写真2は礼拝堂のキリスト画。この斜め下でオレは歌いました。終わってから何人かの方からこの絵のお方とオレの顔が似ていると言われました(笑)。
 写真3は川上盾牧師と2ショット。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-18 14:51 | Comments(6)
和歌山オールドタイム
f0075588_1415552.jpg

 昨日は和歌山オールドタイム。移転してからは二度目。そして幹雄とは初めて。
 オールドタイムのピアノ、アップライトだけど素晴らしい音。もう幹雄ノリノリです(笑)。いやあ楽しかった!
 お客さんは少ないけど、ブルートの西川くんや、大好きなシンガー南忠さん、美穂ちゃんなどのスペシャルな方々。アンコールなりやまず「チンピラ」。そしてまだまだのアンコールにピアノと歌だけで「夜を泳ぐ歌」。
 その後オレたちはオールドタイムの松本さんと一緒に和歌山の夜を泳ぎました(笑)。
 写真は後ろ左がスタッフの崎山くん(好青年!)、右が松本さん、そして幹雄。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-17 14:15 | Comments(2)
三重県津市Paradox
f0075588_1521128.jpg

 昨日もいい天気。幹雄と二人で名古屋のお気に入りのタイ料理屋さんで食事。ここのトムヤンスープはなんだかとっても元気にしてくれるんだな。
 近鉄電車で三重県津へ移動。ホテルへチェックイン。パラドックスのマスターハッチに迎えに来ていただきお店へ。
 今回も古い付き合いの岩佐均くんが音響をやってくれる。
 本番。ハッチの店に来るのも初めてなら、オレたちのような演奏も初めてというお客さんが多く、前半はお店の空気が落ち着かない感じで幹雄もオレも苦戦。 休憩後の後半、幹雄もオレも暗黙の了解、といった感じで開き直ったように思い切りいく。お店の空気が変わった。ぐんぐん雰囲気がよくなってゆく。幹雄すごい。オレもすごい(笑)。終盤はしっかり盛り上がりアンコールはハッチに贈って「チンピラ」。
 またひとつ素晴らしい体験をした気持ち。やっぱりライブってすごい。続けてゆくことは素晴らしい。言葉にはできない学びがまた新たに。
 やれて本当によかった。ハッチありがとう。ママひろみちゃんありがとう。岩佐くんありがとう。お客さんありがとうございました!
 写真はマスターのハッチ、ママのひろみちゃんの間に幹雄。
[PR]
by teradamachi | 2009-10-16 15:21 | Comments(2)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...