Top
<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
西湘3デイズ初日
f0075588_1471228.jpg

 一昨日夜、いったん東京に戻り昨日新たに出発。
 小田原鴨宮ジーズキャフェ、間に平塚ハッピーマウンテンバーをはさんでの飛び石2デイズ初日。
 ライブ晴れ男のオレだけど、最近の西湘のライブは何故か雨が多い。でもジーズのお客さんは熱い!まるで脅されてるようなアンコール(笑)。ありがたく歌わせていただきました!
[PR]
by teradamachi | 2009-01-31 14:07 | Comments(2)
キングコブラ三重
f0075588_14245373.jpg

f0075588_14245369.jpg

f0075588_1681321.jpg


 夕べはアメリカ村のキングコブラとは打って変わって静かな三重県津市久居のキングコブラ。
 オレはここができたての一年前、橋本潤さんと来て以来。一周年です。
 オレとレインマンの他には名古屋から元ガサスのボーカル下島右己。
 昨年11月に鈴鹿のカレラで一緒だったイエローソウルのお二人。
 そして21歳の加藤夏穗ちゃん。彼女がすごかった。一見地味な風貌からは想像出来ない素晴らしくソウルフルなボーカル。
 ものすごく上手いのだけど、問題はそんなことじゃなく、人は何故うたうのか?という根元的なことまで思いを至らせてくれる演奏でした。
 ギターはちょっと聴き拙いようなのだけど、実はこれもものすごく、必要なグループは少ない音数の隙間に大きくうねっていました。
 6年通った定時制高校をもうすぐ卒業するという彼女。歌い続けて欲しいものです。
 そしてオレ。せっかくレインマンとの2デイズなので、前日とは全曲メニューを変えてじっくり。
 レインマンのベースのフミが「13番目の恋人」を聴きたがってるとダイスケからのタレコミがあったので(笑)ソロでは久しぶりにやりました。
 それから伊勢で20年オレを聴いてくれてる「おかげ参り」さんからのリクエストで「少年」。
 終わってからレインマンのともくんや、ギターのカッツン、ダイスケからそれぞれ個別に(笑)「寺さんのライブはやっぱり静かな中で倍音がちゃんと聴こえる今日みたいな方がいいんですよね。」と言ってもらえる。「ずっと聴いてたいですよ。」とともくん。うれしいなあ。
 そしてレインマン。よかった!いつも思うけど、実に歌心あるいいメンバーです。
 昨日は特にカッツンのギターが素晴らしく、「引き潮」の終盤のギターソロは聴いていて涙が出そうでした。そしてラストの「星の上」のギターは全編鳥肌もの。もちろんバンド全体の演奏がよいからそこへ行けたのだと思う。本当に音楽は、ライブは素晴らしい。こいつらと出会えたオレはラッキーです。
 「もっと一緒にツアー続けたいです。」とレインマンの連中に言ってもらい、握手で再会を約束して別れる。次が今から楽しみだ。
 
 写真はキングコブラ三重の馬看板。
 鳥のフン害にあったレインマン号を洗うダイスケ。
 打ち上げでダイスケのアホなメガネをかけるオレ。ダイスケは大阪のライブのとき「これは今東京で流行ってるんだぞ」と大阪のキッズたちをだまくらかしていた(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-29 14:24 | Comments(0)
大阪アメリカ村から三重県津へ
f0075588_17113245.jpg

f0075588_17113281.jpg

 今日も大阪はよい天気。昨日の寒さとは打って変わって春のような暖かさ。
 ヒップホップ鳴り渡るアメリカ村からキングコブラ号に乗って三重県のキングコブラまでドライブ。
 先ほど三重県の山道を抜けて無事到着。

 写真は大阪キングコブラから望むアメリカ村の街角。そして何故かベースを持って見送ってくれたキングコブラのカズマサ。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-28 17:11 | Comments(0)
大阪心斎橋深夜
f0075588_421113.jpg

 今夜は大阪心斎橋キングコブラの5周年記念イベント。
 大阪のCICADA FIELDSという素敵なロックバンドとキングコブラのカズマサくんとの協力企画。
 東京からはレインマンとオレを招んでいただき、大阪から5組の出演。終了は深夜一時(笑)。
 オレは自分以外の6組の演奏全部見たけど、これだけ出演してひとつもハズシがないことに本当に感動。
 そしてそんな企画に招んでいただけたことに心から感謝です。カズマサ、ありがとう!
 そんな素敵なイベントなので、この深夜に各バンドのこと書くのは無理です(笑)。各バンドいっぱい書きたい感動があったもの。
 だから不公平はわかりながら、ちょっとだけ書きます。
 オレの前がレインマンだったんだけど、熱い演奏、ぐっときました。ラストの「この星の上」(?)泣けてきそうだったよ。思えばレインマンと出会ったのは一年前のこの店でした。
 いいバトンをもらってオレもがん!といけました。熱いオーディエンスにこそ拍手です。

 で、不公平覚悟で書いちゃうのが、アコーディオン弾き踊り歌い(笑)の持田桐ちゃん。
 素晴らしいシャンソニエ、エンターテイナーでありました。オレとの共通点も勝手にいっぱい感じちゃいました。(オレのステージでリクエストがあった寺田町作品の「ケ・セラ・セラ」を真ん前でサビをいっしょに歌ってくれていた彼女とレインマンのダイスケに感動!)
 終わって桐ちゃんと話すと実年齢の若さにびっくり!
 それは彼女が老けて見えるってことじゃなく(笑)(すごくチャーミング。ステージ見ながら、オレが若いときだったら勝手に恋に落ちたかも、なんて思ったもん・笑)ステージにおけるパフォーマンスの貫禄。
 アコーディオンと一体になって踊ってるのが素敵で、オレとオレのギターとの関係に似てるなって思ったり。
 でもオレといっしょで(笑)拙い感じも少しあるなって思ってたら、なんと彼女はアコーディオン歴一年!ははー、失礼しましたでした。
 で、持田桐ちゃんは近々音源を作り、どんどん演奏活動の場を広げてゆきたいとのこと。これを読んで下さってる全国の皆さん、よろしくお願いします。
 
 
 それはさておき、深夜の心斎橋のホテル。お風呂から出た後、ビールを飲みつつ、先日から書いてる歌の最後のバースを書き終わり、いい気分。
 明日は同じキングコブラ三重の一周年ライブ。一年ぶり。
 写真は開演前、キングコブラの近くの素敵に大阪チックな飲み屋さんで、レインマンの兄弟。アホなメガネのダイスケと美味しいおでん卵を持つ弟、いかしたハープマンともくん。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-28 04:02 | Comments(0)
昨日は名古屋SOUL PUNCH!
f0075588_2332981.jpg

f0075588_2332948.jpg

 現在、酔っぱらいつつ大阪へ移動中。
 昨日は名古屋のショージくんのROOTSチェーン4軒目で昨年9月オープンのSOUL PUNCH。オープン記念から二回目のライブ。
 生音が気持ちよく店内に響き、身体はしなやかに動き、歌を、ギターの音を紡ぎ出す。左右に細長い店内に音楽を響かせるため、体力はいるけれど、手応えは十分。
 例によってショージくんのリクエストメモ、通称「ショージメモ」を参考にしつつ、歌いたい歌を選んでゆく。
 前半最後の曲は新曲「コヨーテ」。好評でうれしかった!オレはもっともっと歌ってゆけます。

 写真はまーみちゃんが撮ってくれた昨日のライブ風景と名古屋の老舗ジャズクラブ「ラブリー」での打ち上げ写真。タクシー今西さん、ショージくんの中学からの幼なじみで毎回来てくれるエミちゃん、そしてショージくん、オレです。
 本日は夕方からまーみちゃんとデート(笑)。前回定休日で行けなかった大須の素敵な古い居酒屋「末廣」へ10年以上ぶりに。
 と書いてる間に現在は大阪を移動中。今夜は古い後輩的友人、ミュージシャンの加藤吉樹夫妻宅へ。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-26 23:32 | Comments(0)
一昨日のクラップ クラップ!
f0075588_1653132.jpg

 一昨日は西荻窪クラップ・クラップにてライブ。
 リトルキヨシトミニマムgnk!のキヨシとのソロ同士のジョイントライブ。
 オープニングにThe Sorry On Paradeというバンドのボーカル、心光賢がソロでやってくれた。ギターを弾いて歌うのは慣れてないようだけど、しっかりグルーブのある気持ちのいいロックボーカリストだった。 キヨシはゲンキといっしょのときのようにエレキギターをギターアンプとベースアンプにつないでの演奏。優れた声の持ち主であり、いいギタリストだ。もちろんソングライターとしての才能も光る。
 そしてオレ。初めてのお客さんが多いのに、とてもいい反応に気をよくして、ぐいぐいノっていけました。気持ちのいいライブ!

 打ち上げもとても盛り上がり、キヨシと心光、30歳の二人と歌の話がいっぱいできて実に楽しかった。
 すごくうれしかったこと。昨年暮に生まれたオレの新しい歌「コヨーテ」をリハーサルで聴いたキヨシと心光が、本番では聴けなかったことをとても残念がってくれたこと。その新しい歌を、以前から歌い続けてきた歌だと思ってくれたこと。
 オレの理想、かつて詩人の長田弘さんがボブ・ディランについて書いた文章の中の「古くから歌っている歌をまるで新曲のように歌い、新しい歌をまるで昔からある歌のように歌う。」 そんな歌がオレにも少しは歌えるようになってきたのだとしたら、とてもうれしい。
 
 ところで、今回のライブがとても面白かったので、またこのメンバーでクラップでやろうということになりました。次回は4月頃。お楽しみに!

 写真は打ち上げで可愛い和美ちゃんと当サイト管理人ヤマグチコージ。本当は和美ちゃんだけ撮りたかった(笑)。

 本日から短いツアー。只今、名古屋へと向かう新幹線の中。まったくもって本日も晴天なり(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-25 16:53 | Comments(0)
明日は西荻窪CLOP CLOP。それから長崎ライブ会場変更のお知らせ
明日23日は今年初めての都内でのソロライブ。昨年出会ったいかしたデュオバンド「リトルキヨシとミニマムgnk!」のキヨシとのジョイントライブ。
よろしくお願いします!

1/23(金)CLOP CLOP(西荻窪)TEL.03-5370-2381
     東京都杉並区松庵3-39-11-B1
     VS リトルキヨシ(ソロ)

オープニングアクト心光賢 (THE SORRY ON PARADE)
¥2000+オーダー オープン19:00 スタート20:00 

★それから二月の長崎ライブの会場が下記のお店に変更になりましたのでご確認をお願いします。
★寺田町ソロライブ

2/20(金)MOTION(長崎)TEL.095-823-8818
長崎市夫婦川町2-2
[PR]
by teradamachi | 2009-01-23 00:55 | Comments(0)
ニューアルバムのプリマスタリング
f0075588_1542453.jpg

 起き抜けにリンゴを食べることが多いけど、この季節は安いリンゴでも感動的においしいものによく出合えてしあわせな気持ちになります。
 今週は日曜日に伸びまくった髪を切りにいつもの知り合いの美容師さんのところへ。さっぱりしました。 その夜は最近気に入ってるポトフを作りました。
 月曜日には小麦粉とバターからホワイトソースを作って、前日のポトフのスープと合わせ、クリームシチューに挑戦。実に美味しくできて満足。おかげで曲作りも進みます(笑)。
 本日は午後から再び川崎子安のガンボスタジオへ。ニューアルバムのプリマスタリングという作業。
 音量のレベルをそろえたり、曲の出だし、終わりの音の具合を決めたり、曲と曲の間の長さを決めたり、といったことをガンボスタジオの川瀬さんと二人で。
 暮れのミックスダウンのときより全体の音量を少し上げることにしたので、思ったより時間がかかりましたが、よい感じになったと思います。

 「録音が終わってから、こんなに聴きたくて何度も聴いている作品は本当に珍しいです。すでに名盤の予感がします。」と川瀬さんが感動的なことをおっしゃいます。「心に残るレコーディングでした。」と。
 ミュージシャン冥利に尽きるお言葉です。

 ガンボスタジオのトイレにはいつも川瀬さんの奥さんが飾った素敵なお花があるので、今日はそれを写真に撮るつもりだったのに、うっかり忘れてしまったので、帰りの子安駅のホームで今日の記念写真。
 乗り換えの横浜でお酒を買って乗ろうかと思いましたが、がまん。
 帰ってからギターの弦を巻き弦だけ張り替え。
 これからお風呂に入ってからお酒です(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-22 01:54 | Comments(0)
シャイン・ア・ライト
f0075588_1552261.jpg

f0075588_1552270.jpg

 昨日は吉祥寺バウスシアターへ。
 マーティン・スコセッシ監督がローリングストーンズのコンサートを映画にした「シャイン・ア・ライト」をようやく観ることができました。
 12月の札幌フライアーパークでサントラCDを聴いて、ストーンズの若々しい演奏に感動していたので、映像を観るのがとても楽しみだったのだけど、期待通り、実に楽しい時間を過ごすことができました。
 
 オレは高校生の頃、ストーンズに夢中だったけれど、80年代半ばからの音はピンとこなくて、初来日は一応見には行ったけれど、東京ドームの音のひどさもさることながら、あのツアーのサウンドがオレには全然好きになれなかった。
 だから近年のストーンズが魂をふきかえしたように新鮮なエモーションに溢れる演奏をしているのは本当に素敵だな、と思っていた。
 この映画の中でも、ストーンズたちは、年齢を重ね、素敵なしわをいっぱい刻んだ顔を輝かせて、実にみずみずしい演奏を聞かせてくれた。
 年をとることは素敵なことだと、しょっちゅう言ってるオレだけど、あらためてそう思ったのでした。
 ところでゲストでストーンズと一曲共演したバディ・ガイのかっこよさといったらもう!しびれましたね。

 写真はバウスシアターロビーのポスターと、バウス名物「爆音ビール」(バウスの爆音上映は音がなかなかよくてロックの映画を観るのにはとてもよいのです。ディランの「ノーディレクションホーム」のときもすごく感動しました)。福生の地ビールなんだけど、とても美味しかったです。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-18 01:55 | Comments(2)
さよなら、くまさん。
 昨日のお昼頃、大阪「天人(アマント)」の吉田さんから「今朝くまさんがお亡くなりになりました」との電話。
 くまさんは以前「天人」のスタッフでもあった人。まだオレが天人でライブをやる前にCDですでに寺田町ファンになってくれていたありがたい人。実物の寺田町の歌をさらに愛してくれた人。
 「くまさん」と呼ばれるのがわかる風貌だったけど、優しい目そのままの人柄の人だった。
 介護のお仕事をしていた。近年、仲間とジャグバンドを始めて、楽しいんだって言っていた。
 癌を患ってからも前向きだった。「日本で一番元気な癌患者」だって笑ってた。
 だからオレはもっともっとくまさんにライブを見てもらうつもりだったんだ。
 でも晴れた冬の朝、くまさんは逝ってしまった。
 夕べくまさんのお通夜に行った大阪の加藤吉樹から「眠るような静かな顔でした」とのメールをもらいました。
 さよなら、くまさん。本当にありがとう。いってらっしゃい。
[PR]
by teradamachi | 2009-01-15 19:37 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...