Top
<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
熊本NEXUS16周年!
f0075588_1703636.jpg

 昨日は熊本NEXUS16周年記念イベント最終日。そのしめくくりに歌わせていただけるなんてまことに光栄であります。
 いつものように藤本ちゃんにホテルまで迎えに来てもらいNEXUSへ。
 藤本ちゃんが持ち込んでセッティングしてくれた機材でサウンドチェック。
 ここでは店の2階席でライブをするのだけど、前回のライブからステージを1階との吹き抜け側にしたため、前回の本番、階下のお客さんの声の反響がちょうどオレのところに回り込んで、非常に苦戦したので、そのことをオーナーの足立さんに告げると「壁をつけますか。」えっ?そんなことできるの?と思ってたらスタッフみんなと足立さんがどんどん板や角材を出してきて設置開始。すごい。
 お手数かけて申し訳なかったけど、これはわがままではなく、よいものをやるために必要だったので。
 ともあれサウンドチェック後、先週のBRIC a BRACではお客さんで来てくれていた今回も出演のコビ(媚山香織)と隣のお蕎麦屋さんに行くとなんと定休日でショーック!ネクサスでやるときはコビとこの店のおいしいつまみで飲むのが楽しみだったのにぃ。
 気を取り直し、近所にもう一軒蕎麦さんを見つけて入る。
 コビはオレより15歳くらい年下だけどオレとは波長が合ういいやつだコビと話してると、なんというか世代から世代へのバトンのようなものを渡せているような気がする。
 壁の完成したネクサスに戻り始まり始まり。
 最初は前回に続いて藤本ちゃんのギターで足立さんが数曲歌ってくれる。足立さんいい声。こげ目がたっぷりついたような「およげ!タイヤキくん」よかったよ(笑)。
 そしてコビ。見るたびますますよくなってるコビだけど、今回すごく声がよかった!コビの魂を音としてかたちにしたような声は実に気持ちよかった。
 さてオレです。
 壁を作っていただけたおかげですごくやりやすくてうれしい!
 足立さんに贈った「バーボンと煙草のヤニで固めて作ったような店で」からラスト「ルチア」(客席でコビがいっしょに歌ってくれてた)までいい感じでやれたなあ。
 アンコールはコビの鍵盤ハーモニカをフューチャーして「黒ネコのタンゴ」。ツアー締めくくりにふさわしい楽しいライブとなりました。うれしい!
 終わって、さてどうしようかと思ってると、林田くんがあの「えん」がなんと今週いっぱいでしめるのでよかったらライブに来られなかったママさんに会いに行きませんか?と。
 それは行かねば!と今週も林田くん、藤本ちゃん、ちー坊、ゆっかちゃんで「えん」へ。入り口の「スナックてらだ」の看板に今回も笑いつつ。
 今回もおいしいもの・・・セリやらノビルやらの美味に感動しつつ島美人のお湯割。
 ご主人はいずれまた新しいお店で腕をふるわれると聞いて安心。 別のとこで飲んでたチェルシーも呼び出し先週と同じメンバーに(笑)。
 林田さんから「ママのために歌ってあげて下さい」との要望に、アカペラで「プカプカ」をプレゼント。熊本の最高の夜。
☆写真は「えん」にてあやしいオトコに変装した林田くんと、奥は昔はこわもてのロッカーだった(笑)藤本ちゃん。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-26 17:00 | Comments(0)
最終日
 再び熊本に帰って本日NEXUSで今回の山陽~九州ツアーは閉め。本日もまったくもってよい天気。
 小倉から熊本へのバス移動中に昨日一昨日のこと書きたかったのだけど、元気とは別に疲れはたまっているようで寝てしまい書けず。
 大分フラミンゴの岩崎ユウジくんの主催してくれた素晴らしいイベント「強盗酒場@GAUCHO」。燃えるライブができたこと。大好きなボーかリスト、田中ヤスヒサと彼のバンドとの楽しかった打ち上げ。岩崎ユウジくんの毎回次なるステップと広がりを求めてイベントに臨む姿勢には頭が下がります。
 そして小倉フォークビレッジでの森田馨介さんとのジョイントライブ。馨介さん、実に熱い演奏でした。
 いいテンションもらって、オレもこのツアーでは初の「夜を泳ぐ魚」に始まり、OAをつとめてくれた彫り師セイジのリクエスト「黒ネコのタンゴ」をからめ、アンコール「チンピラ」そして世話人川中くんのリクエスト「ケ・セラ・セラ」までいいテンションでいけました。
 馨介さんいわく「テラさん、ぴしゃりやったね!」
 フォークビレッジの小野さんも打ち上げに来て下さって、馨介さんとオレと3人でチャップリンの話題で盛りたがったのもうれしかったな。
 小倉の川中くんはいつも本当によくしてくれて感謝感謝なのです。
 走り書きですみません。今夜もよい夜になりますように!
[PR]
by teradamachi | 2008-02-25 18:01 | Comments(0)
大分の夜
 大分フラミンゴの岩崎ユウジくんの主催によるライブハウスGAUCHOにおけるイベント「強盗酒場」(すごいタイトル・笑)がいかにいいイベントであったかはこんな時間にブログを書いているオレの現在でおわかりでしょう(笑)。
 おそらく本日目覚めてからはブログを書くのは無理でしょうから、オレの大好きなベンジャミンズ・スワッピング・バーをはじめとした、とても素敵なミュージシャンたちとの素晴らしい共演であったことだけは記しておきます。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-24 05:07 | Comments(2)
福岡プレアデスと屋台DONの夜は更けて
f0075588_1711892.jpg

 昨日は長崎も、そして再び戻った福岡天神も曇っていたので、共演する超雨男アジに負けるかと危ぶまれたけれどセーフ(笑)。
 プレアデスは今回も最高のデュオバンド、トミー&アジとオレを含めてのイベント形式。毎回おもしろいミュージシャンの演奏が聴けて楽しみなのだ。
 博多郎さんはオレと同い年のギター弾き歌い。ブルースを根っこにもっためちゃくちゃかっこいいギターを弾く。作品もユニーク。おもしろい言葉を書くなあ。「ジョバンナ」という歌が特に印象的でした。
 鵜瀬綾桂ちゃんは20歳。普段はパンキッシュなバンドをやっているらしいけれど、昨日はピアノの弾き語りで。なんと1曲目にトム・ウェイツの「ルビーズ・アーム」を演奏。びっくり。これは主人公が眠る恋人をおいて出ていく朝をモノローグで語った歌だけど、彼女に置き去りにされる彼氏はさぞつらかろうと思う(笑)。オリジナルも一生懸命はが一生懸命さとしてまっすぐ伝わってきた。オレは自分のステージでなんとなく彼女のために「翼のかけら」を歌ってあげた。
 トミアジはいつもながらかっこいい演奏。おっ、トミのやつ弦を切ったな(笑)。アジはやっぱり演奏してるのを見てるだけでしあわせになるなあ。
 オレのライブ。トミが「今まででいちばんしみましたよ。」と言ってくれた。アンコールはアジのリクエストで「旅をつづけなくちゃ」。
 打ち上げは今回も向かいの屋台DONで。屋台が寒くなかった夕べの渡辺通り。
 写真はその屋台にて大好きな「会長」と。お忙しいのに毎回必ずどこかで顔を出していただけて、ホントありがたいのです。
 会長からいただいたお言葉「お前は最高の詩旅人琵琶法師」はオレにとって宝物。最近は街で女子高生に囲まれて「175(イナゴ)のおっちゃん!」と呼ばれて一緒に写メを撮られてしまうのだそうです(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-23 17:11 | Comments(2)
長崎キックバック
 長崎のライブはいつものように槇友博くんの仕切りで会場もいつものさとるくんのキックバック。
 今回オープニングアクトをつとめてくれたのは21歳の大学生、真崎エリカちゃん。(前日のドリームボートで会ったエリカちゃんに続いて二日連続で「エリカちゃん」に会ってしまいました・笑)
 彼女がまたびっくりするくらい歌もギターも上手で、オレはてっきり彼女はブラックミュージックをものすごく勉強しているのではないかな、と思って尋ねてみたら全然知らないと言うのでまたびっくり。
 とても興味深いことなので、いっぱい質問してしまいました(笑)。ギターはベースランニングがとてもかっこよくて、声とあいまって、初期のフィービー・スノウなんかを思い出したりしたな。別にプロのミュージシャンを目指してるわけではなく、ただただ音楽が好き、というのがまたよかった。
 そしてオレです。
 いつもながら長崎のあたたかいお客さんのおかげでゆうべも気持ちよく歌うことができました。
 1歳の時からオレのライブを聴いてくれてる葉麗ちゃんも先日7歳になったとのこと。今回も真ん前でにこにこ聴いてくれてオレの心はふんわりとろけそうでした(笑)。
 いったん終えてゆっくりした後は長崎名物「もってこ~い!」形式のアンコールでまたいっぱい歌ってしまいました。
 長崎ではもっとゆっくり街を散歩したいと思いつつなかなか実現できないでいるけれど、それでも毎回あたたかい気持ちにしてもらえて、槇くん、さとるくんをはじめ、みなさんに感謝なのです。
今回も本当にありがとうございました。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-22 15:31 | Comments(0)
長崎ランタンフェスティバル
f0075588_1925223.jpg

f0075588_1925238.jpg

 毎年この時期に長崎に来るとランタン祭りの最中。今年は今日21日が最終日なのでリハ後ぶらりとアーケイドを歩いてみたら、去年はフライングVを抱えたペンギンを写真に撮った通りでかっこいい麒麟に遭遇。
 ただ今おいしい一口餃子を食べながら麒麟ビールを飲んでます。
 今夜もいいライブになりますように。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-21 19:25 | Comments(3)
福岡城跡から満月を見た。
 昨日、昼過ぎにバスで小春日和の熊本を出発。窓から見える熊本城も春の気配。
 福岡に着き、ホテルのある大濠公園沿いに歩いた道も春の気配。
 赤坂ドリームボートでは毎回、森田馨介さんとのジョイントでやっていたのだけど、今回は馨介さんの仕事の都合で馨介さんの出演はなし。
 その代わりと言ってはなんだけど、前回OAで素晴らしい演奏をしてくれた森くんとエレキギターの清水くんのデュオにアコースティックギターのエリカちゃんが加わったトリオが演奏してくれた。
 このエリカちゃんが実に男前なかっこいいギターを弾くんだな。リハで聴いて一発でほれました。
 ピックを使わず指弾きでがつんとグルーブのある音を出すんだけど、特に親指のパワーがすごくて、高田渡さんに聴かせたかったなあ。
 そしてオレ。1曲目から音楽の女神様が降りてきてくれました。歌えたなあ。
 アンコールは森くんからのリクエストで「ドアのノブにはクリスマスのリボンが」。
 そしてお客さんとして来てくれた馨介さんからのリクエストで「好きにならずにいられない」。今までこの曲を歌った中で、もっとも納得のいく演奏ができたね。やるじゃん、オレ(笑)。
 そんなわけで満月のもと、福岡の夜は楽しく更けていったのでした。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-21 14:31 | Comments(0)
昨夜は熊本
f0075588_1626124.jpg

f0075588_16261312.jpg

 熊本で慣れ親しんだTABOUが無くなってしまったのは残念だけど、世話人藤本ちゃんがジャンゴの姉妹店として昨年11月にオープンしたBRIC a BRACの店長となったので、今回熊本の1本はここでやることに。
 リハーサルが終わるのをみはからったように、バトルステージの林田くん登場。「楽屋に行きましょう!」と連れていってくれたのが「えん」という素敵な小料理屋さん。
 感動的においしい馬レバ刺しやら牡蠣を肴にお湯割りがすすむねえ。
 そんな準備万端なわけで(笑)当然ライブはいい雰囲気でやれました。
 BRIC a BRACはTABOUの超暗い店内と正反対のガラス張りの路面店なんだけど、意外に落ち着いた雰囲気で、じっくりやれました。
 アンコールはカレーの美味しい「インド食堂」のマスターからのリクエストで「チンピラ」。
 終演後はお店でひとしきり飲んだ後、林田くん、藤本ちゃん、チー坊、チェルシー、ゆっかちゃんと再び「えん」へ(笑)。
 いつもながら笑いの絶えない熊本の楽しい夜。「島美人」が旨い!
 また来週帰ってきます、熊本。
#写真は「えん」のあるビルのスナック「てらだ」(笑)とポルノ映画館の看板の横でのオレ。林田くんが「ブログに載せましょう!」とオレの携帯で撮ってくれました。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-20 16:26 | Comments(0)
小倉~熊本
 本日もよい天気。九州の山々の間を高速バスは熊本へ向かって走る。オレはいつも旅の途中。
 昨日の小倉「竹松堂」はいつも飲みに行くバー「Break On Through」の地下に最近できたライブスペース。マスターの竹ちゃんと音響の松井くんとでやっているので「竹松堂」。
 普段は奥をステージにしているのだけど、オレが立つと天井に頭がつっかえるので、スペースの中程、壁側をステージにしてもらう。
 サウンドチェックでものすごくやりやすいことがわかる。絶対いいライブになることを確信。
 リハ後は世話人川中くんと旦過市場にある大好きなお店「旦過うどん」で、とてもおいしいいわしのぬか炊きと絶品のおでんで一杯。いつもながら素敵なおかみさんの笑顔がうれしい。
 さて、ライブ。ウクレレ弾き歌いの女性デュオ「はめ鳥姉妹」(すごい名前だ・笑)がオープニングアクトをつとめてくれる。二人の声のからみが実に気持ちいい。いいデュオグループだ。
 さてさてオレはもうのっけから気持ちよくて気持ちよくて。アンコールまであっと言う間に思えたな。
 すごくうれしかったのは、いつもおいしいお魚をごちそうになる「玉井食堂」のお父さんとお母さんが、お店の定休日ということで、高校生のお孫さんと初めてオレのライブに来てくれたこと。
 アンコールの「黒ネコのタンゴ」では、もううれしくてたまらないといった感じのお母さんが、川中くんを相手にダンスを踊ってくれて、もうオレはそれだけでライブをやった甲斐があると思えたね。オレはなんてしあわせ者だろう。みなさん本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2008-02-19 15:27 | Comments(0)
関門海峡
 昨日は陽射しこそ明るいけれど雪の舞う広島を後に、在来線の快速電車で下関へ。
 のんびりと楽しい移動ではあるけれど、寒かったなあ。鞄からウィンドブレイカーを取り出し膝にかけて凌ぐ。
 それでも車窓からの瀬戸内海の風景は素晴らしく、これは新幹線では味わえない贅沢。日本は美しい風景をたくさんもった国なんだ。
 下関駅に旧友、津秦一郎くんに迎えに来てもらい、バルタン倶楽部へ。
 バルタンの音も気持ちよくやりやすい。隠れ酒場でのシークレットライブといった感じ。説明不要のお客さんたちを前にどんどん歌う。「何もかもごちゃまぜ」「公園には捨て猫」「旅をつづけなくちゃ」歌が歌を呼ぶ。
 夜は関門海峡沿いの津秦くん宅で、お客さんからの差し入れ手作りお弁当をつまみに音楽の話などなど語り合う。なんだかやさしい夜。オレにしては早めに眠り、おかげさまでしっかり休めました。 本日は少し冷え込みもゆるみ、ただ今関門海峡を渡り九州入り。小倉駅で世話人をしてくれてる川中くんを待っているところ。
[PR]
by teradamachi | 2008-02-18 14:51 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...