Top
<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
西湘へ
 昨夜は見事なイエロームーンを見ながら、韓国からいったん帰国した小川紀美代さんとリハーサル。
 あたりまえだけど、前回よりさらによくなってきているのがうれしい。
 バンドネオンソロでは紀美代さんのぞくぞくするようなフレーズがふんだんに。オレ一人しか聴いてないなんて贅沢だなあ。
 さすがに2週間のツアー帰りなので少々疲れたけれど、充実したリハでした。
 さて、今日明日は西湘ミニツアー。久々の瀬尾高志との共演が楽しみだ。
 もうすぐ平塚着。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-29 16:52 | Comments(2)
ネバーエンディングツアー
 ボブ・ディランのツアーに重ねて名古屋のタクシー今西さんがオレの歌の旅を「ネバーエンディングツアー」と名付けて下さいましたが、今、北九州空港のロビーで搭乗を待ちつつコーヒーを飲んでいるオレの胸にはその言葉があらためて響く。
 昨日も小倉で世話人をしていただいている川中くん、そしてフォークビレッジという場を大切にたいせつに続けておられる小野さんににすっかりお世話になり、無事九州ツアーはピリオド。
 でも明日は急遽韓国のアートフェスティバルに招かれて予定変更になった小川紀美代さんとリハーサル。明後日からは瀬尾高志とのミニツアー。旅は終わらないのだ。
 しかし今日も見事な晴天。北九州空港は初めてだけど、海の道を通る景色は素晴らしかった。
 小さな空港で、さほど混んでないせいか、スタッフのみなさんもとても親切で「ギターは持ち込まれますか?」と席を取っていただく。ありがたいなあ。 あとは飛行機が無事飛んでくれることを祈るのみ。
 歌い続ける秘訣、その1。「死なずに生き続けること」(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-27 14:58 | Comments(0)
熊本~小倉
 昨日は再び熊本。1週間ぶりの藤本ちゃんとの再会。会場はNEXUS。
 例によって藤本ちゃんのおかげで音は一発で決まり。リハ後は共演の媚山香織(コビ)とラッパーのジュンペイと隣のおそば屋さんへ。
 この店では前回「ばってん茄子」と言う熊本でしか採れない生で食べられる茄子を食べて感動したけど、昨日は残念ながら無かった。
 その代わりあったのが「へちま」。へちまって食べられるんだ?さっそく頼むと、なんというか茄子とメロンの合いの子くらいの感じの味。しょうゆで食べたらなかなかいけました。
 コビの強烈な熊本弁を楽しみつつ(笑)3人でなかなかいい話ができたな。
 さてネクサスに戻る。昨日はトップにオーナーの足立さんが、藤本ちゃんのギターをバックに少し歌うということで、いつもに増して盛況のネクサス。何人ものお客さんから「おかえりなさい」と声をかけていただく。うれしい。
 で、足立さんである。なんと40歳を過ぎて生まれて初めて人前で歌うという。始まる前、いつもは風格のある足立さんが、少年のように緊張してテキーラを飲んでいるのがほほえましい(まあ少年はあまりテキーラは飲まないと思うけど・笑)。でも歌声はしっかりとしてなかなかいい雰囲気でありました。
 そしてコビ。一年前は立ってギターが弾けなかったのに、今や堂々としたもの。前回も書いたけどスタイルいいな(笑)。
 コビの途中で若きラッパーのジュンペイがからみ、盛り上がったところへ客席から続々とラッパーが登場。
 熊本がクラブ文化が盛んなのは知っていたけど、こんなにラッパーがいる街もなかなか無いのではないかな?
 オレも強烈に歌いましたね。自分の中の弱い何かと向かい合い、それを越えて歌う。ラストはジュンペイがいちばん好きと言ってくれた「ムーンパレス」。客席でジュンペイがいっしょに歌ってくれている。うれしい。
 アンコールの「黒ネコのタンゴ」はコビとジュンペイと足立さんをよんで。
 コビが踊りながらピアニカを吹いてくれる。いい感じだぞ。
 打ち上げ中、DJタイムの中でオレの「ムーンパレス」がかかる。きけば足立さんもこの曲を好きで、よくかけてくれるとのこと。感激。
 藤本ちゃんもコビもDJをやってくれたり、コビの見繕ってくれた肴(馬刺、カラシ蓮根、バッテラ、ネギぐるぐる?などなど)を楽しみつつ熊本の楽しい夜は更けてゆき、帰りは藤本ちゃんと酔っぱらったコビに(笑)ホテルまで送ってもらいました。
 さて、本日は九州ツアー最終日。ただ今高速バスで小倉に移動中。それにしても連日見事に晴れ!さすがオレ(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-26 12:25 | Comments(0)
大分ナイト
 昨夜はオレにとって3度目の大分。ちょうど1年前が初めての大分。そして今年の2月があり、今回。
 主催してくれているフラミンゴの岩崎ユウジくんは、毎回いかにいいものができるかものすごく真剣に考えてくれて、頭が下がる思いだ。
 ここで1年前に出会った女性シンガー二宮綾子、そして2月のときに出逢ったベンジャミンズスワッピングバーのボーカリスト田中ヤスヒサ。
 この二人は本当にすごくて、そのすごい二人ともと同じ日に共演できるなんてオレにはすごい贅沢なことなのだ。ユウジくんに心からお礼を言いたい。
 いつもはステージは客席と同じ高さだったのを、今回はユウジくんがビールケースの上に板を乗せて手作りの舞台を作ってくれたので、比較的細長い客席に向かうにはとてもやりやすい。
 二宮綾子は前2回はギターのサポートをつけていたが、今回は一人で弾き語り。
 大丈夫かなあ、なんてちょっと心配だったけど、杞憂でした。綾子の歌に身をまかせるしあわせ。すばらしいシンガーだ。
 そしてオレもおかげでぎゅっと実のつまったいいものがやれてうれしい。
 アンコールでは、前回のとき綾子のステージにいきなり呼ばれていっしょに歌ったフレッド・マクダウェルの古いブルーズ「You Gotta Move」を綾子を呼びいっしょに歌った。気持ちいいぞ。綾子最高!
 そしてヤスのベンスワはギターの大野とヤスのアコースティックセット。
 ところがギターの不具合が気になって、せっかくのヤスの歌に集中できないオレ。
 最後の曲でようやくしっかりギターの音が出てよし!
 やっぱりヤスはすごかった。魂の震えというものを目の前で見せてくれた。そしてオレの魂も共震する。気がつくとオレは泣いていた。
 そんなヤスが「オレは寺田町さんみたいになりたいんですよ」と言ってくれる。
 なんて光栄なことだろう!音楽の女神様にあらためて感謝した夜。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-24 20:06 | Comments(4)
福岡 天神 屋台の夜は更けて
 昨日は福岡 天神「プレアデス」。ここでは近年トミー&アジとジョイントでやることにしている。
 ボーカル&ギターのトミーとジャンベを中心にしたパーカッション&コーラスと言うか準ボーカルといった感じのアジ。たった二人で強烈なグルーブを生み出し、ものすごく広がりのあるサウンドを展開する。最高のコンビだ。
 パフォーマーとしても、二人の陽のパワーはステージでまぶしいばかりに光輝く。オレは見てていつもうれしくなってしまうのだ。
 いつもやつらのライブはいいけど、昨日はさらにすごかった。トミのギターとアジのジャンベが絶妙なタイミングで決まる。オレはステージ袖でずっと踊ってたもんね。
 その後に出てゆくんだもん、オレだってのらないわけがない。客席の雰囲気もいいぞ。
 ラスト前にアジを呼び出し、アジのジャンベで「その雨が降るまでは」。アジかっこいい。ラストはトミもハーモニカで加わり3人で「ダンス・ダンス・ダンス」盛り上がったなあ。
 アンコールは何にしようか迷ったけど「ルチア」。終わってからアジが「ルチアやらなかったらリクエストししようと思ったんですよ。」とうれしい言葉。前回のときは「旅をつづけなくちゃ」をリクエストしてくれたアジ。 
 さーて打ち上げはプレアデスの向かいの屋台で延々と(笑)。おでんの大根がめちゃくちゃうまかったなあ。
 本日は初の空き日。ゆっくりしよう。明日は大分だ。楽しみ。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-22 16:35 | Comments(0)
宮崎~福岡
 昨日は初めての宮崎県。フェニックスの葉が風に揺れる南国であります。
 ジーズキャフェのジョージさん、英美さん、トナカイ小島くん、アケちゃん、そしてソメと合流。なんだか鴨宮にいるみたいだけど(笑)宮崎である。
 今回のライブにあたっては以前ジョージさんのもとで働いていて、今は宮崎で「潤粋」というお店をやっている高木くんが動いてくれて「Keikii」という素敵なレストラン(と言ったらいいのかな?)を会場に選んでくれた。
 ライブというものを初めてやるお店。
 オレより10歳年下の清(せい)さんがご主人。お店のスタッフのみなさん、みんなとても感じがいい。
 生音でやるにはやや広いお店だけど、なあに、大丈夫。
 本番前、ジーズファミリーと共に渋い飲み屋街が軒を連ねる中にある「鳥男」(トリオ)というお店で地鳥やら冷汁(おいしかった!)やらで芋焼酎「萬年」。おいしい!
 Keikiiに戻るとすでにお客さんがいっぱいいてくれる。ありがたいなあ。
 ライブ(生演奏)を初めて見たという方もけっこういらっしゃったと思う。そして小学校低学年くらいの子供さんも何人か。高校1年の女の子も二人。みんなしっかり聴いてくれている。でも雰囲気はあたたかく、オレはかなりリラックスしてやれた。(声は普段より少し張らないといけなかったけど。)
 2回目のアンコール「黒ネコのタンゴ」ではカウンターの中で21歳のスタッフ通称スイスイが踊ってくれてる。うれしいね。
 手ごたえ十分の初宮崎ライブ。次につなぐことができた。次回が今から楽しみ。今回もジーズファミリーにスペシャルサンクス!
 さて宮崎でゆっくりしたいところだが本日は再び福岡へ。今夜は最高の二人組トミー&アジとの再会だ。「太陽の子」とオレが名付けたアジの笑顔に会える。今夜も楽しみだ。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-21 15:40 | Comments(13)
福岡~宮崎
 昨日の午後、福岡に着くとあまりの暑さにびっくり。35度だそうな。残暑でなく猛暑である。
 赤坂ドリームボートで敬愛する森田馨介さんと再会。リハーサルでの馨介さんのひと声に毎度ながら感動してしまう。
 リハ後はいつものように階下の店へ飲みに。馨介さんとつきあい出して丸5年だけど、まったく二人だけで飲むのは初めて。じっくりいい時間がもてる。
 本番は森弘文&清水康弘がオープニングアクトをつとめてくれる。森くんはドリームボートのチーフ。歌を聴くのは初めてだったけどすばらしくてびっくり。作品がとてもいいし、ギターの清水くんとの余計な音のないサウンドもオレ好み。森くんのボーカルがクール!いやあ彼らの演奏が聴けたのはラッキーだった。
 そして馨介さんの熱いステージの後はオレ。(馨介さんのことは毎回さんざん書いているので今回は省略・笑。いいに決まってるもん。)
 オレ、いい感じではじめられたが、途中で何かがぬけない感じ。こうゆうときは音楽の女神様は降りてきてくれない。でも昨日はそばにいてにやにや笑っていた。最後の方にそろそろよかろう、という感じで来てくれた。うーん、楽な道はないねえ。
 アンコールで馨介さんがリクエストしてくれた「サロ・ジェイン」ではじけるオレ。これだよ。そしてもう一度アンコール。ありがたいなあ。
 そうだ、今回のオレの初宮崎ライブはジーズキャフェの英美さんの実家が宮崎で、里帰りがてら企画していただけたもの。ジーズチームが来ていただけるのは聞いていたけど、なんと前日の昨日、ジーズカウンターの達人ソメが来てくれてびっくり!ライブ中、ジョージさんみたいに「ハッピー!」と声をかけてくれたので一瞬ジーズキャフェみたいでありました(笑)。
 さて、本日も晴天、そして暑い!今オレは初めての宮崎へ向かうバスの中。楽しみだなあ。ジーズキャフェファミリーとの再会もうれしい!
[PR]
by teradamachi | 2007-09-20 13:26 | Comments(0)
熊本~福岡
 昨夜は熊本「TABOU」。2月のときはマスターのレイジさんは店は他の人に譲って別の仕事をするんだと言ってたのに、店のドアを開けるとカウンターの中にしっかりレイジさんはいました(笑)。
 例によって世話人をやってくれてる藤本ちゃんがPAをばっちりセットしてくれてる。まことにありがたいんだな。いつものように音はすぐ決まる。
 ここではいつもワンマンライブなんだけど、今回は萩本清隆くんが前に少しやってくれる。
 リハの後、いつも行く「一番」という美味しい焼き鳥屋さんへ一人で行くと、お店のおばさんたちはオレのことを覚えてくれていて、おいしいらっきょうをサービスで出してくれたり。うれしいなあ。
 さて、熊本は夜の遅い街で、オレの本番は10時半から2ステージ。
 今回のツアーは毎日1曲目からぎゅーっと入っていけてるけど、昨日はその最たるものであった。ステージ全部、どこを切っても真っ赤な血がほとばしっただろう。TABOUは相変わらずやりやすいなあ。
 終わってしばらく店で飲んでから、藤本ちゃんと煮干し出汁のやさしい味のラーメンを食べに。その後コビ(媚山香織)の店へ一杯飲みに行く。
 コビの人柄だろうな、いい感じで賑わってる。昨日オレが行くと思ってなかったらしく、びっくり喜んでくれる。なにしろやつとはいい飲み友達だからな。来週「NEXUS」でコビの歌が聴けるのが楽しみだ。でもNEXUSでのオレのスタートが何時になるのかがちょっと怖い(笑)。ちなみに前回は深夜12時からだった(笑)。
 さてもうすぐ福岡天神着。本日もすごい晴天。暑いです。
 ところで今日熊本から乗った高速バスは途中で故障!後続のバスに乗り継げたからよかったけど、軽い難民でしありました(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-19 14:42 | Comments(0)
長崎~熊本
 昨日は長崎。
 今回も槇ともひろくんとキックバックのさとるくんのおかげで気持ちよく歌わせていただけました。
 今回も長崎ライブ名物「もってこーい!」も言っていただけたし(笑)。オレの小さな恋人、葉麗ちゃんにも会えたし(笑)。
 長崎はいつもはワンマンでやるんだけど、今回は横道坊主の中村義人のお兄さん、邦夫さんがギターの大山くんとやってくれました。ホントに邦夫さんは義人と同じ声で、同じ笑い方で、同じ話し方なので、オレはおかしくてしかたがなかったです。遅くまでいっしょに飲ませていただきました。
 さて、本日はめちゃくちゃよい天気。そして暑い。
 大好きな長崎の街をぶらぶらと歩きたいところだけれど、ちょっと商店街を歩いてがまん。
 熊本への移動は長いし、旅人はお洗濯もせねばなりませぬ(笑)。 そんなわけで、ただ今高速バスにてドライブ日和の中、熊本へ向かっております。
 先ほど車窓から見えた諫早湾は陽にきらきらと輝いて実にきれいでした。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-18 14:46 | Comments(2)
下関~長崎
 広島の原爆ドームを見るたび、自分がこうして生きていられるということに対して居住まいを正す。当たり前のことなんてないんだ。
 昨日の午後、いつものように広島そごうのバスセンターの窓口で「下関まで一枚」と言うと「下関行きは3月いっぱいで廃止になりました」と言われショック。
 しかたなくまた路面電車に乗り広島駅へ。心ならずも倍近い値段の新幹線に乗る。
 下関駅に迎えに来てくれた26年来の友達、津秦一郎くんは相変わらずののんびりとした表情。彼が「音楽業界」を抜けて東京から故郷の下関に帰り、しばらくして受け継いだ「バルタン倶楽部」も6年になるとのこと。
 ここはお客さんの数は少なくても、そんなこととは関係なく、実に気持ちよく演奏できる。
 ステージに向かおうとすると、さっそくリクエストをいただく。「『ドアのノブにはクリスマスのリボンが』と『サロ・ジェイン』やって下さい!」はいよろこんで(笑)。
 アンコールにもリクエストをいただき、久しぶりに「酔いどれの小さな夢」を気持ちよく歌わせていただく。ありがたいなあ。
 日曜のバルタンでのライブはスタートが6時と早いので打ち上げの終わりも早く、オレからしたらかなり早い時間に床に就くわけだけど、岡山、広島とディープな(笑)二日間の後なので、すぐに寝付き、たっぷり眠らせていただく。窓の外は関門海峡。
 本日も昨日のように蒸し暑い下関。でも関門海峡の景色はいい。
 お昼前、今回も唐戸市場でお寿司をごちそうになる。ふぐのアラのお味噌汁が感動的な美味でありました。
 さて、先ほど高速バスは関門海峡を越え、九州入りしました。
 天神でバスを乗り継ぎ大好きな長崎へ。今日はかなりの長距離移動。
[PR]
by teradamachi | 2007-09-17 13:19 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...