Top
<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
友遠方より
 くやしいので昨日消してしまった話題に再挑戦(笑)。 
 先日の小倉「フォークヴィレッジ」でのライブ後、打ち上げの終わり頃、札幌でのオレの相棒、ウッドベーシスト瀬尾高志からメール。横浜ジャズプロムナードのコンペティションで、札幌のやはりオレの共演者であるピアニスト石田幹雄のトリオ(石田幹雄pf 瀬尾高志bass 竹村一哲ds)がグランプリ&横浜市民賞(つまりその日のお客さんの投票によって決まるオーディエンス賞)をダブル受賞とのめでたいお知らせ。中華街で打ち上げ中とのこと。
 賞云々ということより、彼らのような素敵な若いミュージシャン(石田25歳、瀬尾27歳、竹村16歳!)が北海道以外でも演奏する機会を広げられた、ということがうれしい。そんなわけで一昨日 瀬尾に電話してみるとまだ東京にいたので、高円寺で飲むことに。
 7月の札幌での共演以来の再会。瀬尾は一見あやしいナゾの中国人的風貌だが(笑)実に音楽に真剣な、気持ちのいいやつだ。そしておそろしくバカなことをやってオレたちを笑わせてくれる。あっと言う間に時間は過ぎて飲み屋は閉店に。12月札幌での共演を約束して深夜の高円寺の街で別れる。
 その帰り高円寺駅前で稲生座のレイチェルくんとばったり。「久しぶりだねえ、飲みにいこうか?」と誘ったら「明日早いから」とあっさり断られた(笑)。断られてよかった。あの時間からでは自分で自分の首をしめるとこだったよ(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-30 14:27 | Comments(0)
ショック!
 今、ブログを書き終わって「よし!」と思ったらなんか手がすべった感じで全部消してしまいました。うーん、実は昼間にもパソコンの操作ミスで作ってもらったばかりの大事な原稿を消してしまって・・・こうゆうミスは単純に集中力の欠如でしょう。情けない。反省。でもでも、これ紙に書いたものならなあって思ってしまうのは前時代的な言い訳ですね。この時間なので再度同じ文章を書き直す気力なし。うーん、とほほです。管理人コージがときおりがっくりくるのはこんなものじゃあないんだろうなあ、とあらためて感謝。みなさん、すみません。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-30 04:07 | Comments(0)
そういえば「君に友だちはいるか?」って歌があったなあ
 親友などと言うと照れくさいのだけれど、大切な友だちが何人もいる。男女関係なく。しょっちゅう会えるわけではないのだけれど、ずいぶん間が空いて会っても再会した瞬間からすぐに前の会話の続きが始められるような。
 例えば以前「寺田町通信」にも書いたヴァイオリニストの宮嶋哉行。やつとは数年なんの連絡を取り合わない時期もあったのだけれど、そんなことは関係ないのだ。今は三重県の家族の家と京都での音楽拠点の部屋を行ったり来たりしている。出逢って26年経つけれどべたべたとつき合ったことは一度も無い。そして尊敬し合ってる、と言える。来月京都での久しぶりの共演が楽しみだ。
 例えば森田馨介さん。長崎出身、福岡在住。出逢って丸4年。年に2回のオレの九州ツアーのときにしか会えないし、あまりゆっくり話す時間もないのだけれど、出逢った瞬間からお互いを尊敬できる関係が生まれた。
 こういうのって理屈じゃない。時間の長さでもない。もちろん時を重ねることで深まっていくのはもちろんのことだけど。こんな風に語りたい友だちがオレにはもっといる。しあわせなことだなあ。
 ゆうべ深夜、本を読みながらふと、そんなことを思ったりしたので書いてみました。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-29 04:01 | Comments(0)
生きてゆく不思議
  長めの旅の後はたいていどろどろに眠り、夢うつつにものすごくたくさんの夢を見てちょっとしんどいのだけれど、夕べは不思議とそんなことなかった。今夜そうなるのかなあ?ヒトの頭の中はホントに不思議だ。自分でもわからないことだらけだ。だからこそ歌なんかの表現というものができるんだろうけど。
 今日は午後に雨が上がり、夕方にはようやく気持ちの良い秋の陽射しが。
 夕方から夜、寺田町オフィスの仕事を少々やって、ギターの練習をたっぷりめに。
 旅の間、考えるともなく(たとえばホテルの部屋からからライブのあるお店へと準備をして出かけるときなんか)自分が今こうしていること、歌の旅のこと(もう何年になるんだろう?)これからやっていきたい音楽の仕事のこと、ふんわり思いながら、ということがけっこうあった。
 「生きてゆく不思議、死んでゆく不思議」とカヴァーで歌わせていただいてているが、それはほんとに実感としてある。今はこんなに元気で音楽の仕事もとても充実しているが、絶対にヒトは老いて死んでゆくのだ。それを素敵なことだと思いたい。生きてゆくことは大変に決まってるけれど、素敵なことだと思いつづけたい。ペケも歌っているように。
 そんなことをとりとめもなく旅の間も、そして帰ってからも考えたりしている。べつに結論などはないのだけどね。
 あ、昨日のブログを書いた後、パソコンの復旧ちゃんとできたのでもし気にしてくださっている方がいらしたら、大丈夫ですから。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-28 01:32 | Comments(0)
熊本より東京に帰る
  旅の間は乗り物での長距離移動中にブログを書くようにしてたんだけど、今日は飛行機。携帯電話は使えないので断念。
 さて昨日の最終日は再び熊本。そして初めての「NEXUS」(ネクサス)初めてとは言ってもお店をやってる足立さんは何度かオレのライブを見て気に入ってくれてる。音響は熊本で世話人をやってくれてる藤本くんがTABOUのときと同じように機材を持ち込んでやってくれるから安心だ。
 ネクサスはは1階と2階があるのだが2階席の方でやる。オレとは飲み友だちの媚山香織(通称コビ)がオープニングアクトをつとめてくれる。(あ、2日つづけて香織ちゃんだ。)コビが歌を歌う、ということは知ってたが実際に聴くのは初めて。リハーサルを聴いてびっくり。実にいいのだ。今回の旅は女性シンガーの当たり旅だなあ。うれしいことだ。
 リハの後、近所の焼き鳥屋さんにコビと二人で腹ごしらえがてら飲みに。コビはさばさばした明るい女でこいつと飲むのは実に楽しい。オレの熊本の知り合いの中ではいちばん強烈な熊本弁を話す。でも昨日は音楽について真面目なハナシもしたのだ。あ、それから前から知りたかった熊本民謡「おてもやん」について解説してもらえたのもよかった。熊本女と熊本男の気質がよく歌われてるそうな。
 本番はとてもよい雰囲気でコビはオレにつないでくれた。そしてオレ。お客さんの聴いてくれるパワーがすごくて、歌えたなあ。ギターが鳴ってくれたなあ。アンコールではコビに「黒ネコのタンゴ」をリクエストされたので「お前も歌え!」とステージに呼んだらオレの横で「ネコダンス」を踊ってくれた(笑)。やつは小柄だしちょうど黒い服を着てたのでほんとに子猫みたいでなかなか可愛かった。次回も是非やってもらおう(笑)。
 そんなわけで実に充実したライブの連続。オレはシアワセモノです。熊本でのオレの支援者の一人であるバトルステージの林田くんに「寺田町さんは本当に誰とも違う音楽をやってくれますねえ」としみじみ言ってもらえた。
 本日も熊本は素晴らしくよい天気。熊本空港への道すがら阿蘇山へ行ってしまいたいくらい。空港に着くと電光掲示板は東京は雨だと言ってる。え!こっちはこんなにいい天気なのに。日本は広いのだねえ。
 飛行機は東京近くでがくんとひどく揺れて一瞬焦ったが無事到着。けっこうな雨ではないか。オレのライブがないとこれだ(笑)。荻窪に着いても雨はひどい。タクシー待ちの列も長いのでバスに乗るため、今回の旅で一度も使わなかった折りたたみの傘をここにきて初めて開く。
 そうして夕方無事に帰り着き、さっそくブログを書こうとパソコンを立ち上げるとなぜかメール送信ができない。2時間近くいろいろやってもダメ。疲れたので本日は断念してお風呂に入り、ただ今ビールを飲みつつこれを書いております。
 いやあパソコンのことはさておき、良い旅でありました。各地のみなさんに心から感謝します。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-26 23:30 | Comments(4)
小倉〜熊本 九州最終日
昨日の小倉も書ききれない素敵なこと満載の日でありました。
小倉でずっと世話人をやってくれてる川中くんに駅へ迎えにいただき、いつものように温泉に連れていってもらう。旅疲れてるはずの身体に温泉はとてもありがたい。
そしてフォークビレッジへ。ここをやっている小野和子さんは日本のフォークの黎明期に遠藤賢司さんといっしょにフォークキャンプに参加している。ミュージシャンとしてもオレにとって大先輩なのだ。音響からドリンク作りまで全部一人でなさっていて、お心遣いもとても細やかで、本当にいつも敬服してしまう。音楽への愛情がとても深いのだ。音もいつもすぐに決まり、とても気持ちよく演奏させていただける。
昨日もいつものように森田馨介さんとのジョイントライブ。オープニングに前回2月に続き山口から素敵な夫婦デュオ「べすぱ」ができたてのCDをもってかけつけてくれる。彼らのやわらかくそして実はしっかりと芯のある音楽世界にひたりオレはとてもしあわせな気持ち。香織ちゃんの歌、クラリネット、リコーダー、ピアノは本当に素敵だ。支える道夫くんのギターの呼吸もすばらしく、終わってから小野さんが「二人羽織り」とうまいことをおっしゃっていた。
そして数日ぶりの馨介さん、のってたなあ。馨介のヴォーカルは本当にすごいなあと思う。どこからあんなスタイルを見つけたのだろう。そしてギターのビートとグルーブは強力なロックサウンド。かっこいい。
というわけでオレももちろん負けちゃいない。のりのりで歌えました。アンコールの1曲目では前回のように香織ちゃんのクラリネットをフューチャーして「ルチア」。踊るようにクラリネットを吹く香織ちゃんは素敵でした。
と書いてる間にバスはそろそろ熊本に着く。最終日、やるぞぉ。それにしても今日もいい天気だ。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-25 15:52 | Comments(3)
初の大分 また大好きな街がひとつ
今 大分から小倉へ向かう列車は海沿いの素晴らしい景色の中を走っている。今日もいい天気。
昨日 福岡から大分へと高速バスで向かう途中、別府のあたりからかな?山岳ハイウェイから見渡せた海と街に感激。ああ、初めての大分はきっと素敵な街に違いないと思ったよ。
迎えてくれたフラミンゴの岩崎ユウジくんはオレよりちょうど一回り年下。スタイルはバリバリのロカビリアンの好男子。寺田町大分初登場ということでイヴェント形式で地元のグループ4組にサポートしていただく。全員なかなかにレベルが高いのだ。やるなあ大分。中でも二宮綾子ちゃんというシンガーは素晴らしかった。彼女のリハを見てなかったのでなんだか派手なホステスさんがいるなあと思ってたら(笑)突然歌い出してびっくり。すごい歌い手に出会ったと思ったね。1曲ごとに新鮮。「YouGattaMove」のカバーもむちゃくちゃかっこよかった。いい刺激をもらってオレもノッテやれました。みんなの反応がうれしい。うれしいと言えばお店のウェイトレスのユウコちゃんがとても感じのよい子で彼女には「酔いどれの小さな夢」をプレゼント。アンコールではジェムというバンドのブォーカルのエリカちゃんとエルビス好きの岩崎くんのために「好きにならずにいられない」をデュエット。もうなんだかとてもとても楽しくうれしい初の大分でありました。また絶対来る!
あ、言い忘れたけど大分の街はなんだかオレにとてもしっくりなじみ、いっぺんで気に入ってしまったよ。おいしいものをいっぱい食べました。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-24 13:59 | Comments(3)
長崎慕情
昨日は長崎のホテルをお昼に出てぶらぶらと散歩がてら駅方面へ歩く。眼鏡橋のあたりの川沿いの道、秋風が気持ちよく川も気持ちよさげに背骨をのばす。荷物がなければ川に沿ってもっとどんどん歩いて行きたかった。街中を歩いてみたくなる街、長崎。歩きながら、そういえば長崎を歌った歌は多いよなあなんてことを考える。あ、今思い出したけど、20代の頃のオレの歌にも長崎生まれの女の子を主人公にした歌があったんだった。いつかまたあの歌を歌おう。
夕方、福岡の寺W潤宿舎に戻り少し休んで夜はいつも福岡でお世話になってる方たちに食事をごちそうになる。穴子の刺身がある、ということを最近知ってどんなだろうかと興味をもっていたんだけど、初めていただきました。すごい美味に感動。久しぶりのワインにほろ酔い。ごちそうさまでした。
その後、福岡での空き日の恒例となった美人ママ ケイコちゃんのバー「アクア」での飲酒&深夜のミニライブ。最後はアカペラでケイコちゃんのために「プカプカ」を。また来年来ますね。ありがとう!福岡のみなさん。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-23 15:18 | Comments(0)
長崎~福岡 再び諫早湾を眺めながら
長崎の町並みはやはり素敵でありました。長崎でのオレのライブを企画してくれているのはミュージシャンの槇ともひろくん。年はオレのちょうどひとまわり下。ルックスはむちゃくちゃかっこいいのに話し方はふんわりくしゃっとしてて(わかんないか・笑)ほっとする。彼をオレに紹介してくれたのは横道坊主の中村義人なんだけど、おかげで長崎のライブは毎回あったかい雰囲気でやらせてもらっている。そうそう忘れちゃならないのが2年前から場所を提供してくれているキックバックのさとるくん。実に愛にあふれたいいやつで、オレはキックバックでは毎回彼のために「チンピラ」を歌う。
リハーサルの後、槇くんと少し飲みに出た。槇くんとは出会って丸4年になるが、考えてみると二人でじっくり話ができたのは初めてで、ついつい盛り上がってしまった。ところへさとるくんから槇くんへ電話「そろそろ8時なんですけど」いかんいかん、開場の時間だ。
ライブは毎回足を運んでいただける方、初めての方、それぞれに楽しんでいただけたようでうれしい。毎回と言えばオレの小さな恋人、葉麗ちゃん5歳。もうたまらない笑顔でオレを見つめてくれるので歌いながらもオレの口元はほころんでしまう(笑)。あーゆうオレのライブはここだけだろうな(笑)。ここだけといえば恒例の生音第3部があることだが、ゆうべは葉麗パパにあおられて初の第4部に突入。リクエストに応えて歌うオレの横で葉麗パパもずっとごきげんで口ずさんでくれてる。ああ、オレのCDずっと聴いてくれてるんだなあ。ありがたいなあ。そして最後は毎回ここでは亡くなった槇くんのお兄さんのために歌う「バーディ」で締め。歌いながら泣きそうになりました。
そしてその後、カウンターでさとるくんとじっくり飲む。顔をくしゃくしゃにして笑うさとるくん。いいオトコだ。気がつけば午前3時。素敵な長崎の夜でした。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-22 15:38 | Comments(0)
福岡~長崎 諫早湾を眺めながら
ゆうべは福岡ドリームボート。恒例の森田馨介さんとのジョイントライブ。女寺田町とオレが勝手に呼んでいる(笑)原口純子さんを迎えて。
森田馨介さんはオレが日本の男性ヴォーカリストの中で一番好きな人だ。オレと同い年。4年前に出会い、初めて生の馨介さんの歌を聴いたとき、リハーサルにもかかわらずオレは涙があふれてきてあわててサングラスをかけた。あのときのことは今でもよく思い出す。昨日もリハーサルで一声聴いた瞬間オレの身体はじーんとしびれた。彼の今のところ唯一のCDは名盤です。
そんな馨介さんにステージで「僕の尊敬する寺田町さん」と紹介されるのはなんて光栄なことだろう。
昨日のライブ、ステージ袖に立ったとき、オレは今日はいつにも増してさらにいいものがやれる、そう思った。そして実際にそうなった。音楽の女神さまにスペシャルサンクス!
さて九州の移動の中でオレが最も好きな景色がつづく道を走りバスはそろそろ長崎市内へ入る。大好きな長崎の町並みが楽しみだ。今日も実によい天気。
[PR]
by teradamachi | 2006-09-21 16:24 | Comments(2)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...