Top
<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
漫画の話など
 管理人ヤマグチコージの日記のコメントで「寺田町と漫画は結びつかないんだけど」と書かれたので今日は少しそのあたりのことを。
 俺は未熟児で死にそうになって生まれた子供だったので子供の頃はひ弱でした。で、保育園の年長組のときに原因不明の微熱が下がらなくて半年くらい保育園にも行かず家で寝てたときに与えられた本の中に当時の「少年マガジン」もあって、それで漢字を憶えましたね(笑)。当時好きだったのは水木しげるさんの「悪魔くん」。テレビで実写版もやってて両方好きだったなあ。ユーモラスでロマンッチックでもあった。ジョージ秋山さんの「パットマンX」なんてのもばかばかしいけど好きでしたね。さいとうたかおさんの「無用ノ介」もやはりテレビでの実写版と共にかなり好きだった。あとちょうど赤塚不二夫さんの「天才バカボン」の連載が始まった頃で、赤塚さんの漫画はどんどん読みましたね。小学校の3、4年の頃は赤塚さんの「マンガ大学院」という本を読んで一生懸命マンガ描く練習してたのを今思い出した。
 で、そんなに夢中だったのになぜか小学校5年の頃からぱたっと漫画を読まなくなった。なんでだったんだろ?小説をたくさん読むようになったからなのか?音楽に夢中になってしまったからなのか?次に読んだのは中学校3年の頃、市立図書館でつげ義春さんの全集を見つけて。つげさんのはずっと読んでますね。数が少ないし(笑)。
 今となってはいいな、と思う作品や読んでみたい作品はいっぱいあって、俺のかぎられた時間の中ではとても無理なので、活字たちに混じって「これは」というものを読むことにしてます。昔読んで好きで古本屋さんに安く出てたのを近年買ってしまったのは、かわぐちかいじさんと狩撫麻礼さんコンビの「ハード&ルーズ」これは20代後半に読んでしびれたんだけど(笑)久しぶりに読んだら主人公の「土岐正造」がどう見ても今の俺より若い感じで、これはなんかおもしろいなと思った(笑)。それを言えば俺はバカボンのパパの歳はとっくに越えてるわけだもんね(笑)。
 あ、そうだ「じゃりん子チエ」はすばらしいと思うけど、なかなか読む機会がないな。なんてことを思い出し始めたらとりとめもなくなってきたのでこのへんでやめておきます。書かなきゃよかったかな(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-30 18:37 | Comments(4)
関内の楽しき夜
 話は前後するけどおとといのストーミーマンデー。
 リハの後はいつものようにスーマーと向かいの「かのや商店」という酒屋へ立ち飲みに。古い友人が「働く男の店が好きだ」と言っていたけど俺もそう。この「かのや」もそんな飲み屋のひとつ。「おしゃれな店」とは正反対なわけだけど、そうゆう店が俺は好きなのだ。仕事を終えた男たちで賑わう小汚い店内はとても落ち着く。「店内」と書いたけどドアなんか無くて外で飲んでる人もいるわけなんだけど。お店のおじさんやおばさんもとても感じがよくてあったかいねえ。「かのや」のおいしい煮込みやおでんそのままの味わいだ。で、焼酎の盛りもすごいのでついつい酔っぱらってしまうんだけどね(笑)。
 本番前にストーミーに戻るとカウンターに妖艶な女性が一人で酔っておられる。「金子マリさんによく似た人だなあ」と思ったけど気にせず本番。スーマーのミニステージ、そして俺のミニステージ。俺はかなり集中してやれたなあ。前半終わってカウンターのカズキママにお酒を頼みにゆくと、くだんのその女性が「あなた歌いいわねえ。なんかシャンソンみたいだねえ。渡さんのあの歌は知らなかったけど(高田渡さんの「夜の灯」を俺は歌った)渡さんはホントによかったのに残念だったよね。あたし金子マリっていう歌い手なんだけどさあ。」「似た人」ではなく本人でした(笑)。しばらくいろいろ話しながらいっしょに飲んでて「(後半)呼んだら歌ってもらえますか?」とお願いすると「いいけどあたしマイクもったらはなさないわよ」というわけで思いがけず金子マリさんと共演させていただいてしまった。ステージで俺の横で歌うマリさんの声はホントに素敵だった。存在がとてもチャーミング。俺より当然年上なわけだけど「可愛い」という言葉がぴったりな人でした。続けてるといいことあるなあ。
 ところでマリさんの言葉で思い出したけど40歳過ぎた頃からよく俺の歌は「シャンソン」にたとえられるけれど、なんでかは自分では全然わからない。いろんな音楽を聴いてきたけど、いわゆるシャンソンってそんなに聴いたことないしね。まあいつも言ってるように「ジャンル」とかはことさら気にしてないので聴いていただいた方がそう感じるのならそれはそれで全然かまわない。歌うこと、それが俺には大事。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-29 23:35 | Comments(5)
秋山羊子「指1本で倒されるだろう」
 6、7年前に札幌で共演したことのある秋山羊子さんの新しいCDアルバム「指1本で倒されるだろう」をいただいた。本作リリースにあたって少々相談を受けたりアルバムのためのフライヤーに文章を書かせていただいたので、お礼といこうことでいただいてしまった。
 彼女が東京に出てきたおりに1度ライブを観にいったきり、何年もご無沙汰していたのだけど今年の年明けに今回のアルバムをCD-Rでいただいたときはあまりの素晴らしさにびっくりしてしまった。東京に出てからずいぶん辛い思いをされたようだ。そしてそれらの経験がいわゆる「苦労話」など飛び越え、蒸留され美しい歌声と深い言葉となった。これだから音楽にかかわることはやめられない。音楽の女神様はそんなやさしい奇跡をちゃんと起こしてくれる。
 俺が彼女のために書いた文章はこんなです。
   ★「秋山羊子さんの声、歌に耳を傾けよう」寺田町
 秋山羊子さんは、生きていくその道の上で何かを失くしたり落としたり忘れたりし
ていくことの喪失感を歌う。にも拘わらず彼女の透んだ歌声から響いてくるのは、あ
きらめやなげやりさとは正反対の感情だ。それは「がんばろう」「負けるな」などと
力んでいるわけではないのに、まるでアスファルトを割って咲いたたんぽぽの花のよ
うに、道行く人の足を止めさせ、生きることの素敵さを反射するように僕には聴こえ
る。
 このアルバムを初めて聴いたとき、彼女の歌をできるだけ沢山の人に聴かせたいと
心から思いました。

秋山羊子ウェブサイトhttp://akiyama-yoko.or.tv/
[PR]
by teradamachi | 2006-03-28 20:04 | Comments(0)
春爛漫には早いけど
今日は実に気持ちのよい春日。お昼頃、近所の郵便局へ出るとあまりに気持ちがよいので、やはり近所の「原っぱ広場」という名称の広域避難所を兼ねた広場へ。ここは草いちめんのなかなか気持ちがいい場所なので、ときどき走りに来たり散歩に来たりしている。春の香りの中で軽く身体を伸ばした後、部屋に帰りウォームアップ。昨日はいっぱいギターを弾いたので立ち上がりが早い。よしよし。
今夜は横浜 関内のストーミーマンデーにて恒例のスーマーとのジョイントライブ。新宿で湘南新宿ラインに乗り換えて横浜方面へと向かっております。新宿へ来るまでの中央線の車窓から、かなり咲きほこった桜の木をいくつも見ました。学生時代、先輩が「春は女の人もきれいになるよなあ」と言ってたけど、そうだなあと毎年思う。美しいものごとにふれれば気持ちもゆたかになるしよいことだ(笑)。
新宿駅でばったり久々の知り合いに会った。映像作家の朝生賀子ちゃん。大阪出身で浜松で出会い、数年前から東京に住んでいる。彼女の作品が調布映画祭で入賞したのは俺がまだ「寺田町GROUP」をやってた頃だから長いつきあいになってきてるんだな。乗り換えのときだったので一瞬しか話せなかったけど、彼女いい顔してたな。こうゆう出会いはうれしい。
さて電車はもうすぐ横浜に着く。乗り換えなくちゃ。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-27 16:44 | Comments(0)
「死をポケットに入れて」
 今こうしていること。こうしていられること。
ときには自分が不当に扱われているような気分になることもあるけれど、そしてときには不本意にも人を不当にあつかってしまったような気持ちになることもあるけれど、こうして自分が好きなことを妥協しないでやれていることを本当にありがたく、とてもしあわせなことだと思う。
 先日ツアー途中故郷に帰ったおりに、入院している90才になる伯母(母の姉)を見舞った。「いくつになった?」と聞かれ「45才ですよ」と答えると「いちばんいい年頃だね」と言ってもらえた。そういえばここ2、3年、年配の方から「いい年頃だよね」とか「働き盛りだね」とか言っていただく。自分ではまさしくそんな感じなので「そうなんですよね」とうれしくお答えするのだけど、俺が20才そこそこの頃は今の俺のこの年になってそんな風に思えるとは想像できなかったので、それだけでも素敵なことだ。生きててよかった(笑)。やがて必ず死んでゆく身体だからあちこちおりあいをつけながらつき合ってゆかねばなるまい。そんな風に思えることも素敵なことだと思う。もちろん死ぬことや病気になることはとても怖いけれど、もっと若いときはその「死」すらあまりに遠くて「やがて死にゆく身体」なんて自分の肉体を思えなかった。もちろん今だってそれほど覚悟できてやしないけどね。
 近年亡くなってしまった酔っぱらいのパンク爺い作家チャールズ・ブコウスキーの晩年のエッセイ「死をポケットに入れて」座右の銘にしたいタイトルだね。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-26 03:46 | Comments(4)
 大人には大したことではないことが子供にはけっこう大変だってことはたくさんあるわけで、わりと大きなお寺で育った幼い俺にはまずは外の世界までとても遠い、というか自分の世界と外の世界の間に目に見えない膜のよなものがある感じだった。表通りに出るまでに広い境内と保育園があって、目では見えるそのクルマが行き交う道路が幼い俺の目にはとても遠く感じた。通りへ出ても曲がり角の向こうは想像もできない怖い世界のように感じていたような気がする。大人になって現在のように見ず知らずの街へ出かけて行って、知らない人たちの前で歌を歌う、なんてことをしている俺がいるのはまったくもって不思議なことだ。
 ともあれそんな幼年時代だったので小学校へ上がることは当然不安であったわけだね。なにか知らない枠組みの中に組み込まれるようないやーな感じがあったのを今でも感覚として思い出せる。小学校に上がってもまた春には慣れたクラスからまた組変えさせられていやだなあ、とそんな臆病な俺にはその不安な季節の象徴である桜の花を楽しむような余裕はなかったんだろうね。むしろよくないイメージだったのかも。
 そんな俺だったんだけど、小学校の5年生のある時期から突如ものすごく歌が、音楽が好きになって(幼い頃から11才上の兄貴の影響で歌は好きではあったが)その具体的なきっかけがなんであったのかはわからないけど、明けても暮れても歌と音楽のことばかり考えてる少年になってしまったわけなんだな。今思えば、それを機に俺は外の世界へも興味を示すようになっていったような気がする。そうすると新しいことが始まる季節、わくわくする季節として春は俺の中で変化したわけで、当然桜の花に対してのイメージは変わっていったのは想像にかたくない。好きとは言わずともきらいではない、と言った感じかな。
 で、そんな桜の花を初めて心からきれいだなって思ったときのことはよく憶えてる。20才の夏に名古屋で一人暮らしを始め、その年も明けた2月頃に俺は歌を歌う人生を生きていこうと決めたんだけど、そんな無謀な(笑)決心をしたというのに俺の気持ちは不安よりもわくわく感のが大きくて、ちょうどやって来た春にまるでお祝いしてもらっているような気分だった。その頃名古屋の池下に「蒼いノート2」という喫茶店兼スナックといった感じのお店があって、俺たちのライブにも場を提供してくれていた。で、そんな季節、その「蒼いノート2」から夜中、当時住んでいた内山町のアパートまで歩いて帰る途中通った「水道道」という通りの桜並木がちょうど満開、街灯に照らされて輝いていた。思わず俺は足を止め、「桜ってこんなにきれいな花だったんだなあ」と感動してしまったわけです。今から25年前のお話。やはり俺は今年の春にもわくわくしています。来週には満開と予想されてる東京の桜。今年はどこへ見に行こうかな。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-23 23:03 | Comments(8)
大紀町にダチョウを見た
 一昨日、伊勢でライブがあるという宮嶋哉行に、ついでに伊勢までクルマで送ってもらうことしにて、三重県の三瀬谷にある宮嶋宅を出発。途中ピアノの下村美佐ちゃんを拾って(宮嶋と美佐ちゃんとでthisというユニットをやっている)大紀町を走っているとミサちゃんが「ダチョウがいるんだよ」「えっ?!」と俺。「ダチョウを飼ってる家があるんだよ」と宮嶋。そんな。ダチョウなんて動物園以外で見たことない。「ダチョウってオーストラリアだっけ?」「アフリカじゃない?」などと話してると美佐ちゃんが「中国は?」「えっ、中国?」と俺。「だってピータンがあるでしょ?」「あれはアヒルだよ」と俺。「しゃべったら終わりや」と美佐ちゃんのセリフに大笑い。やがて「ダチョウの家」に。クルマを止めてみると、なんと広い泥だらけの庭に1、2、3・・・7羽ものダチョウが!てっきり一羽だけいるんだと想像していた俺は唖然としてしまったね。今「羽」って書いたけど、あれだけ大きいと「一羽二羽」って言うより「一頭二頭」って感じだよなあ。で、窓を開けて「おーい」と声をかけると網の向こうだけどけっこう近くまで寄ってきて、なんかダンスみたいな歩き方でまた向こうへ去っていくんだよね。うーむ。しばらく見入ってしまいました。「でもあれ、飼うのけっこう大変だと思うんだよな、可愛いって言うにはいまいち微妙だし。かといって捨てるわけにいかないし。ダチョウの肉はうまいって言うけど、妙に人格を感じるからそれなりに情もうつるだろうから屠殺もしづらいだろうしさ。俺、飼い主に1回会ってインタヴューしたいんだよな」と宮嶋。まったくもってそんな感じだ。
 ともあれ風は強いけどよい天気の中。山々と美しい宮川(伊勢神宮を流れている川)を眺めながらのなかなか楽しいドライブでありました。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-21 20:34 | Comments(2)
元祖「酔いどれライブ」の地
昨日夕方、伊勢柏崎駅にて上野屋御主人と横浜からお越しいただいたTさんご夫妻にお迎えいただき、秋以来の上野屋さんへ。
Tさん御夫妻とは20年来のおつきあいで、ことに近年、関東方面では非常に足繁くライブにお越しいただいてるけど、紀勢本線にて山々や谷川を目にしてたどり着いた駅でお二人の姿を見るのはとても不思議な感じでありました。管理人ヤマグチコージ言うところの「旅聴き」をしていただける側ならではの感慨。ありがたいことです。「前から上野屋さんには来てみたかった」とのこと。ここを見ていただけてる方の中にそうお思いの方はほかにもおられると思います。
かつての街道宿を素敵なギャラリーとして改装した上野屋さん。まん前に川が流れその向こうには山々。天気のよい日にはその上に月が上ります。
土間にこの酔いどれ歌うたいが立てばそこは劇場空間となり、座敷はまさに桟敷席。楽しく夜は更けてゆきました。それにしてもアンコールに実際「アンコール」の合唱をいただいたのは久しぶりのこと。
座敷での打ち上げの宴もたけなわになると座りながらに第3部が始まるのも上野屋酔いどれライブ名物。やがて京都から翌日の伊勢のライブのためにかけつけたヴァイオリン弾き宮嶋哉行とともに故・西岡恭蔵さんの「ジプシーソング」を。宮嶋とは26年のつきあいになるけど、やつのヴァイオリンはますますよいなあ。演奏を終えるのがもったいなかったです。
と書いてるうちに電車は荻窪に着いてしまったので携帯からの「旅書き」はひと区切り。早春ツアーは無事終了。だけど旅は終わりません。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-19 17:45 | Comments(0)
最終日、上野屋さんへ!
昨日は大阪で空き日のはずが少しライブ。そしてまた新しい出会いとうれしい再会があり、とても充実した日になりました。
が、話を1日戻しおとといの京都「拾得」。 ライブ晴れ男の俺なんだけど、なぜか京都で砂布均とジョイントのときはほとんど雨。今回はあられまでも(笑)。
でもライブはよかったですよぉ。砂布均とのジョイントライブ「酔いどれたちの夜」も今回で10回目、マンドリン歌いのひでまんさんをゲストに迎えて。
オープニングは3人で俺の「飲みにいかないか」。そしてひでまん、砂布、俺。アンコールではまた3人で俺の「13番目の恋人」。砂ちゃんのエレキが炸裂。ひでまんがマンドリンで炸裂(笑)。おもしろかった。
お客さんは京都の方はもちろんのこと、新潟から奈良から。ありがたいなあ。そしてびっくりしたことに福井からぢゃぶうさんが!昨年秋の福井の大野、敦賀2デイズのロード以来の再会でありました。うれしいなあ。それにしても開口一番「酒臭いな!」は名酒「八海山」を手土産にしてきてくれたお方のセリフとしては不適切(笑)。おかえしに「チンピラ」を歌わせていただきました。そうそう敦賀の可憐なサックス吹き紫苑ちゃんも忘れてはいけない。うーん、うれしい夜だ。
深夜、砂ちゃん宅では「砂布均のギター講座.ボブ・ディラン、フリーホイーリン編」(笑)をサカナに飲みましたとさ。冷え込む京都の夜、気持ちはぽかぽか。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-18 15:33 | Comments(4)
和歌山の楽しき夜
和歌山における寺田町の拠り所はライブハウス「オールドタイム」の松本さん。その松本さんの弟分的存在の西川くんのお店がバー「ブルート」。西川くんのバンド「野郎」と素敵なシンガーソングライター南忠(みなみますぐ)くんと俺でのイヴェント「ダンディズムナイト」は今回で4回目。
今回の「野郎」は西川くんの歌&ハーモニカにトヨカズくんのベースの最小ユニット「ベース野郎」。途中、南くんのガットギターとコーラスをフューチャーしてのナンバーはなんと俺の「月の庭」。間奏では西川くんがフルートを吹いたのでびっくり。南くんによる素敵なアレンジでした。「野郎」は今までも何曲か俺の曲をカヴァーしてくれてます。うれしいんだよね。
南忠くんの歌はとても好きです。やさしく繊細でまっすぐな歌声は一見俺とは正反対のようだけど、そのロマンチシズムは俺と通じるところがあり、実際よく似た言葉がいくつかある。なんというかおたがいファンなんだな。
というところまで昨日書いたのだけど、京都に着いてしまったので中断。和歌山のこともっと書きたいけど後日改めます。
昨日の京都「拾得」での砂布均とのジョイントライブも10回目にしていちばんよい雰囲気でありました。これについてもまたゆっくり。
本日は当初の予定が流れて空き日になってしまっていたんだけど大阪在住のギタリスト加藤吉樹のライブに急遽出演することに。松屋町の「楽(らく)」06-6763-2066にて8時からです。
[PR]
by teradamachi | 2006-03-17 11:55 | Comments(0)



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...