Top
昨日の「のみ亭」のライブにありがとう。
 静かな夜。夏を思わせる暑さへの予感。夕べのライブに思いをふとめぐらせたり。
 こんな風に歌える日々がくるとは20代の苦しい頃には想像もできなかった。積み重ねて来た音楽との月日があって今がある。貧しいながら音楽を糧として生きていられる。そして様々なかたちのライブをやらせていただいている。昨日だから歌えた歌たち。昨日だから来ていただけたお客さん。リクエストしてもらい、歌われた歌たちはしあわせであったことだろう。オレはもちろんしあわせだ。
 久しぶりに歌った「微熱の街」やアンコールでは、ほとんどライブでは歌ったことがない「傷ついた小鳥」。こんな風に歌い重ねながら、50歳を過ぎてから自分がどんな歌い手になれるかが今とても楽しみになってきている。音楽の女神様にあらためて感謝しながら。


f0075588_10313592.jpg

[PR]
by teradamachi | 2007-06-12 03:33 | Comments(4)
Commented by じむり at 2007-06-12 13:46 x
「傷ついた小鳥」は 私の大好きな歌ですが、ライブではあまり歌われたことがないのですか。 そうなんですか。
昨日の「のみ亭」のライブに行かれたお客さんは幸せですね。
う~ん...うらやましいかぎり。
Commented by しおんママ at 2007-06-12 20:13 x
読んでてジーンとしちゃいました。
最近「誰もお前の代わりにはならない」が
グルングルン(笑)回ってます
Commented by 寺田町 at 2007-06-12 20:24 x
★じむりさん、そうなんですよ。歌によっては気に入ってる歌でもライブの中で歌うのはタイミング的にむずかしいものがあって「傷ついた小鳥」はそのひとつなんでうよね。でも気に入ってる作品なので、いつでも歌えるようにしているのですが。
★管理人サマ。写真ありがとうございます!
Commented by 寺田町 at 2007-06-12 20:30 x
あ、しおんママさん、すみません。行き違ってしまいました。書き込みありがとうございます。自分の歌を思い出してくれる人がいるなんて、とてもしあわせなことです。
<< マスタリング 明日のライブと今夜のオハナシ >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...