Top
山陰ツアーファイナル米子『ワンメイク』
f0075588_1583163.jpg

f0075588_1583116.jpg

f0075588_1583333.jpg


 そして一昨日は今回の山陰ツアー最終日。このツアーをセッティングして下さったピコさんのお店、米子『ワンメイク』。
 ここの音の響きがまた素晴らしく、今回もリハーサルで音出したとたんにうれしくなってしまいました。
 ピコさんという人は本当に面白い人で、そのやさしさや、ロックさ(笑)や全部ひっくるめて魅力的で、お話していると自分の奥底からチカラがわいて、やっぱりうれしくなってしまうのです。
 奥さんのめぐちゃんもまた不思議な魅力のある方で、黒い衣装とは裏腹に(笑)明るいチカラを持った人なのです。打ち上げの美味しいお料理もいつもありがとうございます。 

 さてさて、今回の山陰ツアーはワタル(三原渉)との不思議な巡り合わせで、まるで二人でロードをしているような5日間になりましたが、最終日はワタルの新しいバンド『月光』でオープニングを飾ってくれることになりました。
 『月光』はベースのまつおさん、ドラムのたか
さんとワタルのトリオ。ワタルはこのバンドではエレクトリックギター。
いいバンドです。 
 このツアーで毎日のように聴かせてもらったワタルの歌が、このバンドでまた新たな命を授かっているようで、ワタルのエレクトリックギターのプレイも新鮮で、とても楽しい演奏でした。このバンドの先が楽しみです。

 そしてオレ。
 このツアーで連日、各地でいただいたものが集約され、音となり、声となり、『ワンメイク』の空間に羽ばたいていくような、ありがたい、ありがたいライブでした。
 アンコールはワタルの好きな「微かに香るラヴェンダー」。

 前回3月のツアーの時にライブをさせていただき、宿泊でもすっかりお世話になった『ジュサンプリ』の妙子さんがお越し下さったのもうれしかったですし、そしてオレの忘れ物を(ちょうど米子に用事があったので)届けてくれた鳥取『大宇宙酒場』の田中ヨシくんが打ち上げに参加してくれたのも、スペシャルなこと。
 『大宇宙酒場』から始まったこの山陰ツアーの素敵な楽しい締めくくりとなりました。
 本当に充実した山陰ツアー。次回は3月にやるつもりでいます。今から待ち遠しい気持ち。
 皆さん、本当に本当に、ありがとうございました。

 写真1は今回ピコさんが作って下さったポスター。
 写真2は最後に皆さんで記念撮影。 
 写真3はおまけ(笑)。『大宇宙酒場』でのライブの翌日、ワタルのキャンピングカーで鳥取岩井温泉へ向かう3人。手前の運転席がワタル。奥の部屋(笑)左から『大宇宙酒場』の田中ヨシくん、オレ。うれしい旅の記憶。
[PR]
by teradamachi | 2017-10-23 01:58 | Comments(0)
<< 東京、阿佐ヶ谷『ハーネス』 鳥取県米子市両三柳『NOAH 』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...