Top
鳥取県『倉吉ブックセンター』
f0075588_15132028.jpg

f0075588_151320100.jpg

f0075588_15132185.jpg

 
 一昨日10月18日。
 米子『ワンメイク』のピコさんセッティングによるツアー2日目。
 1日目、オレには初の鳥取市ライブ、『大宇宙酒場』で大変に盛り上がったところまで書きましたが、明けて翌日。
 前夜、米子からキャンピングカーで歌いに来てくれたワタル(前夜の打ち上げで呼び捨てに決定・笑)はちょうど鳥取での用事があったので、それを済ませて昼頃『大宇宙酒場』に集合。
 『大宇宙酒場』のヨシくん御用達の、地元の人じゃないと行けないだろうお店でホルモン焼きそばというのを初体験。美味しかったです。
 次に「せっかく寺さんが初めて鳥取へ来たのだから」鳥取大砂丘へとワタルのキャンピングカーで。
 以前、大先輩シンガーのいとうたかおさんのキャンピングカーの助手席に乗せてもらったことはありますが、後部の「部屋」に入るのは初めて。なんと快適な。
 鳥取砂丘は子供の頃から、写真や映像で見てきたので、わかったようなつもりでいましたが、本物は予想を超えたインパクトでありました。やっぱりライブが一番ですね(笑)。
 次に、ヨシくん御推薦の岩井温泉に。
 平安時代からのお湯に入ったのですが、これがすごい即効性がある湯で、3人ともいきなり身も心も軽くなって元気快復。ヨシくんありがとう。
 そしてヨシくんと再会を約束して、オレはワタル号に乗せてもらって倉吉へ。
 ワタルは予定を変更して、ライブにもつき合ってくれることになったので、だったらと、ゲストで少し歌ってもらうことにしました。
 3月以来二度目の倉吉。素敵な町。前回お会いして大好きになってしまった『倉吉ブックセンター』の円谷禅(えんやゆずる)くんとのうれしい再会。ゆずるくんのお父さん、お母さん、彼女のちはるちゃん、愛犬マロちゃん、皆さんお元気そうで何よりです。
 前夜の『大宇宙酒場』でのライブが「動」としたら、ここ『倉吉ブックセンター』でのライブは「静」と言ったらよいでしょうか。どちらもオレには大切な在り方。
 間に演奏してくれたワタルもそれに呼応するように、丁寧な、まっすぐな、いいものを出してくれました。
 翌日、ゆずるくんから

「 ライブは一期一会、その時が全てですが、僕にとって、昨日のライブは過去最高に感動しました。
魂が震え、身体全体がシビれました。」と、本当にうれしくありがたいメールをいただきました。もっともっと、磨いていきますね。ゆずるくん、本当にありがとう!

 当初、その日は倉吉泊りの予定でしたが、ワタルが米子まで連れて行ってくれるということで(翌日は出雲なので、米子まで行っておいた方が楽なので)お言葉に甘えさせてもらっちゃいました。
 というわけで、その夜、予定より早く恩人ピコさんとの再会。宿を提供して下さる、ピコさんの同級生サクちゃんとも再会。皆さん、本当にありがとうございます。

 写真1は左からワタル、愛犬マロちゃんを抱っこした『倉吉ブックセンター』のゆずるくん、オレ。 
 写真2は鳥取大砂丘。この写真ではよくわかりませんね(笑)。
 写真3はワタルのキャンピングカーの「部屋」でくつろぐ『大宇宙酒場』のヨシくん。
[PR]
by teradamachi | 2017-10-20 15:13 | Comments(0)
<< 出雲、Bar 『SOUL 』 鳥取『大宇宙酒場』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...