Top
帯広『彩乃』
f0075588_20144421.jpg

f0075588_20144513.jpg

f0075588_20144521.jpg


 昨日も釧路はよい天気。JRの普通列車で釧路から帯広へ。
 釧路からしばらくは霧のかかる湿原の中を列車は走ります。やがて太平洋沿いを、そして内陸、十勝平野へ。 
 帯広は釧路とうって変わって夏の陽射し。でも夕方にはひんやりと。

 1年ぶりの居酒屋『彩乃』さんでのライブ。のりこママさんは昨年12月、凍った路面に自転車で滑って転んで右足首を骨折してしまったそうですが、幸い今はお元気そう。よかったです。
 お客さんは少なかったですが、ありがたいことにお越し下さった小説家の鳴海章さんの「寺田町は客さんが少なかろうがやるんだよ!」とのお言葉通り、しっかりとやらせていただきました。
 鳴海さんとのりこママさん「十勝の空気は、空は、素晴らしいんですよ!」と素敵な会話。
 やっぱり帯広にはまた来なければ。

 写真1は小説家、鳴海章さんとツーショット。
 写真2は『彩乃』の奈良のりこママさんとツーショット。
 写真3は以前何度も帯広でのライブを主催してくれた植地雄(うえちたけし)とツーショット。
 皆さん、ありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2017-06-30 20:14 | Comments(0)
<< 岩見沢、阿曽沼邸 釧路『マルケンラーメン』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...