Top
釧路『マルケンラーメン』
f0075588_1151882.jpg

f0075588_1151863.jpg

f0075588_1151838.jpg

f0075588_1151813.jpg


 考えてみたら6月のうちに釧路に来るのは初めて。
 「この時期にこんな風に晴れるのは珍しいんですよ。ジリ(海霧)が出ることが多くて」と『マルケンラーメン』の敬子ちゃんもあゆみちゃんも口をそろえて言いました。
 釧路の広い空。飛び交うゴメ(こちらの人はカモメのことをゴキブリでも呼ぶようにそう呼びます)の声。
 「今日は暑いくらいだねえ。」とこちらの皆さんの会話。本州から来たオレには肌寒いくらいなのに。(鎌倉もまだまだ涼しいですが。)
 日本で唯一、ということは世界で唯一、オレ、寺田町の音源しか流れないラーメン屋さん。それが釧路の『マルケンラーメン』さん。現在、釧路での寺田町ライブを主催して下さっている飯塚敬子ちゃんのお店。敬子ちゃん選曲の「夏バージョン」の寺田町ナンバーのセレクトが新鮮。ありがたいなあ。すごいことだなあ。
 1年に2度の釧路でのライブ。昨年7月には初めて『マルケンラーメン』自体で初めてのライブをやらせていただきましたが、今回はその2回目。

 敬子ちゃん、相棒のあゆみちゃん、友人のよしえちゃんの丁寧な準備のおかげで今回もあたたかな雰囲気のライブとなりました。前回に続き音響機材を提供して下さった岡やんにも本当に感謝なのです。

 本番1時間前にいただいた『マルケンラーメン』の基本型ラーメン。しみじみ美味しかったです。
 アンコールは敬子ちゃんからのリクエストで「リリアン」。こう言う寺田町も聴かせたいとの敬子ちゃんの御配慮。うれしいですね。もちろんライブ本編ではニューアルバム『風の歌を聴く人』から釧路の空と敬子ちゃんのお話のイメージから書かせていただいた「あの娘のしあわせ」は歌いましたよ。
 打ち上げはそのまま『マルケンラーメン』にて。カレーや鶏肉サラダやザンギやピクルスや、あ、冬に毎年ライブをさせていただいている喫茶店『えいが館』のサオリさんから差し入れのミートソーススパゲティー。みんなとても美味しかったです。
 あと、昨日はよしえちゃんのお誕生日でありました。おめでとうございます!バースデイケーキのおすそ分けまでいただいてしまいました。
 さて、12月の釧路ライブは『えいが館』さんにて開催していただく予定。今から楽しみなのです。

 写真1は『マルケンラーメン』入り口。
 写真2は店内テーブル。
 写真3はカウンターの寺田町コーナー。本当にありがたいです。
 写真4は打ち上げ後の記念写真。撮影は1年前と同じく、あゆみちゃんの旦那さんナガマツくん。1年前と同じく床をメインに撮ってくれました(笑)。皆さん、本当にありがとうございました!
[PR]
by teradamachi | 2017-06-29 11:51 | Comments(0)
<< 帯広『彩乃』 北海道入り~釧路 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...