Top
平塚『Amber Time 』
f0075588_344912.jpg

f0075588_344993.jpg


 ありがたいことに、毎年恒例とさせていただいています4月の西湘2デイズ生音ライブ。
 小田原鴨宮『とろろ屋』さんと平塚『Amber Time 』さん。この2軒は、一見、対称的であるようですが、主である『とろろ屋』の大竹さん、『Amber Time 』の花島さんの、それぞれに選んだ道への、まっすぐなこだわりが、実に軸を同じくしているのではないかと、今回、はたと思い至ったのです。
 それに気がつかせてくれたのは、もうすぐ出来上がるオレのニューアルバムのタイトル曲『風の歌を聴く人』でありました。
 この曲は、横浜のガンボスタジオの川瀬さんの在り方、生き方、ことに音へ向かう姿勢がオレに書かせてくれた歌。(川瀬さんは、今回のアルバムを含め、近年の寺田町CD 作品の録音をして下さっています。)

 『Amber Time 』の、しんとした空間。棚には数え切れない酒瓶。(それらはあの2011年3月11日の揺れにも奇跡的に1瓶も割れなかったのでした。)
 その空間へと音、歌、を響かせることは、まさしくバッカスとミューズへの奉納のようにさえ、思わせてくれます。
 このところ、生をかさねて、新たな扉に手をかけていることを感じているオレには、この2日のライブはとても意義深いものとなりました。 
 いつも、音楽の先は楽しみの曲がり角の連なりでしたが、時おり、くっきりと感じられる曲がり角を、オレはまた新たにわくわくと、曲がろうとしています。
 それは、各地の皆さんのおかげです。お世辞でも何でもなく、しっかりと感謝を込めて、お礼を言わせていただきます。
 皆さん、本当にありがとうございます。寺田町

 写真は、ちょうど誕生日の(4月24日)わが愛弟子、矢沢ウエイチ撮影の2枚。ウエイチ、誕生日おめでとう!そして連日ありがとう!
 1は『Amber Time 』のカウンターにて、マスターの花島さんとオレ。
 2はライブの模様。
[PR]
by teradamachi | 2017-04-25 03:04 | Comments(0)
<< 東京、高円寺『稲生座』 小田原鴨宮『とろろ屋』さん >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...