Top
愛知県岩倉コラボカフェギャラリー『かがよひ』
f0075588_150296.jpg

f0075588_150262.jpg

f0075588_150359.jpg


 昨日は静岡県袋井から愛知県の岩倉へ。
 この、毎年恒例となりました袋井『SARA 』を起点としたツアーでは車窓からの桜が楽しみのひとつ。ちょうど岩倉あたりは見事な満開。桜祭りが開催されてにぎわっておりました。

 名鉄の岩倉駅で降りるのは35年ぶり。その時も、この人、岸辰夫、たっちゃんを訪ねた折でした。 
 昨年久しぶりに、たっちゃんから「岩倉でライブができるスペースをやってるので、よかったら」と連絡をもらい、今回の運びとなりました。
 たっちゃんとは同い年。昭和35年生まれ。
 出会いはオレ達が21歳の頃、名古屋のNHKホールでFM放送の収録ライブにオレはヴァイオリンの宮嶋哉行(当時はファンキー宮嶋)とのデュオで、たっちゃんは『KeepYour Rhythm』というリトルフィートを思わせるようなバンドでギターを弾いていました。今回オープニングアクトをつとめてくれた石田力はそのバンドのピアニストで、当時は歌は歌っていませんでした。
 名古屋にもこんなバンドがあるんだと思ったオレが、たっちゃんに声をかけたのがきっかけで、つきあいが始まり、共演したり酒を飲んだりした若き日々。 
 のちにオレが東京から名古屋方面にツアーに来ると、時折観に来てくれた、たっちゃんやたっちゃんの奥さんでkeepの歌詞を書いていたミチヨちゃん、力。うれしいことでした。
 それが今回は、まさしく彼らのホームタウン岩倉で初めてのライブ。これは感慨深いものでありました。
 盛況のお客さんを力がまずあたためてくれて、とてもやりやすく演奏させていただきました。お客さんの熱い反応のうれしいこと。
 これぞアンコールの拍手の見本のような熱い拍手にアカペラで「一片の音楽」。さらに熱いアンコールに、力からのナイスリクエスト「ママのランチととびっきりの夜のシャンソン」。
 終演後もとても楽しく盛り上がり、さんざん引き留めていただきましたが、お世話になる高蔵寺『花音』へと、あたたかな想いを抱いて帰らせていただきました。
 「寺田町、愛知県に帰って岩倉に住め!」と、たっちゃんに何度も言われましたが(笑)また必ず歌いに帰ってきますよ。岩倉のあたたかい皆さんに大きな感謝を込めて。 

 写真1。『かがよひ』とはこんな漢字。
 写真2は石田力とオレのツーショット。
 写真3は酔っぱらいの岸たっちゃんも加わり(笑)。
[PR]
by teradamachi | 2017-04-10 15:00 | Comments(2)
Commented by 知巳 at 2017-04-11 14:59 x
伝説のユッカに出演されてた方々が「ママのランチととびっきりの夜のシャンソン」を聴くと、どんな情景が浮かぶんでしょう?正直、判る方がうらやましいです。昔のELLやハックフィンみたいな感じでしょうか?ところで太一ちゃんから貰った門外不出の(出ちゃってますが、笑)音源、ピアノアレンジの「夜のスナップ」がめっちゃ気に入りました。トム・ウエイツの1stを初めて聴いた時と似たような、寝る前に何度もリピートしたくなるあの感じと言うか・・しかし、早く次のアルバムが聴きたい!ではまたLIVEで。
Commented by teradamachi at 2017-04-13 19:52
知巳さん。
今回もありがとうございました!
そうですね…『ユッカ』はELLともハックとも全然違った感じでしたね。『得三』の前前身の『おーぷんはうす』の雰囲気は近いものがありました。
次回はニューアルバム持ってきますのでよろしくお願いします!
<< 名古屋、新栄『きてみてや』 静岡県袋井『SARA 』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...