Top
近畿~山陰ツアー最終日、米子『ワンメイク』
f0075588_16393084.jpg

f0075588_16393080.jpg


 一昨日は隠岐ノ島の西郷港で坂根ゆうじくんと奥さんのるみちゃんに見送っていただき、三たびフェリー『くにが』に乗って夕暮れの七類港へ。
 お迎えに来ていただいた『ワンメイク』のピコさんの愛車で境港へとかかる大橋を渡り、再び鳥取県入り。
 信じられないほどに美しい夕陽に二人で感動しながら再び米子へと帰り、その日は11日ぶりのライブ空き日、ホテルでゆっくりさせていただきました。
 そして昨日。今回の近畿~山陰ツアー最終日は山陰ツアーをセッティングして下さったピコさんのお店『ワンメイク』。
 大阪『難波屋』のチカちゃんの御紹介で昨年10月、このお店に来させていただき、ピコさんと出逢えたことで、今回、オレにとっては初めての山陰ツアーをさせていただき、そしてそれは素晴らしいものとなりました。
 そしてその締めくくりに相応しかった昨夜のライブ。
 5日前の山陰ツアー初日『ジュプンサリ』でのライブに音響を提供してくれたワタルくんと、その日お客さんで来てくれたサチちゃんが『パール』というユニットをやっていると聞いて、オレのわがままで、オープニングアクトをお願いしてしまいました。
 その『パール』。サチちゃんのボーカル、すさまじくよくて、底力を感じさせるワタルくんのギターと共に、ひとつの確固としたサウンドを紡いでくれました。
 後で聞くと、この二人でやり始めたのはまだ半年ほどとのこと。そしてお客さんのお言葉によると観るたびに急成長しているとのこと。そして昨日のライブは格段によくなっていたとのこと。
 ワタルくんが打ち上げで、オレのリハーサルを観て、方向性がくっきり見えて、急遽のアプローチを変えて本番にのぞんだと語ってくれました。実にうれしいことです。

 『ワンメイク』の空間は実に独特なものを持っていて、それに身をあずければ自ずとよいものが生まれてくるように思えます。
 前回の初めての時に音楽の神様に「奉納」しているような気持ちになったことを思い出します。
 いいお客さんにもめぐまれ(5日前『ジュプンサリ』でのライブのリピーターの方も何人かいらっしゃいました。素晴らしい!)アンコールまで、実にありがたく演奏させていただきました。
 打ち上げはピコさんの奥さんめぐちゃんの美味しいお料理で、本当にありがたいツアーの締めくくりとなりました。
 ピコさんには、本当になんとお礼を言ってよいのやら、のありがたい山陰ツアーでありました。
 また秋の再会を約束して、関東への帰途であります。

 写真1は『ワンメイク』のステージで、左からオレ、『パール』のお二人、サキちゃん、ワタルくん。
 写真2はそこにピコさんも加わっていただいて。
[PR]
by teradamachi | 2017-03-28 16:39 | Comments(0)
<< 静岡県沼津『ポートカフェ』 隠岐の島町『ユラユラ』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...