Top
小田原鴨宮、岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)
f0075588_2031492.jpg

f0075588_2031477.jpg

f0075588_2031469.jpg


 23日、鹿児島から鎌倉に帰りましたが、翌日はお昼過ぎに鴨宮へ。
 1年に一度のスペシャルイベント。鴨宮の岩瀬邸『大欅の居』(おおけやきのいえ)での『寺田町劇場』。
 今回もジョージさんの『ジーズキャフェ』の全面協力のおかげで開催することができました。
 今年で6回目。今回も昨年についで、アコーディオン熊坂路得子、コントラバス瀬尾高志、ヴァイオリン磯部舞子、オレでの『カルテット・ラ・ストラーダ』での出演。 
 第1回目は蔵を改装したホールでピアノの石田幹雄との演奏でしたが、2回目からは、大欅のある中庭を客席として蔵前をステージとしてきました。思えば『ジーズキャフェ』10周年イベントも、そのかたちで盛大に行われました。
 今回は6回目にして初めての雨。ジョージさんもオレも相当な晴れ男なのですが、こういうこともありますね。
 ということで、第1回目に立ち戻って蔵ホール
での演奏。
 音響はいつものようにアタル。ゲストも例年のようにオレの愛弟子、矢沢ウエイチ。『とろろ屋』さんの美味しいお弁当が今年もうれしい!ドリンクは『カバーチェ』さんが出店してくれました。
 われわれが到着すると、岩瀬さん、息子さん、当サイト管理人ホンダくん、浅見さん、アタルが熱心に準備に奔走して下さっていました。
 岩瀬さんの奥さんによる、出演者控室のケータリングも本当にありがたく、皆さんに心より感謝します。

 音に関して言えば、このホールの方が断然やりやすかったし、いい音でありました。
 オレの声とギターをマイクで拾う以外はみんな生音。生音でできるのが理想なのです。
 8月終わりの『劇団どくんご』の東京公演プレイベントとしての、このメンバーでのライブで感じた問題点(ライブ自体はもちろんよいものだったのですが)をクリアして、よりよいカルテットの音楽を生み出すことに、オレは心を割きました。
 その結果として、昨日のライブはさらによいものとなったこと、うれしく自負しています。
 アンコールは、瀬尾のナイス選曲で、オレがジョージさんと『ジーズキャフェ』と11年前に出会って、うれしくて書いた歌「あの夏の日のように」。このメンバーでは初めての演奏。
 そしてさらに熱いアンコールにはやっぱり「リリアン」!うれしいうれしいライブとなりました。 
 雨はすっかり上がっていたので、せっかくの中庭に急遽、椅子とテーブルをセットしての宴。秋の空気が気持ちいい!皆さん本当に本当に、ありがとうございました!

 写真1は明けて本日の岩瀬邸の大欅。
 写真2はライブ終盤の「サロ・ジェイン」にウエイチからエレクトリックギターを渡されて、岩瀬さんが!
 写真3は3次回、『ジーズキャフェ』で左から当サイト管理人ホンダくん、オレ、瀬尾。ホンダくん、いつも本当にありがとうございます!
[PR]
by teradamachi | 2016-09-25 20:31 | Comments(0)
<< 千葉県 太東『炎の雫』 鹿児島、新生『コーナーポケット』 >>



旅する歌唄い“寺田町”。 旅をつづけなくちゃ...